« February 2006 | Main | April 2006 »

March 2006

March 30, 2006

輪舞曲 最終回

 最悪! 鳴り物入りで放送が始まったが、むちゃくちゃ。
ジュウ姫最初は出ても意味無いじゃんと思っていたら
急に話に絡んできて、それが・・・・そんなことないだろ!
プログラマーだって! そんあシーンひとつも無かったじゃん。
意外な展開とえば聞こえがいいが思いつきでしかないのでは。

銃で竹野内とやりあうところはすごくぶっ飛んだ展開を期待するも
まったく続かない。

ラストの時制つまり時間の経過をまったく無視した展開はあきれる。

視聴者を馬鹿にするなよ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

小早川伸木の恋 最終回

最悪! バカなドラマだ、あれ何!
だいたい夫が浮気したら離婚するということでもめるのに、
離婚させないとがんばる妻はなんだ、
あれは理解不能。

ラストの幸せそうな家族の絵がどうしてかけるのか
製作者の出演者を含め信じられない。

あんたらわかってやってるの。

何が伝えたっかの?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 27, 2006

SPL 狼よ静かに死ね

素敵な映画だった。何が、いまだに香港でこのような女人禁制の男たちの
だけのハードなアクション映画製作されていたことに感動した。
多分私が知らないだけだろうが、香港映画ではずればかりが目立つ昨今では
貴重な一品。そして見て損はない作品。まあ名作とは言わないが、すごく
楽しめる香港映画には違いない。

 暗黒界のボスをなんとか逮捕したい警察、その捜査にあたる刑事4人。
有力な証人を殺害され少女がひとり生き残る。4人の刑事は彼女の世話を
している。ボスが殺人の現場にいたビデオを入手するが編集で彼を殺人犯
に仕立てる。これが死闘の始まりとなる。

 何が正義かわからなくなる。刑事もまた手を汚すのだ。そこには悪を
捕らえるためには仕方がないという理屈はわかるが、本当にそんなことまで
していいのか・・・・? ダメでしょ、やっぱり。

しかし一旦ついた炎は燃え上がりお互いの悲劇を生むことになる。

暗黒界のボスはサモ・ハン。これがいい。かっこいいが、あの体は健在で
またその切れのいいアクションが見られる。これが素晴らしい。ラストの
死闘は言うことなし。
ドニー・イェン、サイモン・ヤムのアクションも素晴らしい。彼らが
それぞれサモ・ハンと戦うが、ジェットという刺客もいてこいつが
なかなか強い!

いやー久々に堪能しました。ところでいやな話を耳にしました。
あの「男たちの挽歌」を韓国でリメイクしているとか! やめろ!やめてくれ!
そんなのみたくない。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

March 23, 2006

田園ロマン 乳搾り

WOWOWでみたピンク映画のR指定版。Hなシーンのボカシが多くて
動きが少なくなっているだけ。

 タイトルがいいから前からちょっと見たいなと思っていた。

 ある酪農家のお話。朝になるとボケる義父、かわいがっていた牛の
乳を搾るために牛小屋に行く。そこには嫁が裸になって四つんばいになり
牛の代わり乳絞りをされるために待っている。
 実は息子が父親の大切にしていた牛を売ろうとして事故にあい、牛も息子も
死んでしまう。落胆した父親がだんだんボケ始めた。嫁はそのまま残って
酪農を手伝っているのだが、嫁と義父との間にお互いを思う気持ちが生まれ
越えてはいけない一線でお互いが悩む。
 過疎や痴呆症、老人の性の問題などをピンク映画のロジックで描いていく。
それがおかしいし、また奇妙にも見える。しかし、ラストに用意されている
別れは非常に哀愁のただようものだった。
 傑作とまでは言わないが、適当に作られているくだらないドラマよりは
見ごたえが有る作品だと思った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 22, 2006

