« いま、会いに行きます テレビ版最終回 | Main | 電車男 テレビ版 最終回 »

September 23, 2005

浮雲

はずかしながらはじめて成瀬を見ました。
いつかは見なければと思っていたのですが、小津、木下、黒澤は見ても
なぜか成瀬は見ていませんでした。
今年は生誕100年で特集上映、放送が多く、この機会にと思いBS2の
「浮雲」を見ました。
はっきり言って得意じゃないので書きづらいです。
 成瀬の最高傑作らしいが、昼ドラとしか思えないお話はその時代を感じさせます。
いつの時代でも同じネタが使われるものなのですね。
 インドシナで出会った富岡とゆき子。日本に帰ってきて妻子のある富岡と逢瀬を
重ねる。しかしどこまでもだらしない富岡はだらだらと不倫関係を続けるだけ。
ゆき子は生活のために身を落としてゆくが、彼女も彼から離れらない。
 こんな話が2時間10分続く。ある意味メロドラマ、ひるメロの原点だろうな。
自分はこれ以外の昼メロ等でこういったドラマを見てきたから、別段新しく目に映らない。
そこについていけないと感じたところがある。
 小津がこれをみて自分には撮れない写真だといったそうだが、確かにそうだと思う。
ほかの成瀬作品を見ていないからわからないが、かなり小津と比べられる作風だった
ようだ。小津は二人も要らないといわれたとか。
 ラストの屋久島への道のり、この時代にあんなところまでいく人がいたのだという
ことに驚かされたが、病気の身で決して幸せになることがないとわかっていても
富岡について行くゆき子っていったい・・・。
 原作は林芙美子、脚本は水木洋子と女性が作ったお話。モノクロの画面で見せる
女性の美しさがこの時代ならでは、この手の映画でないと味わえない。
 まあ、あまりとくいな分野でないからこれぐらいにするが、あらためて成瀬について
勉強はしたい。
 古い邦画は見なくなってしまったと感じ、機会があれば見ていきたい。しかし
出来るだけ劇場で見たいのだが、機会がへってしまったなあ。

浮雲
浮雲

成瀬巳喜男 THE MASTERWORKS I
成瀬巳喜男 THE MASTERWORKS I

|

« いま、会いに行きます テレビ版最終回 | Main | 電車男 テレビ版 最終回 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 浮雲:

» ★「浮雲」、最強カップル?★ [★☆カゴメのシネマ洞☆★]
 「浮雲」 (1954) キャスト(役名)高峰秀子(幸田ゆき子)  森雅之(富岡兼吾)中北千枝子(妻邦子)  木村貞子(母)山形勲(伊庭杉夫)スタッフ監督:成瀬巳喜男    製作:藤本真澄   原作:林芙美子脚色:水木洋子  &...... [Read More]

Tracked on October 01, 2005 01:08 PM

» ★「浮雲」、最強カップル?★ [★☆カゴメのシネマ洞☆★]
 「浮雲」 (1954) キャスト(役名)高峰秀子(幸田ゆき子)  森雅之(富岡兼吾)中北千枝子(妻邦子)  木村貞子(母)山形勲(伊庭杉夫)スタッフ監督:成瀬巳喜男    製作:藤本真澄   原作:林芙美子脚色:水木洋子  &...... [Read More]

Tracked on October 01, 2005 01:08 PM

« いま、会いに行きます テレビ版最終回 | Main | 電車男 テレビ版 最終回 »