« ゆうばりファンタ上映作品決定! | Main | 小早川伸木の恋 »

January 15, 2006

キングコング

お正月映画最大の話題作になり損ねた「キングコング」ですが、
この作品、めちゃくちゃよかった。面白かった、そして長かった。

 3時間8分で作っていますが、最初の1時間はいらない。
スカルアイランドに到着するところから始まっても充分お話はわかるし、
いきなりキングコングが出てきてくれたほうが楽しいと思うのだが。

 これは33年度版、最初の作品を見ればわかるのだが、1時間40分の
お話の隙間を丁寧に埋めているからこのようになる。
 当時のニューヨークの風景とそこに暮らす人々の生活、女優というよりは
踊り子の娘が万引きにいたる理由や、映画プロデューサーの野望などを
こと細かく丁寧に表現しつないでいっている。それがうまくストーリーに
活かせているかどうかは疑問で、その点が長く長く感じてしまう。
はっきりいって誰でも知っているお話だからこのあたりはどうでもいい。

それで、キングコングが出ると堰をきったようにあふれ出る怪獣バトル。
これがめちゃめちゃ楽しかった。
ブロントサウルスの大暴走から始まりVレックスとキングコングの対決(これ
が結構長くてそのカメラワークが凄い!)、気持ち悪いムシのオンパレード。
首チョンパのヒルもどきやでっかいムシ。もうご馳走様、おなかいっぱい
というぐらい次から次へと怪獣と人間の戦いが出てくる。
そして、スカルアイランドの最後の対決は人間対コング。捕獲がうまくいかず、
どのように決着がつくのか見えない展開がうまい。

ただココまで旧作で描かれなかったシーンを描いておきながら、コングの輸送シーンは
描かれなかったのは残念。

ニューヨークでの大暴れシーンはみのもだが、途中のスケートシーンはよかった。
ラストの朝焼けシーンはスカルアイランドの夕焼けシーンと重なり、コングの孤独
さを感じると同時に、美しいと感じる心を持つ生き物であることをあらわしている。

どこまでもどこまでも、はらはら、ドキドキさせるシーンを組み込んで
エンパイアステートビルから落下するコング。

ここまで面白く見せてくれたピーター・ジャクソンに拍手を贈りたい。


キングコング レプリカ :1933ストップモーション アーマチュア【2006年9月発売】
キングコング レプリカ :1933ストップモーション アーマチュア【2006年9月発売】

キングコング 2005年版 V-REX 塗装済み完成品フィギュア
キングコング 2005年版 V-REX 塗装済み完成品フィギュア

KONG キングコング/ 2005年版 コング PVCフィギュア
KONG キングコング/ 2005年版 コング PVCフィギュア

|

« ゆうばりファンタ上映作品決定! | Main | 小早川伸木の恋 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference キングコング:

« ゆうばりファンタ上映作品決定! | Main | 小早川伸木の恋 »