December 05, 2018

500ページの夢の束 ~トレッキー トレッカー 必見! #映画

500ページの夢の束
監督: ベン・リューイン出演:ダコタ・ファニング
今年見た映画の中で一番泣いたのではないかなという作品。
まあ年を食っているので涙腺が緩いのですがそれでも彼女の
気持ちはひしひしと伝わってきて大泣きしてしまった。
自閉症の彼女、姉からはちょっと線を引かれている。
基本的な決められたことはできるがそこから外れたことはできない。
いわゆるトレッキー、「スター・トレック」の熱烈なファンなのだ。
そのスタトレ脚本の一般応募があり一生懸命執筆、郵送ではなく自分で
「スター・トレック」の脚本を届けようと別の世界旅立つことになる。
彼女にとって人類未踏の地への冒険になる。
迷いとほうにくれた時にクリンゴン語を話す同志と出会えたシーンは
本当に感動した。ファンの気持ちとはそういうものだ。自分の思っている
ことが他から認められるというのはうれしいもので、認められなければ
いつまでも独りぼっちだものな。
原題の「PLEASE STAND BY.」は「スター・トレック」の中に出てくる
「そのまま待機」という台詞からきている。
さて、あの脚本の内容はどんな作品だったのか?見たかったなあ。

まあもっとスタトレの濃いネタがあってもいいかなと思ったのだがどうだろう。
それに基本はオリジナルシリーズネタだと思うが「ジェネレーションズ」以降の
作品にも言及しているようにも見えたし、だいたい募集している脚本はシリーズで
どの時代に当てはまるものかも知りたかったなあ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 03, 2018

#GODZILLA 星を喰う者 ~もうみんな忘れてしまえ!

GODZILLA 星を喰う者

監督:静野孔文  出演:宮野真守
アニメーションゴジラ3部作の最終章。
全く面白味を感じないこのシリーズ、やっと終わりました。
実は前作の「決戦起動増殖都市」については感想も書いていない。
出そうで出ないメカゴジラが都市になっているなんて馬鹿々々しくてついていけないし
出そうで出ない(便秘みたい)モスラもなあ。小美人もかなり設定を変えて登場しました
がもうどうでもいいやと思っちゃいました。
そして今回あろうことか小美人のひとりと主人公ができちゃうなんて…。
もう好きにしてください。
怪獣映画じゃない。
広い心、温かい目で見ても受け入れられないですよやっぱり。

たぶん皆にこの映画あったことは忘れられるでしょう。
言葉が異常なほど難しい。
頭の中で漢字に変換できない言葉がポンポンでてきて置いてきぼりされ、
ストーリーがつかめない。
まあ悪い宇宙人がギドラを復活させ別次元からもってきてゴジラと
対決させるといもの。
あの首ばっかり長いギドラって…(「坊や~よいこだねんねしな(^^♪)って
歌っちゃいそうでしたよ全く。
キャラの設定を大幅に改変して全く新しいゴジラ映画を作ったことはわかるが、
これは怪獣映画ではない。
これは私の求めているものではない。

早く来年の「キング・オブ・モンスターズ」が見たいなあ
日本版予告をスクリーンで見たけど暗くてちょっと美しすぎるのではないかい。
でそのあとのキングコングとの対決には小栗旬が参戦とか。
オリンピックよりも早くやってくるのが待ち遠しい!

#アニゴジ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 02, 2018

#ボヘミアン・ラブソディ ~ドンドン パッ!ドンドン パッ!ドンドン パッ! 盆踊りじゃないよ。

ボヘミアン・ラブソディ
監督:ブライアン・シンガー 出演:ラミ・マレック

私は洋楽を好んで聞かないので「クイーン」と言われても「フラッシュ・ゴードン」の
音楽しか思い出せなかった。で、劇中かからないし。それぞれの曲はタイトルは
知らなくても聞き覚えがあるなあと思いながらも映画を観終わって、でタイトルの
「ボヘミアン・ラプソディ」ってどれだったの?って感じでした。それはいけないと
思いサイトのコラムをいくつか読んで、テレビのミニ特集を見て納得しました。
ヒットの理由は参加、体験型の上映にマッチするような作りになっていることだろう
なあとは思いますがそれだけかな。因みに私は茨木のイオンシネマでTHXで
見ました。確かに音はいいけど「スター・ウォーズ」ほどではない。友人が4DXで
見たそうで後半の雨のシーンで濡れてべとべとになったので4DXのスイッチ切った
と言ってました。まあ4DXの意味はないわな。
参加型の上映ではあの「ドンドン パッ」「ドンドン パッ」「ドンドン パッ」をみんなで
やるそうで楽しそう。でも文字で書くと盆踊り見たいだなあこれ。

