« April 2006 | Main | June 2006 »

May 2006

May 30, 2006

日本沈没

「日本沈没」の日本縦断試写会に行ってきました。
東京、大阪、名古屋、福岡、札幌を光ファイバーでつないで、東京武道館の
舞台挨拶が見られるというもの。合計15200名の試写会になった。

 オープニングはミニコンサート、SumMinと久保田利伸が登場し挿入歌を
披露。
 舞台挨拶は主演の草なぎ剛、柴咲コウ、及川光博、福田麻由子、國村準、
豊川悦司、大地真央、樋口真嗣が登場。
 最初に挨拶をしたのが草なぎ剛。普段のテレビで見る彼とは違って、かなり興奮
状態で喋りまくっていた。DVD特典用とか。 こんな大きな舞台で挨拶できることは
一生に一度しかない、DVDでも見れるがぜひとも劇場で体験してほしい、最後に
「ボクもう沈没しそうです」と会場をにぎわせていた。
 柴咲コウの挨拶にも後ろから応援するというはしゃぎぶり。
 樋口監督は各地区の皆さん沈めてしまってゴメンナサイ、と挨拶、そして会場に
来ていた小松左京氏に感謝を述べた。

 誰かのために生きること、出来ることを考える、感じる映画になっていますと、
最後に草なぎ剛がコメントして挨拶を締めた。

 映画の公開は7月15日(土)より東宝系にて大公開!!

映画の感想はそのときにご披露します。お楽しみに!

旧作をみて予習はいかが。私の大好きな名作です。
DVD 日本沈没 <送料無料>
DVD 日本沈没 <送料無料>

| | Comments (0) | TrackBack (4)

May 26, 2006

我輩は主婦である

昼メロには手を出すまいと思っていたがクドカン脚本のときいて
「我輩は主婦である」を見てしまった。

5月22日スタート、月から金曜日TBS13時からの30分。
斉藤由紀にミッチーの夫婦、竹下景子のおばあちゃんという役者の妙に、
なぜか突然始まるのミュージカルシーン、
何じゃコレは!連続で第一話を
見たら続きが見くなった。

夫は夢をあきらめられずに一旦仕事をやめるが、
再就職は出来ずに仕方なく母親のコネで郵便屋さんに。

ふたりの子どももなにやらいろいろありそう。

第4話の清水圭にはわらった。

さて、夏目漱石の霊に取り付かれるこの奥さん、
どう展開するのか、
期待しましょう。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

ピンクパンサー

リメイクの嵐の中なんでもありになっていると感じているのは私だけでは
無いはず。こんなのまでリメイクするの?って感じだが、もともとシリーズ
として製作されてきた延長線と考えると、これも「あり」かもしれない。
新作の「ピンクパンサー」はそんな映画でした。

 映画を見はじめた中学生の頃に見たのが「ピンクパンサー3」「同4」で詳しい
内容はもう覚えていないが、映画館で笑える映画として好きだった。

 ナンセンスなギャグで下品でないところがいい。ピーター・セラーズが
紳士で、そのはずし具合が好きだった。

 「ピンクの豹」「暗闇でドッキリ」「ピンクパンサー2」とテレビで
まとめてみているが、あのころはリバイバルも含めてドル箱シリーズだったのは確か。
 でもこの手の「喜劇」というのは姿を消してしまったいま、成立しにくいよね。
今回スティーブ・マーティンがクルーゾー警部をやっているが、コレはコレであり
かも知れないが、しかし、だからといって次も見たいという感じではなかった。
 
 やはりピーター・セラーズという人がクルーゾー警部というキャラを作り出し
そこで生きていた。それが「チャンス」を最後にピーター・セラーズは亡くなり、
クルーゾーも死んだのだ。残念だがそう思って封印していただきたい。ジェームス・
ボンドやジャック・ライアンとは違うのだ。

 仕事を選ばないジャン・レノはケイトー役もかねていたがいまひとつ見せ場なし。

 ごろごろ転がる地球儀は映画の最後まで転がっていてほしかった。

PINKOTシャツ・フレンチスリーブ・ブラック
PINKOTシャツ・フレンチスリーブ・ブラック

ぬいぐるみ ブルーパジャマ おやすみピンクパンサー
ぬいぐるみ ブルーパジャマ おやすみピンクパンサー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 23, 2006

