« ハウルの動く城 | Main | ポーラーエクスプレス »

November 28, 2004

ガン&トークス

「ガン&トークス」ってタイトルだけでは何のことか
分からなかった。
「殺人者たちのおしゃべり」ってタイトルでも
よかったんじゃない。
そのほうが分かりやすいよ。

コメディらしいけどそれほど笑えない。
韓国では大爆笑で台詞が聞き取れなかったとか。
ホンマカイナ?

殺し屋4人組の人間模様、仕事をしてくなかでの
トラブルが時にコミカルに、時にシリアスに描かれる。

何となくショーケンの「傷だらけの天使」みたいなところあり。

その温度差が微妙なのが日本人には分かりづらい。
ここ笑うところですよ、って言われたって・・・文化の差。
いまは結構このあたり勉強されて、体感している人が多く
出てきているからその人たちの心には届くのだろうな。

ウォンビンが若い!と思ったら 2001年の映画でした。
公式サイトはこちら。

http://www.groove.or.jp/movies/killers/intro.html

|

« ハウルの動く城 | Main | ポーラーエクスプレス »

Comments

TBありがとうございました。
この映画のタイトルは、ホント分かりにくいですよね。
「殺し屋」らしいから
血みどろの映画なのかと敬遠していたのですが、全然違いました・・・。
ウォンビンが愛について語るシーンで、
彼の事務所側がクレームをつけたそうです。
「このままじゃ、バカにみえる」と。
ハイ!ちゃんとバカにみえます!
そう思って、笑えました。

Posted by: ちびちび | December 16, 2004 10:51 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ガン&トークス:

« ハウルの動く城 | Main | ポーラーエクスプレス »