« 海猿 | Main | 電車男 テレビ版 »

August 17, 2005

亡国のイージス

誰がいったか福井晴敏三部作。最後を飾る一番の期待作だったはず。
だけど、この出来は何! ひどい、ひどすぎる。 「ローレライ」「戦国自衛隊1549」は
まだ愛すべき点があるが、「亡国のイージス」なめているにもほどがあるほどひどい出来。
一部で賞賛の声が聞こえるがまったく理解に苦しむ。どこをどう見ればこの映画が面白く
見られるのか!

 海上自衛隊のイージス艦<いそかぜ>がテロリストにシージャックされ、
アメリカの開発した兵器(グソー)を盗み出し日本政府に宣戦布告する。
首都に向けられた化学兵器を阻止するために、一度は船を下りた先任伍長仙石は船に戻る。

 出だしはいいのよね。
先任伍長が若い乗組員の暴力事件を抑えるシーンからいまどきの若者が自衛官であるシーン、
その上官もまたいまどきの中年日本人の典型で、そんな人物が描かれ戦争とは程遠い
人々が戦艦に乗り込んでいる事実が描かれる。このあたりまでは本当に感心してしまった。
 しかし、その罰で甲板掃除をやらされていた如月と先任伍長の絵の話からいい加減に
なってくる。この絵のシーン、真田の筆遣いが雑、そこで絵を直す如月がまた適当に筆を
入れる。それで二人の一瞬心を通わすシーンを描こうとしているのだが、あまりに雑で、稚拙な
印象がのこった。あれで絵がうまいとか、出来るとかわかるか?

 最初は丁寧だった描写がその後破綻して雑になっていく。
それが最後まで続くのだから辛抱たまらん。

 如月がまずどういう人物か描かれていない。原作では人気のあるキャラらしいが、ほんの少しの
過去が出てくるだけ。母親の死の理由やダイスに拾われたのはなぜ?どいう人生をあゆみ彼は
今回の任務に就いたのか? なにか理由があったのか? ラスト、副長が彼を息子のように扱い
助けるが、彼とのやり取りはいったい何を意味するのか?

 「よく見ろ日本人!これが戦争だ!」といっておきながら戦闘状態にならない。
先任伍長と如月は逃げた跡に船上で非常食を食べているシーンは信じられない。お前ら命狙ら
われているのと違うのか!

 死にかけの仲間との会話も長いし、前後の編集はつながらない。 
 だいたいこのテロリストの目的はなに? 日本を脅迫してどうしたかったの。
副長は自分の息子が殺されたからという恨み(?)から日本政府を脅迫したみたいだけど
それについてきた部下は馬鹿みたいじゃん。 なにを信じてここに来たのかわかっているの?
誰一人何を目的に、だれを守りたいのか、何を守りたいのかわからない。

 テロリスト(ヨンファ)の娘かとおもったら妹らしい紅一点の少女もなんだったんだろう?
意味なくしんじゃって・・・野球場のシーンはいったい何を意味していたのか?

 いとも簡単に爆破は阻止され、テロリスト・ヨンファは化学兵器グソーをもってマストに
登るクライマックスも意味不明。あれどうするつもりだったの。あのまま爆破することが
出来たのか?
そのグソーを守るために死んだ男は馬鹿みたいだったし、どうしてあそこにいるのかわからなかった。
なぜか船は燃えているし、ほかのテロリストは自殺するしでつまらんラストだ。
総理大臣をはじめとする日本政府はなにも出来ないでとってつけたように
衛星からの映像でグソー確保を手旗信号で知る。 選任伍長は衛星から見ていること
知っていたのか?

で、終わらなかった。船が暴走している。発電所にぶつかるだと!

馬鹿か! お前ら!

怪我をした伍長をヘリコプターで収容していたのはいいがそのとき誰も船に降りなかったのか?

テロリストがシージャクした戦艦だよ。残存兵が残っているかもかもしれないし、
第一動いている戦艦をそのままにするか!普通奪還し確保するだろ。そうしないと状況は終了しない。
海上自衛隊もよくこんなラスト許したものだ。

で、自爆とは。あの手の船が中から爆破されたとしてもそう簡単に沈まんよ。
もっとリアリティのある決着をつけてほしかった。

どうです、ひどいでしょこの映画。
変な編集者に任せたり、演技の出来る人を使ったりして背負わせたのはいいが
結局のところストーリーが整理できていない。
ちょっと偏ったテロリストとアナログおじさん伍長の対決ぐらいで、ありえないアクションを
展開してくれたほうがまだ素直に見ていられる(例は悪いが「沈黙の戦艦」みたいに)。

 テレビで海上保安庁を描いた「海猿」が結構ハードな内容でドラマを展開している。
それだけに「亡国のイージス」は映画でこの出来とは非常に残念である。
 お子様映画が並ぶ夏の映画館で男の大人の映画を見せてくると期待したのに・・・・。

というわけで、福井原作作品についてはまだまだこれからで、今後に期待しましょう。

|

« 海猿 | Main | 電車男 テレビ版 »

Comments

まあCGがローレライよりマシでしたから・・・
それだけか・・・

>あのテの戦艦
それが沈むんだな。
イージス艦は飛んでくるミサイルを迎撃する事を念頭においてるから防御策は無い。

Posted by: アンフォ | September 04, 2005 09:20 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 亡国のイージス:

» 亡国のイージス [In my opinion・・・]
ここのところ、更新が滞り気味f(^ー^; そんななかで鑑賞した「亡国のイージス」です。これ、正直に言うともう一回観ないと解決しない疑問点がいくつかあります。かなり注意深く観たはずなんだけど・・・おかしい(^_^; 自衛隊が保有する世界でも有数の最新鋭の防御システム... [Read More]

Tracked on August 17, 2005 10:34 PM

» 亡国のイージス [一番遠いブログ]
亡国のイージス、阪本の演出家としての力量からすれば当然のできであり、ぼくんちやクラブ進駐軍での失敗を繰り返さず、ヒットメーカーにもなりうる力量を示したことは重要であるが、作品世界自体の矮小さの枠内に収斂したことで、阪本作品としては矮小なものとなったと言え... [Read More]

Tracked on August 23, 2005 10:18 AM

» 亡国のイージス(劇場版) [賢者の愚言、愚者の名言。]
劇場版「亡国のイージス」を観てきました。 最後のステージに到達してしまったような感じで、 コレについて語ったら最後、何も言うことが無くなるような気がします。 でも、でも、言っちゃいます。 はぁ、、、、、、、、、、。 残念ですよ。 心底ザンネン。 原作の・・・・・・・・・・良さが・・・・・・・・・・・・・・切り捨てられてた。 ついでに原作ファンも切り捨てたんと違うか?、いうぐらいのバッサリ感。 ローレライの時も言ったけどさ、人物背景が皆無なのよ。 如月、仙石、宮津、ヨンファ、ヨンヒ、それぞれのトラウ... [Read More]

Tracked on August 28, 2005 11:20 PM

« 海猿 | Main | 電車男 テレビ版 »