« かもめ食堂 | Main | トム・ヤム・クン »

May 05, 2006

小さき勇者たち ~ガメラ~

日本の怪獣映画の傑作がまたまた登場しました。
ここまで涙してみたのは「GMK大怪獣総攻撃」以来です。

 ガメラが子どもたちのもとに戻ってきました。
記念すべき第1作でもガメラは子どもを背中に乗せて飛行しており、
子どもを助けるシーンが出てきます。
 初期のシリーズはほとんど子どもが主役で、コミカルなところで落ちて
しまったのが残念なのですが、反面実は結構残酷なシーンもありその
妙なバランスが面白い作品でした。ゴジラの2番煎じがぬぐえず一旦
終了しますが、金子修介により甦ります。
 これが平成3部作、世紀末シリーズで、いかにしてガメラを現実世界で
存在させるかがテーマになっていたように思います。
これはこれで傑作でしたが、子どもが入る余地はなく、オタクに支持される
だけで終わってしました。

 さて、その続きが見れるのかと期待したのですが、最初から原点に
帰るような情報が聞こえてきて、少々不安な気持ちで待つこと約1年。
傑作として登場したのが「小さき勇者たち ガメラ」です。

 1973年伊勢でガメラとギャオスの戦いが繰り広げられます。
ギャオスの数が4匹(?)と多く平成ガメラ3のラストバトルの続き?
かと思わせる展開、しかし時代が違います。そうです別世界のお話です。
自爆してギャオスを殲滅、怪獣が人間を脅かす時代は終わりを告げます。
そして2006年交通事故で母親を亡くした少年トオルが伊勢の海岸で卵を見つけます。
赤い石と一緒に見つけた卵からカメが生まれます。不思議なことにこのカメ
空を飛ぶことが出来るのです。トトと名づけて育てるのですが、どんどん
大きくなるトトに困ってしままいます。友人と一緒に隠れ家に隠したりと
必死にトトを守ろうとするのですが・・・・。
 一方海難事故が続き、トオルの住む海辺の町にもその危機がやってくるのでした。
 
敵怪獣ジーダス、いいですね。こいつ何の目的で日本に来たの?どこで生まれたの。
だいたいお前何? だれがどういう理由で「ジーダス」って名づけたの?
(「ギャオ」っと鳴くからギャオスだよ、って名台詞がガメラにはあります)
といった疑問に一切答えが用意されていません。凶悪で意地悪で強い怪獣です。
アメリカ版ゴジラやジラに似たところがあるように思いますが、まあ別モンでしょう。

 お目々がかわいい新ガメラは弱そうに見えて結構がんばります。最初の海辺町での
戦いは新鮮。家屋が低いので成長途中の8メータのガメラが大きく見えて
迫力有る絵になっています。
橋の上での戦いも橋の大きさが充分にこの2体の怪獣を支えることが出来るので
その展開が面白いです。第一ラウンドをとりあえず決めるガメラ君の戦法は見もの
ですよ。

 名古屋での戦いも素晴らしい。凝った演出はなく同時進行する小さな勇者たちの
バトンリレーが涙なくしては見られません。
このあたりが今回の最大のポイントで本当に見せ場となっています。

 なんで、どうしてあれが必要だったの? あの子どもたちは何、といった
疑問が大いに残るのですが、それは今回のお話の中では追求するべきものでは
ありません。大人の世界に置くと理屈をこねくりまわしたくなるのですが、
子どもの世界では理屈ではないのです。そういったファンタジーを見て自分が
育ってきたのを思い出しました。ガメラはそうした子どもの世界に戻ってきた
のです。お帰りなさいガメラ。

 ラストの旧「妖怪大戦争」のダイモンのフィギュアが出てましたね。
なんか意味あるのかな?
 トトが家の中を散歩するときにであう包丁はやはり大悪獣ギロンでしょうね。

 平成ガメラシリーズの1作目「ガメラ 大怪獣空中決戦」の公式記録で、
「ゆうばりファンタランド国王賞受賞」とあるのは私の独断と偏見で決定した賞
です。当時、阪神大震災が発生した後に公開されたこのガメラは、怪獣災害を
リアルに表現していましたがそれが阪神大震災と重なるところがありました。映画は
震災前の夏に撮影され年内に完成、翌年1月17日に震災とまったく影響ないタイミング
だったのですがそのリアルさは不気味でした。当時1月末に試写を見た私はこのリアル
さが災いして映画の公開が延期されるのではと思ったぐらいです。

 さて、角川大映の快進撃が順調なうちに「大魔神」作ってくれないかな。


リアルアクションヒーローズ ガメラ
リアルアクションヒーローズ ガメラ

【予約商品】 RAH(リアルアクションヒーローズ) ガメラ 小さき勇者たち~ガメラ~ 可動フィ...
【予約商品】 RAH(リアルアクションヒーローズ) ガメラ 小さき勇者たち~ガメラ~ 可動フィ...

|

« かもめ食堂 | Main | トム・ヤム・クン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 小さき勇者たち ~ガメラ~:

« かもめ食堂 | Main | トム・ヤム・クン »