« デスノート 前編 | Main | M:i:III ミッションインポシブル3 »

July 13, 2006

ウルトラヴァイオレット

見るつもりなかったのに見ちゃいました。約90分とこじんまりまとまった
近未来SFアクションもので、もう見飽きたタイプの映画ではありましたが
結構楽しめた。

 実は「イーオン・フラックス」のときも同じタイプの映画で見るつもり無かった
のだけど見るべきところはあるなと感じました。どこがというと日本の影響と
いったことが感じられるシーンが多かった。ココが興味をそそる。
 「イーオン~」の場合、コレはくノ一忍者だなと思ったら、桜の木や敵地の
石垣がお城に見えたりする、どうも日本のアニメの動きを真似ているよね、
といったような日本の影響大と思えるシーンが多く目につきました。

 さて「ウルトラヴァイオレット」では、秘密兵器とされる子どもがあるケース
に入っており、それを開くシーンは「装甲騎兵ボトムズ」のプロトワン(フィアナ)が
入っているケースのイメージから来ていると思われる。
 さてその子どもをつれて逃げることになる主人公ヴァイオレット、「グロリア」
みたいな話だが、チャンバラがメインの見せ場になっているから「座頭市血煙街道」
がベースになっているのではないかと見た。後に「ブラインド・ヒューリー」として
ルトガー・ハウワー主演でリメイクされているあれである。
いや「丹下左善 百万両の壺」かもしれない。
 こんなシーンがある。井戸の上につるされた子ども、悪人に捕まってしまった。
それを助けに来るヴァイオレット。子どもがわざと方ほうの靴を落とす。
落ちるまでの時間を計る。ヴァイオレットはそれを確かめた上で悪人たちに
立ち向かい、子どもが落ちる時間内にやっつけてしまうというもの。

 ラストのひとりで正面から殴りこみは東映のやくざ映画みたい。
似たようなシーンは「キス・オブ・ザ・ドラゴン」や「イーオン・フラックス」でも
クライマックスとなっていた。

 「キルビル」以降のひとつの流れとして日本のやくざ映画やチャンバラ映画
からいただくというのと、日本のアニメやコミックの影響が融合するといった
化学反応に期待する映画が多くなってきているような気がする。
 あまりうまく言っているとは言い切れないが、楽しむには充分である。
これがもう一段階進めばここから名作が生まれるかもしれない。


【送料無料】【サンプル香水付】パコ・ラバンヌ ウルトラヴァイオレット オーデパルファムスプ...
【送料無料】【サンプル香水付】パコ・ラバンヌ ウルトラヴァイオレット オーデパルファムスプ...

*映画とは関係ありません

|

« デスノート 前編 | Main | M:i:III ミッションインポシブル3 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ウルトラヴァイオレット:

» 「ウルトラヴァイオレット」見てきました。 [よしなしごと]
 今回は近未来映画のアクション映画ウルトラヴァイオレットを見てきました。会社帰りに見るのにはこういう単純な映画が疲れなくて良いので。。。 [Read More]

Tracked on July 24, 2006 01:16 AM

» ウルトラヴァイオレット [金言豆のブログ ・・・映画、本について]
2006年6月24日公開  「マトリックス」の影響受けまくりとわかっちゃいるけれど、まるで剣戟武器のように銃を扱うその独特の動き、射撃時の反動など無視した腕っぷし強さ(逆に言えば武器のニセモノっぽさ!?)、イカす見... [Read More]

Tracked on July 28, 2006 01:31 PM

« デスノート 前編 | Main | M:i:III ミッションインポシブル3 »