スタートレック・エンタープライズ

 スーパーチャンネルで「スタートレック・エンタープライズ 第4シーズン」が始まりました。
コレでスタトレシリーズは最後です。
「~ネクストジェネレーション(新スタートレック)」からの流れが一旦切れる
ことになります。
 「エンタープライズ」はまあ視聴率が取れなかったのでしょうね。飽きられたのかな。
でも第4シーズンの最初はすごいことになっています。 
 第3シーズンでアーチャー船長たちがタイムスリップした先が第2次世界大戦と
までははわかってましたが、そこはなんとドイツに支配
されたアメリカ、ニューヨークだった。
ホワイトハウスにカギ十字の旗がひらめくというなんともいえないシーンの連続。
圧巻なのはラストにはマンハッタン上空で
ドイツ空軍とエンタプライズ号のファイトシーンが見れるのです。

作り手の遊び心満載で楽しませてくれます。さてフィナーレはどのようになるのでしょうか。
期待しましょう。

EXモデル エンタープライズ NX01【TJセール対象商品】
EXモデル エンタープライズ NX01【TJセール対象商品】

バンダイ 【プラモデル】 1/850 U.S.S.エンタープライズ NCC-1701-A
バンダイ 【プラモデル】 1/850 U.S.S.エンタープライズ NCC-1701-A


| | Comments (0) | TrackBack (0)

風のファイター

朝鮮人の格闘家、大山倍達の半生を描いた映画でアクション映画として
期待するところがあったのだが、全くのはずれ。はっきり言って面白くない。
映画として面白くないのだ。

 汚いおっさんが山でこもって修行をして強くなる話。それが朝鮮から日本に
わたってきて差別を受けてと波乱万丈な人生のようだが、映画として、その
主人公を描くにあたって面白みが無いのである。こいつは一体何がしたいのか
わからないのだ。 そして弱い。 弱い姿を最初の1時間見せられるのは何の
映画を見にきたのかと期待が崩れ去ってしまった。後半も強いがぜんぜん
かっこよくないし。

 かっこいいといえば加藤雅也。非常に冷たい、日本人格闘家を演じていて、
私がイメージする加藤雅也になっていたのがうれしい。「アンフェア」「プリマダム」
とテレビドラマ連続出演中だが、軟弱な男の役も出来るよ! といったもの
を実践してくれている。それはそれで認めるが、やはりハードな役柄が彼には
似合うと思う。ちなみにアメリカ版「ゴジラ」の冒頭の小林丸の船員役は
ほんの一瞬で終わっておりそりゃ無いだろ!って思いました。

 次々と大山が対決する相手の中に姫路城の忍者というのがいた。なんでやねん!
と思いながらもコレには笑った。「007は二度死ぬ」のパロディか? そんな方向へ
展開していけば楽しめたのにね。

 なぜか「横山たかし・ひろし」の出ていたのには驚き!

 「力道山」は見ていないがどうもそれに触発されて製作されたのではないかという
「風のファイター」。日本で活躍して、有名になり、尊敬された朝鮮人偉人伝の映画
シリーズというのがあるかどうかは知らないが、その一本といえる作品。しかしそんな
物より映画として楽しめる作品にしてほしかったな。


風のファイター ~インターナショナル・バージョン~ ◆20%OFF!
風のファイター ~インターナショナル・バージョン~ ◆20%OFF!

風のファイター
風のファイター

虎殺し 大山倍達ZIPPO(ジッポライター)
虎殺し 大山倍達ZIPPO(ジッポライター)

我が父、チェ・ペダル
我が父、チェ・ペダル

アントニオ猪木/四角いジャングル 激突!格闘技
アントニオ猪木/四角いジャングル 激突!格闘技

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 20, 2006

広告です

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』/J.K.ローリング/作 松岡佑子/訳 ダン・シュレシンジャー/表紙画icon
iconicon

 [2位] 『特別企画ダ・ヴィンチ・コード全3冊セット』/ ダン・ブラウン/著 越前敏弥/訳
  ダ・ヴィンチが名画に隠した暗号とは一体何か?購入しやすく読みやすい文庫3冊セットをご用意しました。    

  『特別企画ダ・ヴィンチ・コード全3冊セット』icon
  iconicon

 [3位] 『Brokore magazine 5』
     5月24日発売予定。今回の表紙はペ・ヨンジュン。カン・ジファンとの愉快なひと時などを収録(予定)


