September 14, 2017

#打ち上げ花火 下から見るか? 横から見るか? ~選択からループへ、そしてエロが足りない。 #映画

◆お題:打ち上げ花火 下から見るか? 横から見るか?
◆監督:武内宣之
◆声の出演:広瀬すず、菅田将暉

残念な出来でした。昨年秋に製作発表されたときに私の直観では「ダメ」でした。
原作:岩井俊二×脚本:大根仁×総監督:新房昭之
でもこの組み合わせでどうゆう化学反応が起きるか見たいと誰もが持ったはず。
それは私も一緒で化けるのではという期待はやっぱりありました。
ポスト「君の名は。」を狙っていることは明らか。
でもね。やっぱりね。
元はフジテレビのドラマ「if もしも」の中の1話。
このドラマは「世にも奇妙な物語」の姉妹編といえるような1話完結もの。
もしあの時ああだったら、と時間をもどしてやり直すドラマで
特にこの「打ち上げ花火 下から見るか?横から見るか?」の出来がよく
その後短編映画として劇場公開され、岩井俊二の名前を世に広めた。
当時大阪での公開が不明だったので特集上映をしている新宿まで見にいったのを
覚えています。
ドラマ版は小学生の男児と女児のお話。女の子が家の事情で転校することになり
それに反抗して家出をしようとする。そこへ巻き込まれる男の子二人。
かわいい駆け落ち話でそれぞれの男の子で物語の展開が変わる。
小学生の男の子の考えるエロと女の子の成長はかなり差があって女の子のほうがエロい。
それがドラマでは全編に感じられ、if、もしも の選択のお話であま酸っぱいものを感じる。
「小さな恋のメロディ」を何回もやりなおすようなお話で好きでした。
でもその味わいがアニメでは皆無。
登場人物を中学生に変更したところで失敗、いやアニメ化したことが失敗。
あの甘酸っぱいエロさは生身の人間でないと出ない。
(ドラマではプールで寝ているなずな首筋に這うアリ、アニメではトンボに変更、
見た目には絵になるがエロ差は失われている。また駅でなずなが着替えるシーンも
そう。ドラマのなずな奥菜恵がいいです)
それ感じられなかったのがつらい。
また、アニメ化にあたって本来の選択の話からループ(繰り返し)の話に
変わってしまっているところもうまく機能していないように思えた。

さて夏の東宝アニメ、ポスト「君の名は。」第三弾は「君の膵臓を食べたい」みたいです。
来年公開とか。
やっぱり期待しちゃいますよね。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 13, 2017

トランスフォーマー最後の騎士王 ~見る価値なしのマイケル・ベイ節前回のロボットアクション映画です。 #映画

◆お題:トランスフォーマー最後の騎士王
◆監督:マイケル・ベイ 
◆出演:マーク・ウォールバーグ、アンソニー・ホプキンス

評判の悪さを確かめる結果となりました。
今回で終るのかと思って見ていたらまだまだ続く伏線を残して終了。
どうもアニメとか原作のモチーフをまだまだ取り込みたいみたいです。
アーサー王伝説など世界の歴史にトランスフォーマーたちがかかわって
来たというアイディアは面白いし好き。
日本の侍との写真は一体何があったのか知りたいね。時代的には幕末かな?
でもアクションの見せ方がへたくそで単調になってしまうのに閉口する。
変身シーンも何が何かわからず、ロボットもののかっこよく見せるシーンも皆無で、
ラストの勝利シーンですらこれで終り? といった印象。
シーンや絵に意味がなくその組み合わせが単なる羅列でデタラメにしか見えない。
音楽も台詞も落ちつきがなく騒がしいだけ。
これで2時間半はつらいです。
俳優はちゃんと演技のできる人を連れてきているのだから、ちゃんと演出して、
緊張と緩和、間の取り方、絵の見せ方には動体視力がついていける
そして複雑にならずにもっと単純に楽しめる話にしてほしいなあ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 08, 2017