ところでクィーンつながりかどうか知らないけど
主演のラミ・マレックは次回作「パピヨン」だって。
役はダスティン・ホフマンの演じたほうみただけど。



| | Comments (0) | TrackBack (0)

#search サーチ ~ 自分のパソコンで見たらついマウスで操作しちゃいそう。 #映画


監督:アニーシュ・チャガンティ  出演:ジョン・チョウ

見たほうがいい。面白いと思った。
これ以後にこのやり方で出てくる映画あったとしたら
すべてはこの映画のパクリとなる。そんな映画だ。いや果たしてこれを映画とよんで
いいのかどうか疑問に思う。全編パソコンの画面で物語が展開する。一部スマホの
画面もあるが、基本はパソコン上のブラウザー上サーチや動画が基本。それで物語が
成立しているのだ。まあ俳優の演技はどう考えたらいいのかとも思うし。
父と高校生の娘の物語。母は癌で亡くなり父は年頃の娘とうまくいっていない。ある日
娘が突然失踪、調べ始めると彼女のことを何も知らなかったことがわかり、やがて
父親の知らない娘の真実が見えてくる…。
よくある話なのだがこれをすべてパソコン上の画面で語るのだ。
SNSを使ったり動画を使ったり、メールやテレビ電話もすべてパソコン上から操作される。
そのパソコン画面がスクリーンに映しだされるのだ。果たしてこの脚本はどんなのだった
のか?絵コンテなんてあったのか?ちょっと想像がつかないなあ。
日本じゃスマホを落としただけで、見た目は普通のサスペンス映画と変わらなかったが
この「サーチ」はその先の先を行ってる感じがある。究極的な作品。でもこれだけ
かもしれない。監督のアイディアには拍手を送るが果たして演出力があるといえるか?
どうなんでしょ。
あと劇中登場するGOOGLE、Yahoo!、YouTube、iPhone、インスタなど
実際にあるものが登場。よく映画では版権上の問題で似た別のものに変更される
ことが多いのだが、使用の許可、大変だったと思うと結構凄いよね、これ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

#ヴェノム ~黒い#スパイダーマン とか #寄生獣 とか #ぴょん吉くん とか


監督:ルーベン・フライシャー 出演:トム・ハーディ

前にスパイダーマンに悪役として登場していた時は、宇宙から来た液体状のエイリアンで
アンチスパイダーマンとしか見えなかった。まあ善と悪の対比で見せてスパイダーマンの
心の内を深く見せてドラマとして面白かったような記憶がある。
それで今回、また設定を少々変えて、この悪役ヴェノムが主人公というからどんな話に
なるのか?PG12で設定されて大人の怖い残虐な映画になっているかと思って期待して
いたのだが…「寄生獣」じゃん。まあ原作誕生は「寄生獣」のほうが後みたいだけど
寄生生物とのコミュニケー協力してと同種との戦いってそのまま同じ。でもヴェノムはなぜ
コミュニケーションが取れるようになったか今一描き方が弱い。その点「寄生獣」のほうが
キャラとしての描き込みが丁寧だったなあ。まあそれほど評価してませんが。
ところで誰かが「ど根性ガエル」だといっていたがそれもまあ言えるかな。

もう顔を覚えたのでスタン・リー登場もバッチリ確認、あと2回は見れるはず。
ご冥福をお祈りします。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 26, 2018

2018秋テレビドラマ  ~不作です。

不作、凶作の秋じゃ、秋のテレビドラマ、これは自然災害の影響か?!

「スーツ」
設定がダメ、あの若い偽弁護士がバカ(劇中は天才)なのが
続けて見る興味を失い2週目で断念。

「僕らは奇跡でできている」
まだ見ることができる作品。変な恋愛ものより面白い。
いろんなものの見方を変えた考え方が劇中にちりばめ
られているのがいいが、めっちゃ面白いレベルまでは
達していないけどまあ居心地が悪くない。

「中学聖日記」
うーん、「高校教師」的なものを連想していたのだが
違うなあ。相手が中学生だものなあ。でも中学生に
見えないよなあ、あの男の子。まあ先生も先生に見えないか。

「獣になれない私たち」
軽快な出だしであったことは認めるが、果たしてこのドラマ
どの方向にむかっているのか?キャラが立っているとは
思ったけどよくなっていくかな?エンジンのかかり具合が
よくなくて失速しそうに見えるのだけど。