『Brokore magazine 5』icon
iconicon

 ⇒最新の各種ランキングはこちら
 http://www.7andy.jp/all/rank

○注目の本

▼お待たせしました。若だんな登場です!
『うそうそ』/ 畠中恵
 「しゃばけ」シリーズ第5弾!5月31日発売予定。若だんな、初めての長旅! 誘拐事件に天狗の襲撃、謎の少女の出現と、
  箱根でのんびり湯治の予定が、思いも寄らぬ珍道中に......。

『うそうそ』/ 畠中恵icon
iconicon

○注目のCD

▼待望のアルバム、5月24日発売!
『A GIRL IN SUMMER』/ 松任谷由美
  NHK「探検ロマン世界遺産」テーマソング「あなたに届くように」、TBS系「夢で逢いましょう」
  主題歌「ついてゆくわ(別ヴァージョン)」他、`海`をテーマに制作した通算34枚目のアルバム。


『A GIRL IN SUMMER』/ 松任谷由美icon
iconicon


▼人気ドラマの原作コミックセット。
『特別企画 医龍 1〓11巻セット』
腐った組織にメスを!!ヒューマンメディカルドラマ。【フジ木曜22:00〓】坂口憲二/ドラマ化で話題のこちらを
セブンアンドワイ特別企画としてセットでお届け致します。
なおこちらの作品は現在続刊予定が有るものです「全巻完結」セットではありません※画像は1巻のものです。

『特別企画 医龍 1〓11巻セット』icon
iconicon

 ⇒メディア化原作セットフェアはこちら
 http://www.7andy.jp/books/fair/detail/-/fair_cd/comic100/crnr_cd/01

その他、バナー、検索ボックス、テキストリンク、商品リンク、ランキングリンクを豊富にご用意しておりますので、
ぜひお試しください。

▼「忙しい」が口癖になっていませんか?
『定時に帰る仕事術』 / ローラ・スタック/著 古川奈々子/訳
  タイトルを見て即購入。帯の文句は「人生>生活>仕事。仕事が好き。でも人生は仕事のためにあるわけじゃない・・・」
  読んでみるとなかなか読み応えがあります。よくあるような自己啓発本とは違って、スラスラ読み進めません。いちいち
  ファイルを作ったり、自己分析を行ったり。こうした「手間がかかる」本こそ、本当に役に立つ本だと思います。
  そうした作業に加えて、同僚・上司への"断り方"など、かなり実用的な内容。お勧めの一冊です。
『定時に帰る仕事術』 / ローラ・スタック/著 古川奈々子/訳icon
iconicon

| | Comments (0) | TrackBack (0)

LIMIT OF LOVE 海猿

不覚にも泣いちゃいましたね。海洋パニックの大御所「ポセイドン」が
後に控えている前に公開されましたが、似た設定のようですが、やはり成り立ち
が違っているため見え方が全く違って見えました。少々いびつなところもあると
感じましたが許します。 面白かったです。

 実は第1作は好きではなかったです。見るつもり無かったのですが、「シルミド」
を見るための時間調整で見たのが最初でした。「シルミド」に比べればなんとも
ゆるい海上保安官のお話で日本は平和だと感じたものです。映画としてもこれは
「愛と青春の旅立ち」のパクリだよねと感じていたのです。

 それでもパート2の予告のような終わり方がどうなんだろうと感じていたら
テレビドラマで帰ってきました。

 こちらはテレビドラマにしては非常にお金がかかっている、また他のテレビドラマ
とは違って重厚なつくりで毎週楽しみに見ました。ここでの仙崎の成長が開花する
のが映画「LIMIT OF LOVE 海猿」です。

 冒頭の飛行機の海難事故からカンナとの結婚話は結構あっさりすごして大型フェリー
の座礁事故現場へと展開する。
 通常ならこの船に乗るお客の顔ぶれや、船長などが描かれるがそういうシーンは
一切排除されている。
 救助も結構早くに行われ、取り残された仙崎たち4名の話へ絞られていく。
だからカンナがその船に乗っていたことによるドラマの展開を期待していたのだが
意外とすんなり逃げることが出来たカンナに少々拍子抜けするところもあるが、
それでは終わらなかった。海上保安官の妻になるということはどういうことか
ということを陸に上がったカンナが体験することになる、ココがこの映画のミソで
海洋パニック映画ではないところ。だから通信が途絶え、船内で見つけた携帯電話
で仙崎がカンナに電話するシーンはなんとも言えず感動する。
最後まであきらめない彼らの姿も素晴らしいが、先輩たちから習い学んだことをから
自分なりに成長し開花した仙崎の姿は素晴らしい。

