« 我輩は主婦である | Main | 報告 映画検定合格 »

July 22, 2006

日本沈没

ネタばれありできます。
楽しみにされている方は読まないでください。
読んでからうらまれるのは困るので警告しておきます。

本当に最後まで言っちゃいます。
非常に重要な内容までストレートに書きます。

(東宝さんゴメンナサイ)

いいですね。
本当にいいですね。

それではスタートです。

 はっきりいってやっちゃいました。大失敗も大失敗のひどい作品です。
いいところを探していう気にもなりません。

 はっきり言いましょう‘日本が沈まない’「日本沈没」なんてありえない!

 最後、小野寺の活躍によりプレートを寸断して日本が引きずりこまれるのを
阻止するなんて!!!!!!!! そんなのありかよ!

 コレを見たとき「ザ・コア」を思い出した。
地球の内の核の動きが止まるのを阻止するために核内で連鎖爆破を起こさせるという
奇想天外な展開。ハリウッドの安直なデザスタームービーなら笑って許すが、
「日本沈没」でそんなことをするな!

原作は読んでいないが原作、オリジナルに対する冒涜以外の何ものでもない!

 実はハリウッド映画の悪影響を受けているシーンは他にもあって、
最後の大地真央の危機管理担当大臣の演説はよくある大統領の演説みたいで
「ディープ・インパクト」なんかのパクリ。そこで小野寺と仲間の名前が出るが
それ以外に必死に救助、救命にあたって命を落としている人が数限りなくいるの
をわかっているのか! ひどいシーンである。

 誰かのために何ができるか、命をかけることが出来るかがテーマのようだが
それがいっこうに伝わってこないのは話がバラバラで展開して、つながりが無く
シーンのつながりもかなり乱暴で戸惑うばかり。
 
 小野寺の移動距離は全く変。あの状態であの距離どうやって移動できる?
阿部玲子に会いに行くシーンなども、不自然。どうしてそこにいるのが
わかったの?

 どこから小野寺が旅立つか? 阿部が知っているはずないのに追いかけてくる。

 だいたいその前の夜に抱き合わない二人はおかしい。
 未来に希望を託すという視点がことごとく抜けているからおかしなシーンが
いっぱい出てくるのだ。

 災害にあっている中でも未来に希望を持つ姿が必要なに・・・・・。

日本沈没 TELEVISION SERIES プレミアム・ハザードBOX
日本沈没 TELEVISION SERIES プレミアム・ハザードBOX

 危機管理担当大臣が田所博士と実は結婚していたというのはいらんエピソードで
そんな中、田所のところに会いに行くときにブランド物のバッグもつなよ。
ビジネスバッグ、硬い内容の書類が入っているようなものか手ぶらでいけよ。
名に考えてんだ!こいつ!ってなってしまう。

ところで、田所博士はまじめなクズ先生(弁護士のクズ)みたいでした。

この田所博士が日本を救うために、プレートを寸断する案を説明するのが新聞紙。
前作でプレートテクトニクスを説明していたが、それへのオマージュだろう。
しかしこの案、むちゃくちゃである。それに各国の掘削船が協力するのも
何だがスケールが大きいが無理がある。でN2爆薬というエヴァンゲリオンで
出てきた爆薬をミッチーが失敗して、小野寺が成功させるのだが、
そのときの爆破の規模の大きさを考えるとまず近くにいた船は助からない!
あれだけ大きい爆破なら津波が発生して残っている土地に押し寄せるはず。
それが全く描かれていない。 なんともココまで奇想天外でありながら
リアリティを維持していたのを最後に投げ出してしまうとは・・・・。許せません。
別にご都合主義でいいから最後まで理屈こねろよ。

タカラトミー 日本沈没メカニックコレクションD-1作戦編(1BOX)
タカラトミー 日本沈没メカニックコレクションD-1作戦編(1BOX)

