« クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ! | Main | 第三番惑星の奇跡もうひとつのエンディング »

April 23, 2006

ブローバック・マウンテン


 アカデミー賞作品賞を獲り損ねたことで有名になった作品としてみなの記憶に
残りそうですね。「クラッシュ」が受賞したときにはうれしい半分、どうして
やっぱ同性愛ってだめかと思ったのですが、作品を見てだめな理由わかりました。
ダメです。この映画、こんな映画、アカデミー受賞しては。

 何がダメか、露骨過ぎます。カウボーイ二人が最初体を許しあうシーンが
唐突に出てきます。こんなの見たくないです。

 もっと精神的なお話かと思っていたのですが、そうではありませんでした。
「冒険者たち」のような、「ベニスに死す」のようなそんな世界でとめておいて
ほしいのです。

 過去に同性愛の映画を見ていますが、こんな表に出てきた作品はありません。
出てくるなとは言いません、そういう世界があるのは認めるが、しかしここまで
こんな明るいところに出てきてほしくない。

 風絵がよかったり、その後の二人の生活がだんだん壊れていく姿、そして
ラストの愛情の深さを表すシャツのシーンなど、いいところも多いのですが、
唐突な二人の愛の始まりは理解が出来ず、これがなければ話が進まないかのように
いきなりでその露骨さが私には受け入れることが出来ませんでした。


|

« クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ! | Main | 第三番惑星の奇跡もうひとつのエンディング »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブローバック・マウンテン:

« クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ! | Main | 第三番惑星の奇跡もうひとつのエンディング »