アンフェア

フジテレビのドラマ「アンフェア」、3ヶ月楽しませてもらいました。

犯人探しが非常に困難な展開は誰が犯人か徹底的に隠したことがうまく
働いた結果。
どうやら脚本を渡された段階では誰が犯人かわかっていない。
役者も聞かされていないので、途中の演技が犯人じみていない。
これが結構混乱をまねき誰が犯人か、犯人探しを楽しくさせて
くれたものと思われる。

蓮見は途中で犯人にひとりというのはわかったが
黒幕が誰かまでは読めなかった。

まあ順当なところか。

これから楽しむ人のためにも犯人はかかないが、
結構面白い展開ではあるがしかし、順当過ぎるような
印象もあり。もっと大きくひっくり返すかなと期待したのだが。

しかし最終回ですべてのなぞが明かされた気がしないのは私だけ?
各犯人をコマのように動かすのは非常に難しいと思うし、
細かいつじつま合うのかな。
彼も知らなかった事実があるようだし、それがこんなにうまく
目的を達成させることが出来るのか? と思いました。

ラストに雪平の目に映ったものは・・・・・・何?
もしかして「アンフェアなのは誰か?」という栞?ではなかったのだろうか。


推理小説
推理小説

| | Comments (1) | TrackBack (0)

March 21, 2006

団地妻 不倫でラブラブ

近所のつぶれたビデオのレンタルショップの前をたまたま通った。普段は
通らない道なのだがこの日はなぜかこの道を選んだ。「中古ビデオ100円」と
の張り紙。無人の店内で賽銭箱のようなBOXとビデオが100本ほど並んでいた。
掘り出し物はないかと覗いた。アダルト物ばかりでその中に1本目についたのが
これだった。

 「団地妻 不倫でラブラブ」監督サトウトシキ 脚本小林政広 
主演横浜ゆき、林由美香! これが100円とは安い!と早速買って帰った。

 有るマンション、いやこの場合団地、隣同士の奥さんが二人で家出をする。
残された夫二人は妻がいなければ何も出来ない。男二人は何もできずに
体を重ねる。片一方のだんなの思いをかなえさせてやるための妻の策略?
でも二人もまた温泉旅館で楽しみ体を重ねる。地元の若いカップルとであった
二人は自分たちの夫との冷えた関係を見直し、夫の元へ帰っていく。

 お話はこれだけだが、非常に丁寧にそれぞれのキャラクターのこころの
内を描いており少々奇妙に見える関係もなんとなく許してしまう世界が
広がっている。

 温泉から帰ってきた妻二人が朝の出勤前の夫二人と再会するシーン、
ありきたりなスローモーションだが、なんともいえない印象を残す。
夫婦再生の瞬間を非常にオーソドックスな手法で見せており、こういう
ところは今ではピンク映画でしか見られないとうのは言いすぎか。
画面が暗く見づらいシーンが多い。室内や夜のシーンが多いため、ピンク映画
としての画質の悪いところかと思っていたらラスト、朝日の中で夫婦の絆を確かめ
あうシーンが出てきた。このシーンのまぶしく美しいこと。

 ところでピンク映画ではよくあることだが、「~不倫でラブラブ」とあるがこの奥さんは
不倫していないと思うのですが・・・・。タイトルと内容が一致しない!

 昨年からごひいきの林由美香嬢の作品であることにも満足したが、映画そのもの
にも大満足、これが100円で見れ自分のコレクションとなったことも大変うれしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 15, 2006

映画検定

こんあ検定が出来ました。
面白そうじゃないですか。
カルトクイズではないよね。
受けてみない?

私はこのブログネタのためにも受けてみます。
目指せ1級!
-----------------------------------以下キネ旬のサイトより
「映画検定」実施日程が決定!

映画を知って、もっと映画を楽しもう!