#東京喰種トーキョーグール ~ 蒼井優ちゃんになら食べられてもいいかも。#映画

◆お題:東京喰種トーキョーグール
◆監督:萩原健太郎
◆出演:窪田正孝、清水富美加、蒼井優

原作知らないしアニメも見てなかった。誰が出演しているかも知らず
なんとなく「キミスイ」と一緒に話題になるので見に行った。
食物連鎖の最高位「人間」のみを捕食する種がいるという人食いホラー。
見るものがその世界設定補完することでより面白く見ることが
できる映画で、そこを外すと疑問だけが残ってしまう。
主人公が人間から喰種になった亜種でなぜそんなことになったのか?
なんであの医者は勝手に臓器移植を行ったの?
あの捜査官たちの武器は何?どうも喰種の触手を利用している見たい
だけどどうやってコントロールしているの?
意外とたくさんいる喰種、どうやって生き延びているの?
みんな人間食ってたら結構大変。で殺すことができない喰種は自殺者を
食べていたみたいだけどそれだけで大丈夫なの?
などなど疑問がいっぱい。
続編で描かれるのか?
でもまあ、「食べる」ということについてちょっと考えさせられてしまった。
動物を食べている。植物を食べている。その状況は今後も変わらない。
それを粗末にしてはいけないよね。自身が獲物とならないと人間には
伝わらないのではという思いがこの作品にはあったのではないだろうか。

ところで蒼井優ちゃんになら食べられてもいいかも、
とちょっと思ってしまった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 07, 2017

#ここさけ 心が叫びたがってるんだ ~ 言葉って難しい。 #映画


◆お題:心が叫びたがってるんだ
◆監督:熊澤尚人
◆出演:中島健人、芳根京子

アニメ原作実写化という一見今の流行りもののように見えるが、
他と違うのはアニメオリジナル映画作品をそのアニメ作製会社が実写で製作したところ。通常はマンガの原作がアニメ映画化され実写化では別の製作会社やスタッフと
異なることが多い。
アニメならではのファンタジックな心理描写を実写では見せることができない分、役者の演技に頼るところがありそこで大きく差がついてしまった。
最初の声を失うシーンの卵妖精や父親を王子様に変身させるシーンはアニメならではで
これは実写化できない。
しかし役者それぞれは自身の役柄を解釈してキャラクターを作りあげており、それは
それで作品としては成功していると思う。
「言葉にしないと伝わらない」
「言葉によって人を傷つけることがある」
というその思いは伝わってきた。
実写化にあたってキャストがもとのアニメキャラとイメージが合わないとのうわさが流れ
ヒットに結びつかなったのが惜しい。
見せ場となるミュージカルシーンは生身の役者の声が素晴らしいのになあ。
最終「ここさけ」3億「キミスイ」30億らしいが納得いかない。

アニメ版の感想はこちら↓

http://eigazatsudan.cocolog-nifty.com/eigazatsudan/2015/12/post-83bd.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 06, 2017

#T2 ターミネーター2 3D ~劇場版の3D化でした。名作です。#映画

◆お題:ターミネーター2 3D
◆監督:ジェームズ・キャメロン
◆出演:アーノルド・シュワルツェネッガー

 「T2」の3D化作品。フイルム撮影の部分の3D化は少々違和感あるけど奥行き感が
あってよかったがそれだけ。別に3Dにしなくてもいいじゃんと思った。それより3D化
にあたって「特別版」が劇場公開されるのではと期待したが「劇場版」でした。
個人的には「特別版」でT-800が父親代わりとして送られ、疑似家族を形成し、
そして機械も学ぶことで出来、機械扱う人により家族でも武器にでもなるというテーマが
明確になってくると思っているのでそれがスクリーンで見ることができないというのは
残念でした。でもまあ今見てもほんと遜色ない。
アクションの間のとりかた、編集というか物語の流れの緊張と緩和のリズムがうまい。
これをちゃんと解釈というか理解したうえで自身の映画に取り込んでくれればいいが、
派手なアクションの連続にアイディアを絞って並べているようなだけの今の映画が
多く、一度ちゃんと「T2」見直して良さを見習ってほしいなあ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 12, 2017

#おんな城主直虎 ~サブタイトルが面白すぎる。元ネタを探って見ました。毎週更新!? 

