July 18, 2018

#いぬやしき ~この大いなる力は何のため? #映画

◆お題:いぬやしき
◆監督:佐藤信介
◆出演:木梨憲武、佐藤健

 大になる力を得た理由がわからん。
なぜこの二人は無敵のアンドロイドの力を得ることになったのか。
方や殺人鬼となり方や神となる。原作は読んでいないがTVアニメ版では
その点をちゃんと描いているし、犬屋敷家の家族再生物語として完結もしている。
なのに映画版では二人の決着がつかずに終わっている。
パート2への含みもあるかもしれないが弱い。
アニメ版では東京に次々と飛行機を墜落させるシーンがあり、それを阻止する
犬屋敷が見ものなのだが実写版ではカットされていた。
せっかくの映画版なのにもったいない。
あと4DX版あってもよかったのではないかい。「バン」と撃たれるたびに
空気の弾が飛んできて顔に当たると怖いだろうな。

朝ドラのヒロインの幼馴染として顔が売れている時期に
殺人鬼高校生役をやる佐藤健は凄いけど、ちょっとこの手の作品に出てくる彼の顔を
見るのは飽きた。
アニメ版でいぬやしきの声は小日向文世が担当。そのまま実写版でも彼がよかったなあ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

劇場版名探偵コナン ゼロの執行人 ~もはやお子様おいてけぼり! #映画

◆お題:劇場版名探偵コナン ゼロの執行人
◆監督:立川譲
◆出演:高山みなみ、古谷徹

警察庁警備局警備企画課所属の安室とコナンの対立を描くシリーズ最新作は
もはやお子さまおいてけぼり。対立する組織が検察庁の公安。
そこに宇宙から帰還した人工衛星墜落危機が加わってもう大変。
おじさん結構楽しませてもらいました。レイトショーでも若者、おじさん中心に
入っていたので当分このシリーズ決着はつかないだろうな。

来年2019年も予定通りコナンはあるみたいだけれど、
もうすぐ2020年。
「ルパン三世VS怪盗キッド」は公開されるのかな?あのジョークのような予告編が
本当になることを期待しています。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018年夏ドラマの初期感想 


「絶対零度 未然犯罪潜入捜査」
うーん、このシリーズ好きなんだけど毎回ネタを変えてくるのが
果たして吉と出るか凶とでるか?沢村一樹は今のところ微妙。

「義母と娘のブルース」
期待していなかったが今期これが一番おもろい、笑える。
サイボーグ綾瀬はるかがどこまでつらぬきとうせるのか?
ネタフリもいろいろあって期待してしまいます。

「健康で文化的な最低限度の生活」
重い話を軽く見せてくれるのかと思ったが、それなりに重い。
井浦新がいい味出しています。吉岡里帆は好きなんだけど
この役うまくこなせるのか? ちょっと心配。


「高嶺の花」
石原さとみがいい。この世界観で最後まで面白く見ることが
できるのかな?

「グッドドクター」
元ネタの韓国ドラマは未見。でもきっとうまく日本版アレンジが
できているのだろう。

「チア・ダン」
金曜ドラマTBSの学園ものの王道に期待。土屋太鳳ちゃんまだ
高校生演じれます。これが最後か?

「この世界の片隅に」
いいね。アニメとは違ったアプローチがある。でも戦前、戦中の昭和が
どこまで再現できるのか。ちょっと朝ドラ風でもあります。

「ウルトラマンR/B(ルーブ)」
兄弟でそれぞれがウルトラマンに変身。饒舌なウルトラマンの
キャラが今後どうなるのか?新しい試み、挑戦的なところを買います。

「バカボンのパパよりバカなパパ」
「これでいいのだ!」のアクセントが違い変。
その変さ加減にのれないでいます。

「西郷どん」
スペシャルとか放送しなくていいのではないか。

「半分、青い。」
なんか怪しくなってきた。これ面白い?最初の
イメージ、期待したものと違ってきています。

アニメ「はたらく細胞」
人体内部を擬人化したアニメで結構面白い。主役は赤血球で配達人。
みんなを守る白血球。みんな私たちの体のために日夜働き続けているのです。

と今期は上記の作品を最後まで見る予定です。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 05, 2018

#アベンジャーズ インフィニティ・ウォー ~10年の集大成、大いなる前編です。 #映画

◆お題:アベンジャーズ インフィニティ・ウォー
◆監督:アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ
◆出演:ロバート・ダウニー・Jr、クリス・エバンス

大いなる前編でした。このまま「つづく」になるとは。
長い映画でしたが飽きることなく、キャラの活躍の配分もよかった。
でもこれはアベンジャーズの話じゃなくてサノスの話。
宇宙の人口を半分にするためインフィニティストーンを集める今回の悪役サノスが
主人公となっています。
そういう目で見れば何とも悲しい運命の話でラストのメッセージの意味も
おのずとわかってきます。
さて次は「キャプテンマーベル」とか「日本が舞台になる」とか噂されています。
この10年集大成でもあり、これからの楽しみの始まりでもあるようでまだまだ続く
というわけですね。でもなんで「半分」なんだろう。