100年以上の歴史を持つ映画は、娯楽面のみならず、文化面でも多くの方々から、学ぶ対象として存在してきました。「映画検定」は、映画を学ぶことによって、映画の世界を広げ、映画のある生活を豊かにしていただきたいという思いから、企画されたものです。
「映画検定」をきっかけに、映画を学び、過去の名画・旧作と出会う機会が増え、周囲の人達に映画の楽しさ、面白さを伝えられるような方々が増えることを願っています。

--------------------------------------------------------------------------------

■試験日程
2006年6月25日(日)
開場 開始 終了
4級 10:00 10:30 11:15
3級 12:30 13:00 13:45
2級 14:30 15:00 15:45

■試験会場
札幌地区
東京地区
名古屋地区
関西地区
福岡地区 
         以上5都市での開催を予定
■受付方法
3月下旬より書店にて願書を無料で配布、また4月下旬号よりキネマ旬報にも「申込書」を添付しております。願書、またはキネマ旬報についている「払込取扱票(申込書)」にご記入の上、お近くの郵便局にて検定料を払い込んで下さい。追ってこちらから受験票をお送りいたします。
■願書受付締切
2006年5月19日(金)16:00
※払込締切日を過ぎた場合には受付しかねますのでご注意下さい。
■検定内容
4級、3級、2級 マークシート方式(45分)
※今回は1級試験は行いません
■検定料(消費税込)
4級、3級 4,000円
2級   4,500円
■受験資格
学歴・年齢・性別・国籍等の制限なし(但し、1級受験は2級合格者に限る)
■併願
4級、3級、2級の併願が可能
■各級の基準
・映画検定4級 ~ 映画の歴史・作品などについて基礎的な知識レベルを持っている
            (1990年以降の映画を中心に出題)
・映画検定3級 ~ 映画の歴史・作品などについて基礎的な知識レベルを持っている
・映画検定2級 ~ 映画の歴史・作品などについてやや高度な知識レベルを持っている
・映画検定1級 ~ 映画の歴史・作品などについて高度な知識レベルを持っており、
             映画の魅力を自分の言葉で語ることができる
■この件についてのお問い合わせ
映画検定事務局   TEL: 03-6439-6504
             月曜日~金曜日(祝祭日を除く)10:00~17:00


USJ-トップページ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 12, 2006

機動戦士Zガンダム 星の鼓動は愛

「機動戦士Zガンダム 星の鼓動は愛」 で引き続いて気になった点をいうと、

はっきり言って三つどもえの話が分からない。エウーゴ、ティターンズ、ジオン残党という
図式が理解しがたい。前作の「恋人たち」に比べて、後半の戦闘シーンと政治、裏切りの
お話で、頭がついて行かなかった。これはテレビ放送時も同じ。

キャラひとりひとり面白いね。

レコワさんって、あんなひといるよね。男が注目してくれないと生きている感じがしないのかな。
でもあくまで男の描いた女って感じ。

サラの声変ってしまったみたい。彼女もまたシロッコのような男がいないとダメみたいで、
可愛いがその一途さは男にはうっとうしくなり、上手く利用するにはちょうど良いかも。

シロッコは好きなキャラです。冷たく一歩引いてこの出来事を見ている。時々手を出して
状況を自分のほうへ導く。それをおもしろがっている。悪に満ちているがそこがかっこいい。

ジェリドは馬鹿キャラ。熱いだけでなんも考えていない。いのししタイプかな。質の悪いやつです。

ヤザン、最後残りましたね。ハンブラビのコックピット残って漂流、テレビではZZにでていました。
ZZの映画化があれば出て来るのでしょうね。

クワトロ、シャアの仮の名前。ずっと主役だったような気がしたが、気がつけば百式が落ちて
カミーユが主役になって幕引きをしていました。どこへ行ったのかそれは「逆襲のシャア」へ
続くということでいいのでしょうか。つながっているか再見したい。


最後に大団円ということで
アムロ、ミライ、キッカ、レツ、カイ、そしてセイラさんまでが出てきた。
この顔見せはなんとも嬉しい幕引きで、同時にあれほどの戦闘があっても地球から見れば
星の瞬きのようにしか見えない事を伝えている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