 実のところ、この映画だけを見ても充分楽しめるとは思う、そういうつくりに
なってはいたが、ココまで時間をかけて物語を積み重ねて作り、非常にうまく
完結させた作品として、心を動かされる出来になっていた。

 「LIMIT OF LOVE 海猿」のエキストラ募集が大阪であった。なんと
人間ではなく車のエキストラ。船に乗せて一晩預かり、翌朝返すというもの。
船内駐車場のシーンに使われたようだが映画ではほんの一瞬だった。
残念ながら筆者の愛車は参加できなかったのですが。

| | Comments (1) | TrackBack (2)

May 15, 2006

今見ているドラマ

月曜日
「トップキャスター」
「ER11」(今期でエリザベス、カーターが退職! 
 最初のメンバーがいなくなっちゃう!!)

火曜日
「ブスの瞳に恋してる」
「ヤングスーパーマン」(クリストファーリーブがゲストの回あり。
 音楽にJ・ウィリアムスのあのテーマが!!)

水曜日
「FBI失踪者を追え」(一話完結で意外性があって面白い)
「LOST」(第一シーズン終了! セカンドは7月から)
「プリマダム」
「スタートレック・エンタープライズ」(最終シーズンスタート!
 架空の第二次世界大戦ってほとんど趣味の世界)

木曜日
「弁護士のくず」(21世紀の探偵物語を目指している?)
「医龍」

金曜日
「富豪刑事デラックス」(ミステリーが面白くなった。ただの大金持ちの
 道楽捜査じゃなくちゃんと謎解きあり。「ちょっとよろしいでしょうか」が流行語にならないかな)
「クロサギ」
「てるてるあした」(NHKの少年ドラマシリーズ的なファンタジー。不思議な謎のとファンタジーの人情物)

土曜日
「セイザーX」
「ウルトラマンメビウス」
「ギャルサー」
「マチベン」(NHK土曜ドラマは面白いです。スポンサーに媚びないつくリがいいね)

日曜日
「仮面ライダーカブト」
「おいしいプロポーズ」
「功名が辻」

全20本とはよくやる。

しかしどれも今後が楽しみなドラマです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 12, 2006

トム・ヤム・クン

最近お気に入りのタイ映画ですが、「トム・ヤム・クン」は「マッハ!」の
トニー・ジャー主演、海外進出作品となります。

 象と一緒に暮らすタイの田舎町、カームは子どものころから一緒に育ってきた
象が盗まれ、それを追ってオーストラリア、シドニーへやってくる。
マフィアの陰謀が裏にあり行く先々で困難が待けていた。

 ただそれだけで後はひたすら異種格闘技を見せられる。それはそれで嫌いじゃ
無いがあまりにもストーリーが無さ過ぎる。展開が弱いし、人情のようなもの
を感じさせる余裕がない。象さんが大切でオーストラリアくんだりまでやって
くるのだからもう少し情にうたれる話を組み込んだらと思うのだが、多分、
トニー・ジャーが演技が出来ないからだろうなと思った。

 さてしかし、この異種格闘技は見ものですよ。本当にすごい。面白い。
そして撮影の方法もすごい、4分間の長まわしファイトシーンは見事です。
このあたりは見ないとその面白さが伝わらないから、見てくださいとしか
言いようが無い。

さて、調べてもよくわからないから、記憶で書くが、確かこの映画は
リュック・ベッソンがプロデュースし、そして世界マーケットで
出すことが発表されていたはず。日本で撮影された「WASABI」と
同じように。だからタイで「トム・ヤム・クン」となんかその国の
特徴ある食べ物をタイトルにつけるシリーズでも作るのかと思っていた
のだが、いざ公開となったときリュック・ベッソンの名前はなくどうも
製作にはあまりかかわらなかった様子。それはそれでよかったかも。
だれか詳細わかる方教えてください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 05, 2006