IMAX3Dで鑑賞。今回はすべてIMAXカメラで撮影されたためフルサイズでした。
これエキスポのIMAXで見たかったなあ。

ところでアントマンが出てこないなあと思っていたら
「アントマン&ワプス」が公開されるとのこと。
さて時間軸でいうとこの「アベンジャーズ」前?後?のお話?それとも…。
とにかく楽しみに待ちましょう。


<br>




| | Comments (0) | TrackBack (0)

#レディ・プレイヤー・ワン ~#アムロいきまーす! #メカゴジラはちょっとデザインが違う! #映画

◆お題:レディ・プレイヤー・ワン
◆監督:スティーブン・スピルバーグ
◆出演:タイ・シェリダン、オリビア・クック

基本は超ベタな青春物語。
ボーイミーツガール物語。
出会ったところがVRの世界だったというだけで。
昔ならダメ男くんが高校でいじめっ子や悪徳教師なんかと対決してやがてヒーローとなる、そんなお話を中二病の親玉スピルバーグがもてる力を全開にしてオタク夢のような
映画を作ったというのが本作。
登場キャラクターの数が多いので最初は大きな画面IMAXで見たがそれでも
気づかなったキャラクター多数あり。最初キティちゃん見落としました。
「スター・ウォーズ」の新キャラのポーグは見つからん。
「エルム街の悪夢」のフレディも見落とした。
「アイアン・ジャイアント」のジャイアントは頭のへこみまで再現されておりGOOD。
でもこのキャラ、というかアニメはファンの間では有名だけど、日本では限定公開の
アニメで知らない人多いと思う。
ウルトラマンは版権の関係上ダメだったとか。海外での権利を円谷が持っていないらしく
海外の版権を押さえても日本では無理という事態が起きるかもしれないということでは
ないかと想像する。
「機動戦士ガンダム」とメカゴジラ(機龍)との戦いは素敵だがもっと見たかった。
ちなみにこのときBGMがゴジラのテーマ曲、エンディングで伊福部昭の名前があったが、でもメカゴジラのテーマ曲はちゃんとあるのでそちらを使ってほしかったなあ。
できれば佐藤勝の方を。
でもガンダム絡んでいるならガンダムの曲もありだよなあ。アバターとしてガンダム使うならGガンダムというレアな選択をしてくれたらよかったのに。
ガンダムはやっぱりコアファイターに乗って合体してほしい。
そしてあの「俺はガンダムでいく」の台詞は間違い。
正しく「アムロ、行きまーす」だろ。
そこまでリサーチできていなかったのかな。
スタンリー・キューブリックの「シャイニング」の再現は見事!
公開当時それほど怖いホラーではないなと思っていた。でもこの映画を深読みした
「ROOM237」のような要素も取り入れて作品にいかしてくれるともっとよかったのに。
あと、ジャック・ニコルソン本人を出すべきではなかったか?
ニューヨークを闊歩するT-レックスも実はアメリカ版ゴジラのほうが気が利いている
と思ったのだがどう?。
デロリアン、インターセプターアキラバイクはいいけどマッハGOもちゃんと
見せてほしかったなあ。
さて本作の行き着くところが
「書を捨ててよ、町へ出よう」ならぬ「VRを捨てて町へ出よう」と71歳のおじいちゃんが
言ってるのはちょっと説教臭いか。
IMAX3Dと4DX3Dと2回鑑賞。
今回は残酷大魔王スピルバーグとか本来の演出の妙を感じるところは少なかったものの
やっぱりうまいよね。こういう映画をもっと作り続けてほしいな。

でもとっとコラボ企画とかちょっと多くなりすぎてきて食傷にならななければいいけどね。

今度は「シュガーラッシュ・オンライン」で無茶しているみたい。
シンデレラがガラスの靴をわって武器に!(よくあるビール瓶を割って武器に
するみたいに)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 04, 2018

パシフィック・リム アップライジング ~#パシリム #映画

◆お題:パシフィック・リム アップライジング
◆監督:スティーブン・S・デナイト
◆出演:ジョン・ボイエガ、スコット・イーストウッド

いきなり登場の変形チビロボのスクラッパーがマジンガーZのボスボロット+ハロ
みたいで感動。
こいつがイエーガーとロボットバトル!このつかみOK、またまた感動ものです。
怪獣が移植されたロボットがデザインも動きもエヴァの使徒みたいで感激! 
前回から続投のマコ(菊地凛子)を簡単に退場させるたのに悪役のはずの女社長兼博士
シャオ(ジン・ティエン)がおいしいところ持っていく展開に私はびっくり。
彼女はこの映画を製作しているレジェンダリープロの出資者の恋人で
好き放題できるらしい。「ゴジラ2」でも何をしでかすか期待!
怪獣の合体が見られるとは思わんかった。あれは兵隊レギオンの進化バージョン。
デタラメな東京を見るとああハリウッド映画やなと安心する。
そしてこの東京ちょっと富士山までが近い、そしてそして山頂までも近い。
やはり怪獣はニッポンの富士山バックに戦わないといけない。
「キングコング対ゴジラ」の再現!とまではいかなかったが<いいね>をあげます。
イエーガー4体が揃って見得を切るシーン、手のチェンソーや武器は
東映のスーパー戦隊ものがルーツ。そしてその元はマキノ映画のチャンバラ精神!
ここまで流れてきたのよ。そう今回は東映特撮&チャンバラ映画の血が濃い!と見た。 IMAX3Dと4DX3Dと2回鑑賞。