機動戦士Zガンダム 星の鼓動は愛

昨年から続いた3部作の「機動戦士Zガンダム」ですが、いよいよ
完結編として「星の鼓動は愛」が公開されました。

 見終わって一言、これで良いのか!富野さん、という感じでした。

ネタバレで行きますのでご了承下さい。

 ラスト、カミーユ・ビダンが人々の哀しみを背負って戦いを終結させ、
その心はズダズタになります。シロッコとの一騎打ちで、シロッコにより
カミーユの心も失ってしまうと言うのがテレビのラストでした。
正気を失ったカミーユがZガンダムのコックピットに残って、戦闘の光を
彗星の光と間違って眺めている、そういったなんとも悲しいラストでした。

しかし、新訳版ではまともに生きています。哀しみを魂となった人々を味方に
今の戦いのなかで許すことの出来ない、悪の存在シロッコとの対決、それに勝ち
生きていることを喜ぶカミーユ、Zガンダムを飛び出しファと宇宙空間で抱き合う。
このシーンのすごくHなことったらない。非常にセクシーでSEXの体位ではないかと
思うようなシーンである。

この違いはなにを表しているのか。それは、生きている事への喜びを全身で表し、
希望の有る物語を我々に見せてくれているのだ。富野監督の思いがこの20年で
かなり変ってしまったということではないか。

実は観賞後にキネ旬の特集を読んで、次の世代へ託していく希望の物語にしたかった
とのことで、納得してしまった。

これで良いのかという疑問は無くなった訳ではないが、変えるにはそれなりに理由が
あったと言うことである。

相変わらずフィルムはテレビ放映時のものを使い、粒子が粗いシーンが多く
新作部分との差が激しいのだが、この手法にもひとつの回答がなされていた。

「このシーンを使いたい」という言葉である。

アニメだから書き直せば良いじゃないかと思っていたが、制作側にとっては、もう既にある
フィルムであって、そのシーンひとつひとつを再編集足りない部分を追加しているということ
なのだ。この考えにはまいった。アニメをそんな風には見ていなかった。

賛否はあると思うが、この作品はそんな思いで作られた他のアニメにはない血の通った
作品のひとつであると感じた。


MS IN ACTION!! 百式&メガ・バズーカ・ランチャー 機動戦士Zガンダム 完成品 バンダイ
MS IN ACTION!! 百式&メガ・バズーカ・ランチャー 機動戦士Zガンダム 完成品 バンダイ



ガンダム特集開催中

機動戦士Zガンダム 百式百百Tシャツ/GOLD-L(取り寄せ)
機動戦士Zガンダム 百式百百Tシャツ/GOLD-L(取り寄せ)

a href="http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/0127bd4d.3636e161/?url=http://item.rakuten.co.jp/amiami/cos-0163qbl/" target="_blank">機動戦士Zガンダム キュベレイ飛行形態Tシャツ/BLACK-L(取り寄せ)
機動戦士Zガンダム キュベレイ飛行形態Tシャツ/BLACK-L(取り寄せ)

★NEW★【コスパ】ガンダム/アナハイムジャージ/GRAY-M(衣類)'06年5月発売
★NEW★【コスパ】ガンダム/アナハイムジャージ/GRAY-M(衣類)'06年5月発売

ガンダム特集開催中


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 06, 2006

速報 アカデミー賞

今、アカデミー賞を終わりました。
(LAコダックシアター日本時間10時から13時30分WOWOWにて放送)

作品賞はなんと「クラッシュ」!!!!

「ブローバック・マウンテン」は監督賞と脚色賞に終わりました。
これは「クラッシュ」で描かれている人種問題、隣の人への不信感が
悲しみの連鎖を生んでいることに対するアメリカ自身の反応ではないでしょうか。
「ミュンヘン」も同様の問題を描いているのですが、テロではなくもっと
身近な生活の中での起きることが「クラッシュ」では描かれていたので、
まあ選ばれて当然といえるかも知れません。
「クラッシュ」は他に編集賞と脚本賞を受賞しました。

ちなみに編集賞のプレゼンターはチャン・ツィイーで堂々の姿でした。
背は高いのですが、胸がないのがアジアらしい?