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の
サブタイトルです。
古今東西の映画(主に)のタイトルをひねった
ものが多く笑わせてくれます。
以下元ネタと思われるものを調べてみました。
(以下は筆者の勝手な推測です)


1 井伊谷(いいのや)の少女 → アルプスの少女
2 崖っぷちの姫 → デスパレートの妻たち/崖の上のポニョ
3 おとわ危機一髪 → 007危機一発
4 女にこそあれ次郎法師 → 女子(おなご)にこそあれ次郎法師(原案となった本のタイトル)
5 亀之丞帰る → 父帰る
6 初恋の別れ道 → 初恋の来た道
7 検地がやってきた → ビートルズがやってきた、ヤア!ヤア!ヤア!
8 赤ちゃんはまだか → 憲法はまだか(NHKのドラマ)
9 桶狭間に死す → ベニスに死す
10 走れ竜宮小僧 → 走れメロス
11 さらば愛しき人よ → さらば愛しき人よ
12 おんな城主直虎 → そのまま本作のタイトル
13 城主はつらいよ → 男はつらいよ
14 徳政令の行方 → 真実の行方/告発の行方
15 おんな城主 対 おんな大名 → クレイマークレイマー
16 綿毛の案 → 赤毛のアン(これは珍妙な!)
17 消された種子島 → 消されたライセンス
18 あるいは裏切りという名の鶴 → あるいは裏切りという名の犬
19 罪と罰 → 罪と罰
20 第三の女 → 第三の男
21 ぬしの名は → 君の名は。
22 虎と龍 → 花と竜
23 盗賊は二度仏を盗む → 007は二度死ぬ
24 さよならだけが人生か? → さよならだけが人生さ
25 材木を抱いて飛べ → 黄金を抱いて飛べ
26 誰がために城はある → 誰がために鐘は鳴る
27 気賀を我が手に → 自由を我等に
28 死の帳面 → デスノート(面白すぎるやろ!)
29 女たちの挽歌 → 男たちの挽歌
30 潰されざる者 → 許されざる者
31 虎松の首 → ガルシアの首
32 復活の火 → 復活の日
33  嫌われ政次の一生 → 嫌われ松子の一生
34  隠し港の龍雲丸 → 隠し砦の三悪人
35  蘇えりし者たち → レヴェナント
36  井伊家最後の日 → 江戸最後の日/合衆国最後の日
37  武田が来たりて火を放つ → 悪魔が来たりて笛を吹く
38  井伊を共に去りぬ → 風と共に去りぬ


年末まで追いかけてみます。
ご期待ください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 11, 2017

#銀魂 ~ほんとうに一元さんOKでした。 #映画

◆お題:銀魂
◆監督:福田雄一
◆出演:小栗旬、菅田将暉、橋本環奈

原作知らない。
アニメをちょっと見たことがある程度。
ほとんど予備知識なしに実写版に挑戦!

一元さんOK!のコピーに間違いなく 優しい作りに感謝。

長くて中だるみするけどまあ面白かった。
まあ、あのギャグをどこまで笑えるかだけの映画。
反応が年齢層によって違っているのが興味深かった。
例えば
ここからかなりネタバレになるけどお許しください。

シャザクとシャアが出てきた時の劇場の反応は結構あるけど
メーベが出てきた時の反応は今一。「風の谷のナウシカ」の
ナウシカがのるメーベはちょっと難しかった?

オバQとエリザベスとの関係やドロンパなんていうのも
反応が鈍いね。

こちらもすべてを把握しているわけではないので
見落としがあるかなと思うけど
そう思うとちょっと悔しい。
解説がほしいなあ。
ワンピースネタは正直わからんかったなあ。

かなり年代の幅が広いネタを突っ込んできているので
そこをリズムよくポンポンと見せて2時間切ってほしかったのに
最後の男の戦いを丁寧に見せちゃうからちょっと間延びしちゃう。

ほとんどストーリーは覚えていないのでまた
テレビでDVDに落としてネタチェックをしよう。

さて、今年の夏から冬にかけてはぞくぞくとマンガ原作の
映画が公開。ネタはそこにしかないのか!と思いながらも
CG技術の向上で見ることができるようになっている。
「ドカベン」のころが懐かしいです。
「こちら亀有派出所(せんだみつお)」のころが懐かしい。
「ルパン三世念力珍作戦」のころが・・・・見てないけど。

ところで小栗旬ってそんなにアニメの実写向きなのかな
銀魂
テラフォーマーズ
ミュージアム
ルパン三世
宇宙兄弟
荒川アンダーザブリッジ
岳 ガク
クローズZERO
などなど。まあマンガ企画が多いからから仕方がないか。



| | Comments (0) | TrackBack (0)