「黄昏流星群」
そんなに会社を恨んでいる主人公に共感できない。ちょっと
類型的に描きすぎではないか。会社に勤めているならそれに
従い、常にその状況に意味を見出すのが勤め人ではないか。
そこに恋愛が絡むなんてナンセンス。

「大恋愛 僕を忘れる君と」
最初はどーなるのだろうと思ったが結構いける感じになって
きた。もの忘れがおおくなっている自身を照らし合わせ怖く
なる部分もあり興味深い。


「昭和元禄落語心中」
アニメ版が傑作でドラマ版はどうなるかちょいと不安に
思っていたのが的中。でも最後まで見るか。


「下町ロケット ゴースト」
同じ、何も変わらん。
まあそれが安心して見れるという層がいるのだろう。
王道といえばこれも王道か。普通ドラマに出てこない
キャストが結構いい味を出しているもの興味をひく
ところかな。でももうそろそろ飽きられるのでは。


「まんぷく」
満腹どころか不満。
内容も絵もロケも脚本も出演者も演技も、
これが大阪の朝ドラだよね~って思って作っている気がして
ならん。安藤サクラのあざとい下手な演技がどこかでスイッチが
切り替わって朝ドラではもったいない素晴らしい演技を
見せてくれるものと思って見続けていますが果たしてそんな
日は来るのだろうか?


「警視庁捜査資料管理室(仮)」
BSフジの月曜23時~放送中の30分ドラマ。途中から見はじめたが
はまりました。今期はこれが一番面白いかも。過去の資料をデータ化
するために読み始めると疑問点が出てきてそれを検証する主人公。
密室劇で一人毎回事件の真相を暴いていくのだかそのドラマの見せ方が
面白い。ナレーション、台詞、文字、画像資料などを多用しかなり濃い
情報が量が30分のドラマに詰め込まれているが、製作費はめっちゃ安い
と思われる。で、これがコメディなのよ。一遍見てみて。


「警察庁長官狙撃事件」
NHKの未解決事件のスペシャルドラマ。先日デレクターズカットも放送。
オーム真理教の仕業とされた警察庁長官狙撃事件の真相を追及する。
内容も凄いけど、犯人とされるスナイパーも凄い、その人物を演じる
イッセー尾形は本当に凄い。凄いしか言いようがなくて申訳ないが、
こういう作品が出てくるとメディアの力というものを信じたくなる。
この作品がきっかけで大きく何かが動くのか?今後も注目したい。






「絶対零度 未然犯罪潜入捜査」
「義母と娘のブルース」
「健康で文化的な最低限度の生活」
「高嶺の花」
「グッドドクター」
「チア・ダン」
「この世界の片隅に」
「バカボンのパパよりバカなパパ」
「半分、青い。」
「探偵が早すぎる」
「透明なゆりかご」
「宮本から君へ」
「孤高のグルメ7」
「幸色のワンルーム」
「ウルトラマンR/B(ルーブ)」
アニメ「はたらく細胞」
アニメ「深夜天才バカボン」
みんな結構面白かったよな、
夏はやっぱり豊作でした。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

#お茶漬けの味 ~ 今でもお茶漬けは大好きです。

#お茶漬けの味
監督:小津安二郎 出演:佐分利信、木暮実千代

NHKBSのデジタルリマスター版で鑑賞。
小津作品で未見の作品は多く、その1本。いつか見れると後回しにしていました。
昭和27(1952)年の作品。戦後でまだテレビが登場していない時代。
なんとなく間をどのように処理していたのか気になるところ。例えば今ならだらだらと
テレビを見ているような時どうしていたのかと思ってしまう。夫婦の会話もそう。
小津作品らしい繰り返しのリズムが聞けるが心が通じていない感じはよく伝わる。
贅沢な時間な使い方だと思われるシーンも多く、列車やバス、車の移動は当時なら
かなり大変ではと思うのだが。
そんな今では大したことのない日常が描かれ、最後に夫婦が一緒にお茶漬けを
食べることでお互いの理解を深める物語。夫婦が夜の台所に立ってお茶漬けの用意を
するシーン、男が台所に入るというのが当時どのように見られていたのだろうか。
ちょっと興味を引くシーンだ。いまなら当たり前のようなことだけど、男子厨房に入らずと
私の父親など言っていたものなあ。
お金があるからか遊びまくっている奥さん、いいたいことも言えずに一生懸命働いて
いる夫のちょっとしたすれ違いがお茶漬けによって解消されていく。
ええ話やなと思いつつも、この時代の時間の流れに日本人はきっと戻れないよなと感じる。
そんな映画です。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 12, 2018

