« 機動戦士Zガンダム 星の鼓動は愛 | Main | 映画検定 »

March 12, 2006

機動戦士Zガンダム 星の鼓動は愛

「機動戦士Zガンダム 星の鼓動は愛」 で引き続いて気になった点をいうと、

はっきり言って三つどもえの話が分からない。エウーゴ、ティターンズ、ジオン残党という
図式が理解しがたい。前作の「恋人たち」に比べて、後半の戦闘シーンと政治、裏切りの
お話で、頭がついて行かなかった。これはテレビ放送時も同じ。

キャラひとりひとり面白いね。

レコワさんって、あんなひといるよね。男が注目してくれないと生きている感じがしないのかな。
でもあくまで男の描いた女って感じ。

サラの声変ってしまったみたい。彼女もまたシロッコのような男がいないとダメみたいで、
可愛いがその一途さは男にはうっとうしくなり、上手く利用するにはちょうど良いかも。

シロッコは好きなキャラです。冷たく一歩引いてこの出来事を見ている。時々手を出して
状況を自分のほうへ導く。それをおもしろがっている。悪に満ちているがそこがかっこいい。

ジェリドは馬鹿キャラ。熱いだけでなんも考えていない。いのししタイプかな。質の悪いやつです。

ヤザン、最後残りましたね。ハンブラビのコックピット残って漂流、テレビではZZにでていました。
ZZの映画化があれば出て来るのでしょうね。

クワトロ、シャアの仮の名前。ずっと主役だったような気がしたが、気がつけば百式が落ちて
カミーユが主役になって幕引きをしていました。どこへ行ったのかそれは「逆襲のシャア」へ
続くということでいいのでしょうか。つながっているか再見したい。


最後に大団円ということで
アムロ、ミライ、キッカ、レツ、カイ、そしてセイラさんまでが出てきた。
この顔見せはなんとも嬉しい幕引きで、同時にあれほどの戦闘があっても地球から見れば
星の瞬きのようにしか見えない事を伝えている。

|

« 機動戦士Zガンダム 星の鼓動は愛 | Main | 映画検定 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 機動戦士Zガンダム 星の鼓動は愛:

« 機動戦士Zガンダム 星の鼓動は愛 | Main | 映画検定 »