 掘削作業、田所博士の調査は科学映画を見ているような感じで
現在の調査風景を見せてくれる。そんなリアリティを見せているのだからその
レベルを守れよ。できないならそこへあわせるべきだ。


ドラマの弱さが最悪。政府、一般市民が個々に描かれるが、つながりが弱く、
それぞれのパートでもシーンとシーンが繋がらない。お前どうしてここにいるの?
というシーンが多くあった。
 そして何より日本という国が描けていない。 国が無くなることに関してその
民族意識が全く出ていない。どこかで生きていくことへの執着のようなもの
日本人ってしょうがないよねというシーンも見当たらない。なにもしなくていい、
という選択肢を選んだ日本人と日本が全く描けていないから、この台詞がからまわり
してこのシーンだけの台詞で終わってしまっている。前作へのオマージュであり、
やはりこの映画の一番重要なところなのに。

オリジナル版で感心したのは皇居という存在。
東京大震災で消火が出来ない状態、逃げるところがない。総理大臣が宮内庁に
電話して皇居を避難場所にと要請する。
日本として特別な場所として描かれている皇居が一般人に解放される。
非常に印象深いシーンだ。

小林桂樹/日本沈没
小林桂樹/日本沈没


今回は地震が起きてから「皇族をスイスへ非難を」という間抜けた台詞のみ。
これはオリジナルにもあったが、とってつけたように出てくるのには閉口した。
そんなもん、こんな事態がわかった時点非難させているだろ!

ただ、日本を離れるわけにはいかないと残られるかもしれないが。
というのがドラマだろ。

樋口監督の前作「ローレライ」のときに思ったのはストーリーが荒唐無稽
なのは受け入れ、演技により演出はカバーされた。絵は抜群にうまい。
あとの残りは暖かい目で見守り不足部分は観客が補って出来上がった作品を楽しんだ。
 それぞれのパートが樋口監督を助けていたように思えた。
しかし今回は彼ひとりでドラマの演出が出来ないことが露見! 絵はいいが
全くかみ合わない展開になってしまった。

 熊本城の火山弾の被弾、総理の飛行機の墜落の絵は見事。少々オーバーだが
一瞬しか出てこない絵が目に焼きついている。しかしそんな絵ばかり見に行って
いるのではないのだ。
 登場人物の誰かに自分を重ねて日本人としてどう生きていくかを問う映画のはず。
そこがすっぽり抜け落ちているのがホントつらい。見ていて全く面白くない。

 最初のシーンからして失敗しているなと思った。
3人の出会いが地震直後の救出でガソリンスタンドが爆発するシーン。そこへ
安部が登場して子どもと小野寺を救う。日本が沈むというのにそんなピントの
絞りきったところからスタートさせるのは無理がある。
じわじわと今自分が立っている大地が崩れ、海のそこへ沈んでいくかも知れない
恐怖を感じさせるオープニングであってほしかった。

〔送料無料キャンペーン中〕映画「日本沈没」オリジナルサウンドトラック-CD-(7/26~)
〔送料無料キャンペーン中〕映画「日本沈没」オリジナルサウンドトラック-CD-(7/26~)
オリジナルの特撮シーンは25分 残り1時間55分がドラマだと聞く。
今回はCGに頼りCGシーンが3分の2以上はあったのではないか。
つまりは3分の2がデスクトップで作られたのだ。
それじゃ面白くなるはずないよね。

 我々は神戸の震災を経験している。その経験が活かされていないし、
それ以外にも多くの災害を経験している。そこをリアルに、体感できることが
目的で無いかもしれないが、その上にこの映画成り立っているのだと思う。
そこを無視しては決して「日本沈没」は成立しない。それは明日かもしれない
とだからこそ今を生き、明日に備え、希望が持てるそんな生き方を提示して
ほしいのだ。
 オリジナル版「日本沈没」は小野寺と阿部がそれぞれ地球上のどこかで生き残り
いつしかどこかで出会うだろうことを示唆している希望の持てる終わり方だ。
小学生のときにあのシーンを見て少々戸惑ったのを覚えている。外国で自分ひとりで
生きていけるだろうか。そして彼はどうなるんだろうと。でもきっとどこかで
生きていく姿を想像していた。そういう希望と勇気を与えてくれるのがこの「日本沈没」
という映画なのだ。

それを監督も感じたはずなのに・・・・・・・と思った。
ハリウッド映画に毒されてしまったか!


