« 電車男 テレビ版 もうひとつの最終回 | Main | ステルス »

October 16, 2005

ウルトラマンマックス わたしはだあれ?

「ウルトラマンマックス第16話 わたしはだあれ?」も前回に引き続き
三池崇史監督作品。こちらもかなりトーンを変えて楽しませもらいました。
やはり泣いちゃいましたね。傑作ですねこれも。

人々の記憶が失われる現象が多発。ダッシュが調査を始めると
東京湾に怪獣が出現!
出動するダッシュだが隊員たちの記憶も失われ、ウルトラマンマックスの
記憶も失われ怪獣と戦えない。
そこで立ち上がったのがアンドロイドのエリーだった。

コメディを期待する割にはオープニングの不気味さ、これはすごい。
子どもにとって親が記憶をなくしていく姿はちょっと怖いものが
あったかもしれない。

そして怪獣登場。でも名前がタマ、ミケ、クロとふざけている。
誰が名づけたのだ?

戦えないマックスに必殺技を教えるエリー、
「左手を・・・・お茶碗を持つ手!」ってマックがお茶碗持つか!
でもマックスはお茶碗をもつ格好をしている。

細かく見ているとかなり子ども向けヒーロー番組の禁じ手をやっている。
ヒーローの情けない姿。妙に強調された水のチャプチャプ言う音はプールの
水遊びのよう。必殺技がなかなかでない。3分以上、かなり長い間写っている。
たぶん放送の3分の2ぐらいは出ていたのでは?普通は特撮シーンを短く
経費を削減するから短くなるのにね。エリーのきれたときの暴言! 子どもには
聞かせたくない言葉。
他にもかなり不安を与えるような最初団地の奥さんたちの会話。などなど。

しかしラストには仲間を守りたいエリーの気持ちがマックスに必殺技を出させる。
取り乱したアンドロイドも驚くが、涙を見せるところも・・・・うん、三池監督の
大サービスとみた。

さて2回連続で三池監督作となったが、この2本みて思いついたのが「宇宙戦争」。
そう「第三番惑星の奇跡」はもろ「宇宙戦争」のお話だった。
そして今回「わたしはだあれ?」の怪獣デザイン、隕石が落ちてそのものが
発見されずに出現! あれはトライポッドではないか!
三本足の目玉ひとつ、お尻に猫のシッポがいているデフォルメされているが、
トライポッドからインスパイアされたものとみたがいかがでしょう?

ウルトラマンマックス チームDASH隊員ジャケット
ウルトラマンマックス チームDASH隊員ジャケット

ウルトラマンマックス 電動出撃基地DXベースタイタン
ウルトラマンマックス 電動出撃基地DXベースタイタン

ウルトラマンマックス 2006年カレンダー(取り寄せ)
ウルトラマンマックス 2006年カレンダー(取り寄せ)

ウルトラマンマックスプラコップ C-1
ウルトラマンマックスプラコップ C-1

|

« 電車男 テレビ版 もうひとつの最終回 | Main | ステルス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ウルトラマンマックス わたしはだあれ?:

» 三池ウルトラマン [一番遠いブログ]
三池崇史監督は、映画ファンに人気のある監督のようである。しかしながら僕にはどうもしっくりこない。始めて見た「中国の鳥人」そして「ゼブラーマン」、やりたいことは分かるんだけど、面白いという人のおもしろがる点も分からないではないけれど、でもどうもね・・・「着... [Read More]

Tracked on October 20, 2005 09:00 PM

« 電車男 テレビ版 もうひとつの最終回 | Main | ステルス »