その他は長編アニメーションでは「ハウルの動く城」はやはり逃して
「ウォレス&グルミット 野菜畑で大ピンチ」が受賞。広島アニメーションフィルム
フェスティバルで見て以来のファンでうれしいです。

「SAYURI」が衣装デザイン、美術、撮影賞を受賞。見せるという部分で評価
されたようですが日本人としてはあんな日本を見せてられて受賞するのは
ちょっと複雑。イメージがあんなもんで、アメリカ人が好きな日本の姿と
言うことでしょうか。

「キングコング」は録音、音響編集、視聴覚効果賞などで見せる部分よりは
聞かせる部分で受賞。見せる部分は「SAYURI」にもっていかれたというこ
とでしょうか。

名誉賞はロバート・アルトマン。「MASH」がまた見たくなりました。そういえば
「クラッシュ」はロバート・アルトマンの群像劇のスタイルをとっています。
そういう年だったということでしょうか。

短編アニメーションのプレゼンターにチキンリトルが登場。受賞者読み上げで
音声がテレビに流れていないハプニングもありました。

主題歌賞でラップ音楽が受賞するなど、社会派映画が揃って地味なイメージの
があった今回の授賞式でしたが、あけてみると結構サプライズなところもあり
楽しめました。
だから、アカデミー賞の生放送を見るのはやめられないのです。
 

| | Comments (0) | TrackBack (6)

March 05, 2006

サイレン

こういう映画がヒットする意味がもうひとつわからない。
ゲームが元になったホラー映画とのことで、堤幸彦監督作品となればもしかすると
以外にいけるかもとちょっと期待したのだが、まあダメでした。

 実はオープニングの「トリック2」の予告が笑わせてくれます。
ばーんと公開!と山田と上田のコンビが出てくる。意外なところで
笑わせてくれるのがいいが、さて本編にはいると・・・・・。

 雰囲気は「トリック」のコミカルな山田&上田がいないだけのお話。
どこかの島で奇妙な多国籍な人々の変な奴らがいて、いつもなら
ここで笑わせてくれるのが、それが無いから笑えない。
で、主人公の少女の弟が行方不明に。サイレンの怪談話のようなものがあって
やがてゾンビ映画に・・・・・と思っていたら意外な結末が・・・・・っていうのが
ちっとも面白くない。

 ドラマがないのと余計なサイドストーリーがないので87分とコンパクトサイズに
収まったといえます。

 なぜかそこそこのヒットしているようですが、短く回転がいいのが原因では
ないでしょうか。 

 見ても見なくてもどちらでもいい映画です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 03, 2006

ミュンヘン

実のところ政治的かつ思想的、宗教的な背景はよくわかっていない。
しかしながら復讐はむなしいだけ、ということを延々と約3時間に
わたって語る映画であることはわかった。
それ以上でもそれ以下でもない。

スピルバーグらしからぬ残酷描写があるように思えるが、前作の「宇宙戦争」
でも「プライベート・ライアン」でも黒いスピルバーグは見られたのだから
まあこの程度はありか。

 テロリストを描いているとい点では多分、きっちりと描いているのだと
思うのだが、それが果たして面白いかどうかというと劇的な、映画的な展開が
ないから少々みていてつらいと思った。

 どこまでもドキュメントに近づけたように見せていた。そこがこの映画の
面白いところであり同時に面白さを欠いているところでもある。

 妙におかしいのはミュンヘン五輪立て篭もり事件のドキュメントタッチのシーンと
主人公のSEXシーンがカットバックになるところ。あれ、変じゃないですか。
トラウマとなっているようにも思うが、意味していることがわからなかった。

 ラストのツインタワーを見せるのは誰にもそのメッセージが伝わるように思うが
そこまで3時間かけることはないように思う。

 なんの解決も無い映画。それは見ている者への問いかけで妙に重苦しい気持ちで
劇場を出ることになる。

 ウルトラマンマックスの「第三番惑星の奇跡」では、戦いではなにも解決しない
ことを約30分の番組でいいきっていた。それどころか音楽により互いの心を
通じさせることを説いていた。この素晴らしさ。音楽によるお互いの理解といえば
スピルバーグの「未知との遭遇」が思い起こされる。彼にはこういった映画もまた
作ってバランスをとってほしい。

