« 機動戦士Zガンダム 恋人たち | Main | まだまだあぶない刑事 »

November 09, 2005

日テレバージョン「理由」

11月8日21時からそれは始まった。
こんな放送があるとは知らなかった。
そのため頭20分ほど見過ごしてしまった。
毎朝テレビ欄はチェックするのに見落としていました。残念。

「理由」はあの大林宣彦監督作品の「理由」です。
それを日本テレビで放送するために再編集しました。
映画がテレビで放送されるときは当たり前だろといわれそうですが
それは大林監督、ただ短くするだけではなかった。これは事件です。

 映画「理由」はもともとWOWOW放送のドラマ。それを劇場公開した。
上映時間2時間40分。証言でつづられる映像は非常に丁寧にかかわった
人々を写していく名作。語ることが非常に多く、台詞が延々と続く構成。
しかしこの面白さはやめらなくなる。映画の可能性を新たに見せ付けられた。
 
 今回の編集はこれを2時間30分のテレビドラマとしている。実質2時間、
ドラマとは正確にはいえない。

 「理由」が映画化されたことがひとつの事件で、その映画の中の事件までも
ふくめてドキュメントとして描いている。そしてテレビのドキュメントと
再現フィルムといえばワイドショー。そうワイドショーの番組のひとつとして
「理由」という映画化の事件を紹介していっているのだ。
そのため追加撮影もあり、映画にはなったと思われるシーンも、映画撮影、
メイキングシーンも出てくる。
またわかりやすく、テレビということを意識して画面に文字があふれる。
取材日や台詞の重要なポイント、心象風景の解説、人の名前、シーンの解説など
かなり多くの説明がなされている。映画とは違い、火曜サスペンス、いわゆる
2時間ドラマの文体である説明過多な構成はこの時間帯のファンへのサービス
と思われる。多すぎて読めないものも多かった。

そしてこれが日テレバージョン「理由」なのだ。

 映画には及ばないと思う。いったん自分で解体して再構成したのだろう、
その面白さは伝わるが、あの最初のミステリアスな空気はなくなってし
まっている。太陽の下に照らされたような感じがした。
 じっとりじっくり見ることが出来た映画版のほうが好みとして好き。

この日テレバージョン、再放送の機会はないと思うし、DVDなど出るだろうか?
大林映画は結構そういう再編集版が多く、1回限りということがよくある。
「ふたり」のテレビ版、「はるかノスタルイジィ」のWOWOW版、「野ゆき
やまゆき海辺ゆき」のモノクロ版、テレビ編集版(というか切らずに映画の
コマスピードを上げた!!)などはソフト販売されていない。
でも機会があれば見て欲しい傑作です。

理由【特別版】 ◆20%OFF!
理由【特別版】 ◆20%OFF!
3,760 円

理由
1800円


楽天トラベル

楽天ブックストップページ



★英語の通信教育やってみない?★


|

« 機動戦士Zガンダム 恋人たち | Main | まだまだあぶない刑事 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日テレバージョン「理由」:

» 「理由」(日テレヴァージョン)レビュー [ドラマレビューTBセンター]
「理由」(日テレヴァージョン)についてのレビューをトラックバックで募集しています [Read More]

Tracked on November 20, 2005 09:02 AM

« 機動戦士Zガンダム 恋人たち | Main | まだまだあぶない刑事 »