ちなみにこの映画をほめる奴の気が知れない! 
まだまだいい足りないので次の機会に!

日本沈没(第2部)
日本沈没(第2部)

|

« 我輩は主婦である | Main | 報告 映画検定合格 »

Comments

TB あるがとうございました。

日本沈没・・・まあ、こんなもんかな? と思いました。。

Posted by: 美月 | July 28, 2006 at 05:17 PM

こんにちわ、はじめて、コメントさせて頂きます。大学時代は映画が大好きでしたが、最近は、ほとんど見ません。でも、ブログをはじめて、いろいろ、昔の映画の資料とか、映画も少しづつ見るようにしています。昨日、「日本沈没」見ました。貴女の、おっしゃるとうりでした。私はただ今、55歳のオジさんですので、リアルタイムで小松左京の原作も、オリジナルのこの映画も見ました。原作は面白かったですね。1970年代です。オリジナルはまぁ~まぁってとこでしたかね。ともかく、貴女の記事の内容見て、とても面白、おかしく読ませてもらいました。おしゃるとうり、「コア」、「ディープ・インパクト」「アルマゲドン」など、なにか、ハリウッド映画のオムニバス映画のようでしたね。私はあまり、エンターテイメントな映画は見ないのですが(決して嫌いというわけではありません。)、もう少し、エンターテイメントな映画は、日本映画界も、もっと勉強して欲しいですね。もともと、日本人は、農耕民族だから、スケールの大きいものは対処できないのかも知れません。今回の映画のテーマも、ひとつには、人間を描こうという、意気込みはあったのでしょうが、どうも日本独特の浪花節に終わってしまいました。本(脚本)にも、おしゃるとうり、無理もあったし、なんだか、残念でした。
あ~あ、いい映画を見たくなりました。
では、また寄せてもらいます。

            異邦人より

Posted by: 異邦人 | July 24, 2006 at 10:59 AM

TBありがとうございました。
こうして色々なご意見を拝見すると、それだけ期待が大きかったんだな〜と思います。
人それぞれですから…(^^)

Posted by: 華村 | July 22, 2006 at 08:15 PM

TBありがとうございました。
自分が面倒くさく手書くの放棄したあれこれがきっちりレビューされてて思わず膝を叩いちゃいました。
こちらからもTBさせていただきます。

Posted by: Lyri | July 22, 2006 at 12:52 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50812/11050501

Listed below are links to weblogs that reference 日本沈没:

» 日本沈没 [UkiUkiれいんぼーデイ]
いやぁ〜、良かったねぇ d(^O^*≡*^O^)b SunMin thanX Kubotaの歌う ♪Keep Holding U♪  これ聴きたかったんです・・・て ヽ(ー ー)エイガトチガウノカ 実はね、33年前の『日本沈没』をリアルタイムで劇場に観に行った者の一人です・・・私。 これで「25歳です」とはもう言えなくなりましたけど、まだ子供だったので観たんですけど、ストーリーが難しくて理解はできませんでした。 あの当時、製作費5億円をかけ、興収40... [Read More]