ミュンヘン
ミュンヘン

ミュンヘン
ミュンヘン


〔送料無料キャンペーン中〕宇宙戦争-DVD-
〔送料無料キャンペーン中〕宇宙戦争-DVD-

| | Comments (0) | TrackBack (3)

March 01, 2006

最終兵器彼女

東映アニメショーンのロゴマークが出て、ああそうかと思った。
「デビルマン」と同じだ。
東映にはこの映画をヒットさせる力が無いのだ。映画の出来はそこそこ。
決していい出来ではないが、ココまでひどいことにはならないはず。

ターゲットであるはずの中学高校生、大学生も含めれば試験の季節にこんな
映画を上映しても来るはず無い。でもきっと春休みやGWを押さえることが
出来ないのだ。冬休みも「男たちの大和」に全力投球しているから。
そういう点では不幸な映画だ。

この映画は東京ファンタでも上映された。しかしいいうわさが聞こえて
こなかったのも納得。 だから余計に不幸な結果に終わったといえよう。

でも私は好きです。この映画というより「最終兵器彼女」、略して「サイカノ」は
高校時代を思い出させてくれる、なんともいとおしくなるお話です。

テレビシリーズではじめって知って、映画を見て、今原作を読んでいます。
このルートは通常とは少し違っているとは思いますが、仕方ありません。
こういう「サイカノ」とはそういう接し方をしてきたのですから。

 ちせとシュウは付き合い始めたばかりの高校生。ある日札幌が何者かに
空襲される。現場に居合わせたシュウ。そこには兵器となったちせがいた。
ちせは日本の国土防衛の最終兵器として開発、改造されていた。それでも
ふたりは普通の高校生のように付き合おうとする。

 どうですいいお話でしょ。   どこがやねん! と言われそうですが
原作かテレビシリーズを見てもらえばわかります。あのなんともかわいらしい
ちせの少々間のぬけたところと二人の付き合い方。後半シュウはかなりHな
ことを求めるようになっていきますが、若い二人にとっては仕方のない
ことでしょう。

それと最終兵器であることの妙なアンバランスさ、そして最後にはちせの意識までも
無くなっていくところはすごいです。

映画の失敗はそこが描けていなかったこと。若い二人の付き合っていこうと
すること。恋をしていく姿。その葛藤みたいなもの。普通に自分の彼女が兵器
だったらいやだなって気持ちがもっと出ていてもいい。

それと戦闘シーンがもっと残酷にかつ美しく描けていたらよかった。
こんな少女がこんな残酷なことをするというのが。

CGで描く戦争のシーンはかなりがんばっているが、細かいカットが積み重ね
られてい無いので少々不満がのこる。かっこいいちせの戦闘シーンが
見ることが出来れば、場合によっては怒り狂うシーンもあってよかった。
そのメリハリが出ていればと思った。

札幌空襲シーンはつかみとしてはまあOKだが、そのシーンまで時間がかかるし
煙のなかから現れたちせを笑っていいのかどうか困ってしまった。
戦闘フォームが似合っていないのよね。役者がわるかった?と言ってしまえば
そこまで。でももっとやりようがあったと思う。だから惜しい。

コトブキヤ 「最終兵器彼女」 1/8 ちせ (PVC完成品)
コトブキヤ 「最終兵器彼女」 1/8 ちせ (PVC完成品)

〔送料無料キャンペーン中〕映画「最終兵器彼女」オリジナル・サウンドトラック-CD-
〔送料無料キャンペーン中〕映画「最終兵器彼女」オリジナル・サウンドトラック-CD-

最終兵器彼女-スペシャルヴァリューBOX-〈6枚組〉
最終兵器彼女-スペシャルヴァリューBOX-〈6枚組〉

メイキング・オブ『最終兵器彼女』
メイキング・オブ『最終兵器彼女』


| | Comments (0) | TrackBack (1)

« February 2006 | Main | April 2006 »