小さき勇者たち ~ガメラ~

日本の怪獣映画の傑作がまたまた登場しました。
ここまで涙してみたのは「GMK大怪獣総攻撃」以来です。

 ガメラが子どもたちのもとに戻ってきました。
記念すべき第1作でもガメラは子どもを背中に乗せて飛行しており、
子どもを助けるシーンが出てきます。
 初期のシリーズはほとんど子どもが主役で、コミカルなところで落ちて
しまったのが残念なのですが、反面実は結構残酷なシーンもありその
妙なバランスが面白い作品でした。ゴジラの2番煎じがぬぐえず一旦
終了しますが、金子修介により甦ります。
 これが平成3部作、世紀末シリーズで、いかにしてガメラを現実世界で
存在させるかがテーマになっていたように思います。
これはこれで傑作でしたが、子どもが入る余地はなく、オタクに支持される
だけで終わってしました。

 さて、その続きが見れるのかと期待したのですが、最初から原点に
帰るような情報が聞こえてきて、少々不安な気持ちで待つこと約1年。
傑作として登場したのが「小さき勇者たち ガメラ」です。

 1973年伊勢でガメラとギャオスの戦いが繰り広げられます。
ギャオスの数が4匹(?)と多く平成ガメラ3のラストバトルの続き?
かと思わせる展開、しかし時代が違います。そうです別世界のお話です。
自爆してギャオスを殲滅、怪獣が人間を脅かす時代は終わりを告げます。
そして2006年交通事故で母親を亡くした少年トオルが伊勢の海岸で卵を見つけます。
赤い石と一緒に見つけた卵からカメが生まれます。不思議なことにこのカメ
空を飛ぶことが出来るのです。トトと名づけて育てるのですが、どんどん
大きくなるトトに困ってしままいます。友人と一緒に隠れ家に隠したりと
必死にトトを守ろうとするのですが・・・・。
 一方海難事故が続き、トオルの住む海辺の町にもその危機がやってくるのでした。
 
敵怪獣ジーダス、いいですね。こいつ何の目的で日本に来たの?どこで生まれたの。
だいたいお前何? だれがどういう理由で「ジーダス」って名づけたの?
(「ギャオ」っと鳴くからギャオスだよ、って名台詞がガメラにはあります)
といった疑問に一切答えが用意されていません。凶悪で意地悪で強い怪獣です。
アメリカ版ゴジラやジラに似たところがあるように思いますが、まあ別モンでしょう。

 お目々がかわいい新ガメラは弱そうに見えて結構がんばります。最初の海辺町での
戦いは新鮮。家屋が低いので成長途中の8メータのガメラが大きく見えて
迫力有る絵になっています。
橋の上での戦いも橋の大きさが充分にこの2体の怪獣を支えることが出来るので
その展開が面白いです。第一ラウンドをとりあえず決めるガメラ君の戦法は見もの
ですよ。

 名古屋での戦いも素晴らしい。凝った演出はなく同時進行する小さな勇者たちの
バトンリレーが涙なくしては見られません。
このあたりが今回の最大のポイントで本当に見せ場となっています。

 なんで、どうしてあれが必要だったの? あの子どもたちは何、といった
疑問が大いに残るのですが、それは今回のお話の中では追求するべきものでは
ありません。大人の世界に置くと理屈をこねくりまわしたくなるのですが、
子どもの世界では理屈ではないのです。そういったファンタジーを見て自分が
育ってきたのを思い出しました。ガメラはそうした子どもの世界に戻ってきた
のです。お帰りなさいガメラ。

 ラストの旧「妖怪大戦争」のダイモンのフィギュアが出てましたね。
なんか意味あるのかな?
 トトが家の中を散歩するときにであう包丁はやはり大悪獣ギロンでしょうね。

 平成ガメラシリーズの1作目「ガメラ 大怪獣空中決戦」の公式記録で、
「ゆうばりファンタランド国王賞受賞」とあるのは私の独断と偏見で決定した賞
です。当時、阪神大震災が発生した後に公開されたこのガメラは、怪獣災害を
リアルに表現していましたがそれが阪神大震災と重なるところがありました。映画は
震災前の夏に撮影され年内に完成、翌年1月17日に震災とまったく影響ないタイミング
だったのですがそのリアルさは不気味でした。当時1月末に試写を見た私はこのリアル
さが災いして映画の公開が延期されるのではと思ったぐらいです。

