« チャーリーとチョコレート工場 | Main | スター・ウォーズ「エピ3」未公開シーン »

October 30, 2005

コープス ブライド

高槻のTOHOシネマズで「コープス ブライド」を見ました。
この意味わかる人は相当な映画通では?

 デジタル上映の実験を行っており、アメリカから日本に直接データを送って
東京で字幕を入れて高槻に流しているとか。以下がHPの案内。
------------------------------------------------
10月22日公開「ティム・バートンのコープス ブライド」を第一弾として、
世界初の最新映画をDCI仕様デジタルシネマにてネットワーク配信・興行を六本木と高槻
で実施!
次世代の映画上映方式として目される「デジタルシネマ」の配給から興行までのサービス
モデルの確立や技術検証を目的とした共同トライアル(実験名称「4K Pure Cinema])を、
2005年10月22日(土)から約1年間実施します。
本トライアルは、ティム・バートン監督の「ティム・バートンのコープス ブライド」を第
一弾とし、DCI仕様準拠デジタルシネマを複数の商業用映画館にネットワーク配信し、継続
的かつ常態上映するという点においては「世界初」の取り組みであり、最新作品をハリウ
ッドからネットワーク配信し、革新的な最高品質の映像を世界に先駆けて全国一斉公開い
たします。
最高画質4K(800万画素)のデジタルシネマでは、驚愕の映像とサウンドでご鑑賞いただ
けます。マスタークオリティのクリアな映像と迫力ある音響を是非体感してください。
------------------------------------------------

それでこの上映どうだったかというと、かなり絵がきれい。
DLPの上映のときも感じたが、映画くっきりはっきり浮き立つ。
フィルム版と比べたわけではないが、予告から見ているとはっきり絵が変わった
ことがわかる。まあ慣れてくると途中気にならなくなってくるのだが。

しかし昔はスクリーンサイズや明るさの問題、字幕によるピンボケ映写などで
よく映画館に文句をいったが、ココまで来ると文句のつけようがない。

一度経験されることをオススメします。次回は「ハリポタ炎のゴブレット」で
これは高槻と六本木で実施される予定。

さて映画についてはデフォルメされた毒のあるキャラクターを目いっぱい
展開して、切ないラブストーリーを見せてくれるいいお話ですが、
感情移入が出来るところまで私は行かなかった。
「ナイトメア~」や「ジャイアントピーチ」のほうが好き。単純に面白いからだ。
しかし、ティム・バートンはそんな感じには仕上げなかったようだ。

 政略結婚でめぐり合ったビクターとビクトリア。最初は気乗りがしなかったが
お互いにひかれあう。ビクターが結婚式の練習を森で行っているときに、知らずに
コープス・ブライド(死体の花嫁)に結婚を誓ってしまう。死後の世界に引き込まれた
ビクター。一方ビクトリアは彼を助けようと家を飛び出すが・・・。

 ミュージカルシーンで始まるが絵が暗い。何でこんなトーンの絵にしたのか?
と死後の世界に行くとばら色に。うーん皮肉だねこれは。

 なぜか不幸な姿の犬が出てくるのがお決まりで、今回もビクターのもとペットの犬
が登場。

「うる星やつら」を思い出してしまうような設定と世界。ラムとあたるとしのぶの様に
見えてしまう。どこかでつながっているのではと思うのだがいかがでしょう? 
オタクのティム・バートンなら当然「うる星」を知ってそう。
何らかの影響をうけたかもね。

まあ楽しめた1時間17分でした。子どもにはきついがまあいいお話なのでご覧ください。

コープス・ブライド ぬいぐるみ スクラップ(予約)
コープス・ブライド ぬいぐるみ スクラップ(予約)
4,797円 (税込) 送料別

コープスブライド、オリジナルポスター
コープスブライド、オリジナルポスター
税込3,990円

|

« チャーリーとチョコレート工場 | Main | スター・ウォーズ「エピ3」未公開シーン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference コープス ブライド:

» #37:コープス・ブライド(試写) [*KAZZの呟き*]
KAZZのこの映画の評価  愛だね、愛! この”コープスブライド”死体の花嫁のお話。 上映時間が77分と、久々に短い映画でした 映像が、とても素晴らしいキャラも個性的で 特にスクラップス君は、お茶目でクール 現世をモノトーン、死後の世界?をカラーで...... [Read More]

Tracked on October 31, 2005 11:20 AM

« チャーリーとチョコレート工場 | Main | スター・ウォーズ「エピ3」未公開シーン »