#未来のミライ ~終ってしまったんだなぁ、この人は。 #映画

未来のミライ

細田守監督にジブリの代わりは重荷だと思います。
もう摩耗しているのがよくわかる出来でした。
家族とこどもの成長をテーマにしているのはわかりますが
エピソードが唐突でつながらず、見ていてつらい。
疑問をぶつけてはいけないかもしれませんが、ベビー専門店で
働く身としてはちょっと一言、言いたくなりました。
赤ちゃんの沐浴で家族一緒に風呂に入るなんてありえない。
約10分程で赤ちゃん洗ってベビーバスから出して服を着せないと
いけないのにパパもママも一緒に入ってるなんて、赤ちゃんにとって
危険だしここはパパとママの連携が必要なところ。終わってから
お互い交代でゆっくり入るのがこの時期のお風呂よ。
ひな人形のしまい方もあんなに簡単にできない。もっと手間が
かかるし、三人がバタバタしていたらいくら何でも気づくでしょ。
(それは言ってはいけないのかもしれないが…)
そういった細部のリアリティを監督自身納得して作っている?
作っていないような気がする。これで観客が喜ぶと思っているなら
観客をバカにしているのではと思ってしまう。
だからどんなエピソードがきても陳腐で内容が濃くなっていかない。
くんちゃんが時空を旅することに全く冒険めいたものが
感じられない。おじいちゃんのエピソードなんて何が言いたいのか
さっぱりわからん。エピソードそのものはいい話やなとおもえるが
今回のテーマにはそぐわないよね。何をやっているのだろうと
おもってしまった。

あゝ、やっぱり「サマーウォーズ」「おおかみこどもの雨と雪」で
終ってしまったんだなぁ、この人は。


監督:細田守
声の出演:上白石萌歌、黒木華

| | Comments (0) | TrackBack (0)

#SPL 狼たちの処刑台 ~シリーズ第3弾です。#映画

SPL 狼たちの処刑台

アクションは控えめかなとは思いましたが、一般的なアクション映画に
比べれば水準以上で楽しませてくれます。
そして物語の暗い、シビアなこと。
甘い甘いサスペンス映画が横行する中でこのレベルぐらいのものは見たい。
タイで行方不明になった娘を探す香港警察の父親が突き止めた事件の真相とは。
やっぱりおすすめです。

誘拐や臓器移植密売などひどく暗い犯罪と
カッコイイアクションが楽しめるSPLシリーズですが
日本では
1作目は「SPL狼よ静かに死ね
2作目は「ドラゴン×マッハ!」
そしてこれが3作目「SPL狼たちの処刑台」となります。

直接つながりはなく、2作目はトニー・ジャーが出ているので
変なタイトルになってしまいました。
それなら3作目は「ドラゴン×マッハ!2」にすればいいのにね。

ところで「SPL」の意味が不明で調べてみると
原題の「殺破狼」の「シャー・ポー・ラン(Sha Po Lang)」の
頭文字をとったもので、人生に極端な影響を与える「凶星」と
呼ばれる3つの星(七殺星・破軍星・貪狼星)のことらしいです。
なんとなく納得しました。

まあ作品のレベルは維持しているので、SPLシリーズとして
今後も楽しませてくれたらいいなと思います。


監督:ウィルソン・イップ
主演:ルイス・クー、トニー・ジャー、ラム・カートン


| | Comments (0) | TrackBack (0)

#ウルフ・オブ・ウォー ネイビーシールズ傭兵部隊 vs PLA特殊部隊

DVD「ウルフ・オブ・ウォー ネイビーシールズ傭兵部隊 vs PLA特殊部隊」

「戦狼シリーズ」の1作目をDVDで鑑賞。
劇場で見たあの興奮をもう一度と前作をちゃんとチェックしておきたかった。
中国人を怒らせたら怖いというのがよくわかる中国国策
アクション映画でコミカルな部分もあるが火力、戦力、パワーが半端じゃない。
2作目ほど派手さはないけどでも面白い。
まあ「ランボー」と「ランボー2」の関係に似てるかな。
相手が麻薬王で私設軍隊をもっていて国境を
越えようとするのを阻止する戦狼との戦いが中心。
さて
3作目が見ることができるのはいつ?
(2作目の終わり方からするとすぐにでも帰ってくると
思ったんだけどなあ)


監督・主演:ウー・ジン


| | Comments (0) | TrackBack (0)

«#スカイスクレイパー ~パパ飛んでました! #映画