« 映画ライターになる方法 | Main | 劇場版甲虫王者ムシキング グレイテストチャンピオンへの道 »

December 21, 2005

奇談

 諸星大二郎原作の「生命の木」の映画化。
ジャパニーズホラーと思っていったら、ホラーの要素は少なく
でも結構面白く見ることが出来た作品でした。
 
隠れキリシタンが全国に逃れ、それが土着信仰と交わって現代まで生き残った
という設定が面白く、それにかかわった少女が自分の過去との関係を調べていく
うちにある事件に巻き込まれるというお話。

 展開は結構コンパクトで壮大なお話のわりにはこじんまりしてしまった。
NHKの朝ドラ「天花」のヒロイン藤澤恵麻と阿部寛でなぞに取り組む。
阿部寛が稗田礼二郎を演じるのだが、雰囲気は「トリック」の上田に見えてしまう。
まあ似たような役だが・・・。

 ところでなぜ神隠しで子どもが行方不明になるが
その目的、理由が最後まで明かされなかった。原作読めばわかるのかな?

汝、神になれ鬼になれ
汝、神になれ鬼になれ
638 円
映画「奇談」の原作が含まれています。

楽天ブックストップページ




楽天トラベル



★英語の通信教育やってみない?★

|

« 映画ライターになる方法 | Main | 劇場版甲虫王者ムシキング グレイテストチャンピオンへの道 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 奇談:

« 映画ライターになる方法 | Main | 劇場版甲虫王者ムシキング グレイテストチャンピオンへの道 »