« 男たちの大和YAMATO | Main | フライト・プラン »

February 09, 2006

「ゴジラ」作曲、伊福部昭氏死去

とうとうこの日がやってきました。

東京国際映画祭の「ゴジラVSキングギドラ」の時に
トイレですれ違ったのを覚えています。

過去のギドラのイメージとドラッコのイメージを
あわせるために従来のギドラのテーマの
音の高さを変えて作曲したというお話を
されていました。

ご冥福をお祈りします。

以下朝日新聞のサイトより転載---------------------

「ゴジラ」作曲、東京音大元学長の伊福部昭さん死去
2006年02月09日01時48分


日本の音楽について語る伊福部昭さん=東京・世田谷の自宅で

 土俗的なエネルギーに満ちた作風を持ち味にし、映画「ゴジラ」の音楽で有名な作曲家で、文化功労者、東京音楽大元学長の伊福部昭(いふくべ・あきら)さんが8日、東京都目黒区の病院で死去した。91歳だった。

 北海道釧路市生まれ。旧制中学から独学で作曲を始め、北大農学部在学中に作った「日本狂詩曲」が35年、パリで開かれた作曲コンクールで1位になるなど、若くして国際的な注目を集めた。

 幼いころからアイヌの歌や踊りに触れ、卒業後は北海道の林務官などを務めながら、リズムが躍動し土俗的なエネルギーに満ちた作風を確立。「土俗的三連画」「交響譚詩」などのオーケストラ曲、少数民族に題材を求めた声楽曲「ギリヤーク族の古き吟誦歌」などの力作を生み出した。

 戦後、東京音楽学校(現東京芸大音楽学部)や東京音楽大学で教え、芥川也寸志、黛敏郎、松村禎三ら多くの優秀な作曲家を育てた。

 その一方で、「ビルマの竪琴」「釈迦」など300本を超す映画音楽を手掛け、映画音楽の名手とうたわれた。

 特に、円谷英二特技監督の東宝映画「ゴジラ」(54年)をはじめ、30本以上の怪獣映画の音楽を担当したことで、クラシックファンを超えた知名度があった。晩年は再評価が進み、多くの演奏とCD化が行われた。

|

« 男たちの大和YAMATO | Main | フライト・プラン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「ゴジラ」作曲、伊福部昭氏死去:

« 男たちの大和YAMATO | Main | フライト・プラン »