#メアリと魔女の花 ~ジブリ映画の偽物 本当の米林映画がこれとは思いたくない。 #映画

◆お題:メアリと魔女の花
◆監督: 米林宏昌
◆声の出演:杉咲花、神木隆之介

一生懸命この作品を作ったスタッフ、キャストには申訳ないのだが
ジブリの中身のない、芯がない、偽物、を見せられたような気がする映画だった。
すべてが宮崎駿ならこうするよね、こういう絵にするよね、こんなのあったよね、
と製作委員会が口を出して監督は偽物を作らされた、作ってしまった。
それは次につながるから、次を作ることが大切だからと自分に言い聞かせて
作っていたのではないだろうか?
映画はヒットしているからまた2年後ぐらいに次が出てくるとは思うが
また同じようなものを作らされるのだろう。どこか似たものができるのは仕方がないが
自分の作りたいものをちゃんと発表してほしい。
基本は脱宮崎、打倒宮崎でなければ意味がない。
次が無くてもいいです、その意気込みで作ってほしい。

いちいち上げないけどそれぞれのシーンで
ラピュタに似たシーン
魔女の宅急便に似たシーン
千と千尋の神隠しに似たシーン
もののけ姫に似たシーン
などなどきりがないぐらいに出てきて
オリジナルを感じることない。
かなりの取材と画力があるのは認めるがしかし、何がしたかった
いいたかったが伝わらない。

アンチ「ポニョ」→「夜明け告げるルーのうた」を見よ!

アニメーションとはこうあるべきというとてもチャーミングな映画に仕上がっている。
この素晴らしさ。
見習ってほしい。

もうあの嘘つきジジィは終わったのだから。
次を企画しているそうだが・・・・それはそれで楽しみだがでも
いつか終わるのだから。

でも次がある人たちには自分の描きたいものを全力で描いて見せてほしい。



| | Comments (0) | TrackBack (0)

#ジョン・ウイック チャプター2 ~前作見なくてOK! #映画


◆お題:ジョン・ウイック チャプター2
◆監督:チャド・スタエルスキ
◆出演:キアヌ・リーブス

確か前作みたよなあという記憶しかなく、でも見なくても全然OK。
今回も見て映画館から出てきた時点で
内容を忘れてしまうような映画。
なんかひたすらキアヌが戦っていて、
こいつはなぜ死なないのだろうと思っていました。

キアヌってもっ内容のある映画出てほしいな。
もう終わりかと思いつつも続いていて、変な映画ばかりでて、
日本に来たらラーメン食ったとかすし食ったとかそんな話ばかりで・・・。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 08, 2017

#キミスイ 君の膵臓をたべたい ~いろいろと考えてしまいました。次はアニメ化だそうです。#映画

◆お題:君の膵臓をたべたい
◆監督:月川翔
◆出演:浜辺美波、北村匠海、小栗旬、北川景子

「東京喰種」の副題のようなタイトルですが全く系統の違う素敵な青春映画でした。
一見、難病もののようですが、いつ閉じてしまうかわからない人生をどう生きるのか
というのがテーマ。どこかで見たような既視感があるシーンも多いのですが、
同時にそれは自分の考えや思い出と重なってしまい結構グッときてしまいます。
原作にない12年後からの回想となった構成は映画としてはGOOD。
思い出は美化されるのでこれでいいのです。(原作は読んでいないのですが・・・)
こちらのことを気にしないでずけずけと心の中に入り込んできて居座ってしまう
女の子ってどこにでも、誰にでもいるということなんですかね。

以下ネタバレになります。

ところでタイトルの意味ですが、膵臓病のさくらが健康な膵臓を食べれば元気になると
春樹と会話するところからきているのですが、
ラストにもう一度さくらの台詞として出てきます。
これは手紙の一部としてなのですが、さくらが春樹の膵臓を食べたいと伝えています。
これはさくらが生き延びたいという願望と春樹を自分の一部として取り込みたいという
気持ちが表れているのですがここで少々違和感があります。
映画の中でさくらは春樹から一度も名前を呼んでもらえていないことをくやんでいます。
いつも「君」としか呼んでもらえなかったと指摘しています。となるとこのタイトルの「君」は
春樹から見たさくらのことで春樹が病んださくらの膵臓を食べたいということになると
おもうのですが・・・いかがですが。
さくらはわたしが死んだらわたしの膵臓を食べていいよって春樹に言っているので、
まあ二重の意味があると見てもいいとは思うのですが、
きれいに着地させたかと思わせながら少々違和感が残ってしまいました。

(でも今おもうとお互いの気持ちを伝える、引き出すための駆け引きの台詞だったのかも
しれないですね。ストレートに告白できないための)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

«#ライフ ~真田広之VS火星怪獣 ゼログラビティの戦い! #映画