 さて、角川大映の快進撃が順調なうちに「大魔神」作ってくれないかな。


リアルアクションヒーローズ ガメラ
リアルアクションヒーローズ ガメラ

【予約商品】 RAH(リアルアクションヒーローズ) ガメラ 小さき勇者たち~ガメラ~ 可動フィ...
【予約商品】 RAH(リアルアクションヒーローズ) ガメラ 小さき勇者たち~ガメラ~ 可動フィ...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 02, 2006

かもめ食堂

私は96年のGWにフィンランドへ行きました。ロシアのサンクトペテルブルグから列車で
ヘルシンキへ入ったのですが、その文化の差、変わり目がすごくおもしろかったのを
覚えています。国境を越えると言うことはこういう事なのかと本当に実感しました。

さて大ヒットの「かもめ食堂」ですが、水準の出来ではあり、面白いのですが
残念なことにヘルシンキを感じさせる名所が全く出てきません。トラムと海、ぐらいで
後はどこでもいいような風景です。それが残念です。しかし何故か確かにフィンランド
であると感じてしてしまうのは何故でしょうか。

お話はあってないようなもの。全くお客の来ない日本食の食堂が
目立った努力をせずにお客が来るようになるまでのお話です。

かなり役者に頼っていると感じたのですが、いかがですか。

小林聡美、もたいまさこ、片桐はいりと個性的なキャラの持ち主3人の競演で
あの間の取り方など外すはずがない。

てっきり室井滋が出ている思っていたらそれは勘違い、って「やっぱり猫がすき!」に
なっちゃうジャン。

というわけでトナカイ肉、ニシンの酢漬け、ザリガニのおにぎりを食べてみたいと思うのでした。


かつてフィンランドお宅だった私としては「かもめ食堂」にどうして駅前や、大聖堂が
出てこなかったのか、白夜ももっとあの雰囲気が出せなかったのかと思うのです。

ほんの一時期ですが、私はフィンランドお宅でした。だからヘルシンキには行ってみたいと
ずっと思っており、10年前に実現しました。

そのきっかけは「牧場の少女カトリ」でした(ガッチャマンではありません)。
名作劇場で1年間放送されたアニメで、第一次世界大戦当時のフィンランドの田舎の
牧場で暮らす少女のお話です。当時の政治的な背景も取り入れ地味な展開で
他の作品に比べて大きな話題にはならなかった作品ですが私にとっては傑作の1本となりました。

働くこと、勉強すること、努力することが丹念に描かれ、フィンランドの作曲家シベリウスの
重厚な交響曲がBGMとして使われ、アンデルセンの「絵のない絵本」や
フィンランドの一大叙事詩のカレバラの一節が取り込まれるという
本当に内容豊かなアニメでした。

しかし、現実のフィンランドはかなりイメージとは違ってカトリに出てくるフィンランドとは
違っていました。かなりアメリカナイズされた印象をうけました。
観光地にもちゃんと日本語の案内あって・・・・・。まあ仕方がないか。

「かもめ食堂」の食器白くて綺麗な食器が出てきますが、私も滞在時に見つけた食器が
非常に美しく、その場で買えば良かったのですが、後でもう一度その店に行って見ると
お休みで買えませんでした。なんと土曜日で午後からお休みだったのです。そんなことって・・・・・。

ヘルシンキで日本食も食べました。天ぷら定食だったと思いますが、特に印象には残っていません。
アメリカからきたハリウッドカフェのサンドイッチがものすごい量で食べることが出来なかったな。

映画館にも行って「ブロークン・アロー」を見たら字幕が2行。フィンランド語とスウェーデン語で
書かれていた。
「トイ・ストーリー」のポスターを買いました。もちろんフィンランド語・・・・だと思う。

ショッピングセンターのビデオ売場で「ニルスの不思議な旅」を見つけました。
あの押井守監督の作品です。ニルスはちょうどフィンランドあたりのお話なので
地元ではどのような評価だったのでしょうか。気になるところです。

タカラ ベストオブクールガール【税込】ク-ルガ-ル ガツチヤマン G3 [クルガルガツチヤマンG3]
タカラ ベストオブクールガール【税込】ク-ルガ-ル ガツチヤマン G3 [クルガルガツチヤマンG3]


フィンランドのお酒といえばこれ。劇中に登場したのとは違います。
クセがなくておいしいよ。冷凍庫で冷やしてストレートでどうぞ。
ウォッカウォッカ 40°(700ml)【フィンランディア】
ウォッカウォッカ 40°(700ml)【フィンランディア】

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« April 2006 | Main | June 2006 »