さて次回はこちらから敵地へのりこむのか?
次元移動するのかそれとも宇宙へ出るのか?
期待して待て!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

#エヴァ新幹線 #シンカリオンでいよいよ変形!搭乗パイロットは?


いよいよ8月に「シンカリオン」に再登場し変形するとか。

前回はパロディに終わっていましたが今回はなんと
ジンジ君が登場!声優も緒方恵美さん。

さてどんなことになっているのやら。

S151ev500ra_thumb_00000_fixw_640__2


Large_180702_shinji_01_2

こちらも読んでね↓


http://eigazatsudan.cocolog-nifty.com/eigazatsudan/2018/04/post-6e76.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 03, 2018

#ウィンストン・チャーチルヒトラーから世界を救った男 ~#映画

◆お題:ウィンストン・チャーチルヒトラーから世界を救った男
◆監督:ジョー・ライト
◆出演:ゲイリー・オールドマン


「ダンケルク」の描かれなかったイギリス政府側の対応が興味深い。
チャーチルの見た目と声が熊倉一郎を思い出させてヒッチ・コックに見えたのは私だけか?
今とは違って情報が少なく、世間の声が届きにくい時代。それでも世間の声聞いた者が
世の中を動かしていく。基本は変わりないということか。


辻さんのメイクがアカデミー賞を受賞して話題となりました。
確かにあのメイクは凄いです。ゲイリー・オールドマンと知らなければ
本物見たいですよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 12, 2018

#15時17分、パリ行き ~ 当事者本人が演じる再現ドラマ #映画

◆お題:15時17分、パリ行き
◆監督:クリント・イーストウッド
◆出演:アンソニー・サドラー、アレク・スカラトス、スペンサー・ストーン

列車でのテロの再現ドラマとして見せてくれるのかと思ったらそうではなく、
今回のテロ事件に立ち向かいヒーローとなった二人の生い立ちを丁寧に描き、
普通の人がヒーローになる事があるというのを見せてくれる。
テロ事件そのものを時系列で描くなどその事件そのものの緊迫した状況を
映画にしてくれたのかと思っていたのだがそうではなかった。
期待したものとは違うがそつなくまとめている。
でもなんか物足りない感じがあったなあ。
イーストウッドの映画ってなんかうまくまとまりすぎていて…。
そう、テレビでよくやっている再現ドラマみたいなのよね。
再現ドラマは演出がない。演出って言うのはこのシーンはこういう意味があるのよね、
とか見る側がハラハラドキドキするものをあやつるような絵の見せ方とかがない。
それがいつも不満。
なので、そつなくまとまっているとしか見えないのだ。
でも、今回は当事者、本人が演じているのだからしかたがないか。
誰かスター、役者が演じているのではない、これはこれで面白い。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

#ペンタゴン・ペーパーズ最高機密文書 ~ #大統領の陰謀 前日譚 #映画

◆お題:ペンタゴン・ペーパーズ最高機密文書
◆監督:スティーブン・スピルバーグ
◆出演:メリル・ストリープ、トム・ハンクス

ベトナム戦争の状況を分析し、その後の戦況を予測した資料を隠蔽し戦争参加を続けた
としてアメリカ政府を糾弾するニューヨークタイムズ。記事掲載をめぐりワシントンポストも
同様に差し止めを要求されるという出来事をスリリングに描いた本作。「大統領陰謀」で
描かれたウォーターゲート事件の前日譚的なお話で興味深い。ワシントンポストの
社主が女性というものアメリカ的だが、当時ならかなりのバッシングがあったのではと
予想される。でも1970年代のアメリカは混とんとはしていてもどこか我々にとっては憧れの
国だった、理想的な国だったなあと思い出させるところがあった。
報道は一体だれのために、何のために行うのか?
国に仕えるためためではない、報道は国民に仕えるためのものという結論は
あたりまえのようだが、民主主義のお手本のアメリカならでは結論。
日本で今見る報道は果たして…。

ところでスピルバーグらしいなと思われる演出、編集が所々にあって面白かった。
見せるべきところをあえて見せない、間接的に、回りくどく、時には暗示的に、
少しオーバーにといった絵作りがうまい。イーストウッドとは違う絵の面白さもあった。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

«#ラプラスの魔女 ~#残念 な出来でした。 #映画