Tracked on July 22, 2006 at 12:15 PM

» 日本沈没 [ふわふわり]
「日本沈没」を観ました。 ★★☆ うん、面白くなかった。そんな予感は初めからあったんだけど、思ってた以上に面白くなくてがっかしです。なんか日本が沈没するからってパニックになってる様子が全然感じられないんだよね。火山噴火とか大津波とか地震でビルが崩れるシーンとかはふんだんにあるんですが、その大変さがこっちにちっとも伝わってこないんですよ。なんとも出来の悪いパニック映画だわ〜。変に恋愛感情を入れたりしない方がかえってよかったんじゃないのかね?友達と一緒に観て突っ込み入れまくるのが正解かもしれませ... [Read More]

Tracked on July 22, 2006 at 12:54 PM

» 「日本沈没」を見た [海の研究者]
うん、面白い映画でしたよ。 映画の感想は主観的なものやから、ここに書くことは参考ということでお許しください。あとネタバレは一応ありません。が、映画を見ると決めている人は読まないほうが良いかもしれません。ともかく詳細は、ぜひ劇場などでご確認ください。 一言でいうと「とてもよくできた映画」でした。なにもかもリアル。船とか車とかは基本的に本物。掘削船「ちきゅう」も潜水船「わだつみ」シリーズも。崩れゆくビルはCGだけど、まあもう、本物でいいよね。本物が壊れていくことが、かえって夢の中で見ているよ... [Read More]

Tracked on July 22, 2006 at 01:55 PM

» 日本沈没 [華村のガラクタ ]
■CAST:草なぎ剛、柴咲コウ、及川光博、福田麻由子、豊川悦司、大地真央他 ■監督:樋口真嗣 ストーリーはオフィシャルの方で! 前作のリメイクですが別物です。「原作」、「テレビ版」、「前作」の重厚感というか暗さを求めると物足りない。しかし阪神淡路大地震や近年の地震で被災された方が身近にいる今、ただただ何も出来ず、恐怖を煽ってお先真っ暗闇というのは合っていないのかも。 監督が希望を与える様な作品にしたいと雑誌で読んだので、そこら辺を映像として曖昧にすることでエンターテイメント作品にしたのか... [Read More]

Tracked on July 22, 2006 at 08:01 PM

» cheap autopart [cheap autopart]
abbigliamento bambino albergo economico malaga asservimenti lavorazione lamiera bagni vasca... [Read More]

Tracked on July 24, 2006 at 08:50 AM

» 『日本沈没』2006・7・16に観ました [映画と秋葉原とネット小遣いと日記]
『日本沈没』   公式HPはこちら ●あらすじ 深海調査に参加した潜水艇《わだつみ6500》のパイロット・小野寺(草なぎ剛)、田所博士(豊川悦司)は、そこで驚愕の事実を知る。海底プレートの急速な沈降で、日本列島が1年後に沈没するという悪夢の初まりに・・・・... [Read More]

Tracked on July 24, 2006 at 01:19 PM

» 日本沈没 [playtcafe*cinema*art*book*]
story科学者田所は綿密な研究の結果、海底プレートの急速な沈降で、日本列島はわずか1年後に沈没するという事実が判明する。危機を訴える田所に当初政府の一部は、妄言と一蹴するが・・・。point久々にようできた日本映画ではないでしょうか?ネタバレ(原作の?)この機...... [Read More]

Tracked on August 02, 2006 at 05:02 PM

» 「日本沈没」暇な時間があれば見てもいいかな。 [soramove]
「日本沈没」★★★ 草なぎ剛、柴咲コウ、豊川悦司 主演 樋口真嗣 監督、2006年 広島旅行中、せっかくなので映画でもと、 繁華街で見つけた「日本沈没」の看板。 広島宝塚588席と規模はまあまあ。 席も座りやすい。 映画はどうだろう、話題の大作だ。 地...... [Read More]

Tracked on August 04, 2006 at 06:53 PM

» 再び日本沈没 [Openair Diary]
 伊勢湾周辺で地震の揺れを伴わない大規模な地滑りスロースリップがはじまったなん [Read More]

Tracked on August 23, 2006 at 03:47 PM

« 我輩は主婦である | Main | 報告 映画検定合格 »