« ザスーラ | Main | チーム・アメリカ »

December 18, 2005

SAYURI

お正月映画の話題作のひとつですが、受けはいまいちみたいです。
レディスデーで先週の「Mr.&Mrs.スミス」より空いていました。
おば様方にそっぽ向かれたらこの手の映画のヒットは少々難しい。
まあ、予想されたことではありますが。

 これから見る人のためにあまり詳しい感想は言いません。
ご自分の目でお確かめいただくのが一番いいので、これからの記事で判断しないで
ください。あくまでご参考に。

 予想通りでした。あくまで西洋人のみたアジアのマーケットを意識した
映画です。いやアジアのようで実は世界を意識したハリウッド映画かな。

 今までは誤解がある日本を描くことがあったのですがそこまでひどい誤解は
無いと思います。おかしいところはありますが。

 汽車の形がいい加減。日本の兵隊さんは行進するイメージあるのに、車で来る。
民間人を避難させるためにトラックに載せるなんて・・・・。
京都の町はもっと整然としているのに、あのセットは雑然としている。人々に品がない。
歩き方ももっと落ち着いている。鴨川が出てこない、大文字がない、別に無理に
京都を意識していないかも知れないが、その空気が伝わらない。あのかき氷は無いだろう。
言い出せばきりかがない。
やってるかなと心配したとおり、スポ根ものであっという間に鍛える
のと同じように芸者になるシーン、芸者になる重みがまったく無い。

 それで肝心のお話はといえば、はっきり言って情が伝わらない映画になって
しまっている。それはそこまでの演出が出来ていないからだと思います。
結構いい感じがするのですが、女と女の争いの面白さ、思いを寄せる人への
愛情などが伝わってこない。 まあ昔なら東映の文芸路線あたりで映画化すれば
それなりに見られるものが出来た気がするのですが。
どこかまだエキゾチックという言葉に惑わされた演出で、きっとそれがお客を呼ぶ
ことが出来るところに結びつくのでしょう。
 
でもいいところもあって、感心したのは相撲の試合のシーン。初めて本物の
相撲が映画に登場したと感じた。今まで相撲レスラーは超勘違いの格闘技として
描かれていたから、これは面白かった。なんと舞の海がお相撲さんの役で出ていました。
他にも見所として桃井かおりもよかった。あの憎たらしい英語の台詞がなんとも
存在感を出していた。助演女優賞無理かな。
工藤夕貴もいいですね。パンプキンはないだろうというかわいそうな名前だが、
落ちてく芸者というのを熱演していた。戦後の彼女の姿もまた存在感があった。
ミシェル・ヨーもまたあんなお姉さんいるかも知れないという3人のなかでは
一番日本人らしかった。少々低いハスキーな声も印象的です。
 
 役所工司は出番少なくいいとこなし。
マコさんもあの役似合っているが、あまりにいつもどおりでもう少し脇を締める役
をやってほしかったな。

 結局は西洋人のみたファンタジーに日本人は付き合ったという感じ。
それはそれでよしとしておきましょうか。

〔送料無料キャンペーン中〕「SAYURI」オリジナル・サウンドトラック-CD-
〔送料無料キャンペーン中〕「SAYURI」オリジナル・サウンドトラック-CD-
2,400 円

SAYURI/ビジュアル本Memories of a Geisha A Portrait of the Film
SAYURI/ビジュアル本Memories of a Geisha A Portrait of the Film
4,180 円

|

« ザスーラ | Main | チーム・アメリカ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference SAYURI:

» ★「SAYURI」 [ひらりん的映画ブログ]
公開初日のナイトショウで観てきました。 時間の関係で2スクリーンやってるうちの小さいほうのスクリーンで見ることに。 あんまり混んでなかったよ。 チャン・ツィイー主演なのに・・・ねっ。 [Read More]

Tracked on December 18, 2005 03:26 AM

» ジャンル別の映画情報! [フィルムナビ〔film-navi〕]
映画雑談様、SAYURIのトラックバックありがとうございました。フィルムナビでは、さまざまな映画のクチコミ情報を集めています。映画の感想などをブログに書かれた時には、ぜひまたトラックバックして下さい。お待ちしております!... [Read More]

Tracked on January 06, 2006 01:46 PM

« ザスーラ | Main | チーム・アメリカ »