« 轟轟戦隊ボウケンジャーTHE MOVIE最高のプレシャス | Main | ごんぎつね »

August 14, 2006

仮面ライダーカブトGOD SEED LOVE

もともとなんか変な「仮面ライダーカブト」ですが、映画版は
違う次元のお話で、仮面ライダー初の宇宙戦がでてくるというSF仕立て。
ちょっと期待したのですが、SFの考証が下手、その設備、施設のデザインも
なっちゃいないので見てられない。もう少しがんばってほしいな。

 TVでは渋谷に隕石が落ちてワームという謎の生物が現れ、人間を襲い始める。
しかし映画では太平洋上に落ちて地球が砂漠化され、そこでワームが発生、
人間とワームの戦いが始まるのだが、その人間の組織ゼクトの中で分裂が起きる。
ゼクトなかで開発されたライダーシステムをめぐって三つ巴の戦いが
繰り広げられる。TVとは違ったアナザーワールドでの話しだから、主役の
天道総司の設定が少々違うのは許す、が見たくない。俺様気取りの
天道、何事にも動じない天道がいいのだ。

 結局TVの世界の前のお話とわかるのだが、その強引さにもうすこし
SFとしての面白さがほしかった。
 また軌道エレベーターなどSF設定の施設が出てくるがこれの内装が貧祖。
もう少しなんかあるだろ。
 俺様気取りのシーンはあるので、安心してみてられるシーンも多いが
天道に泣かれるとは思わなかった。

 TVシリーズは絶好調!で驀進中。妙なキャラクターが続々登場して
ワームとの関係が少々微妙。またライダーシステムの謎、何故彼らが選ばれた
のか、その理由は? 一部のライダーはワームみたいだし。
本田博太郎さんも意味深な役で登場しているし、TVシリーズはこれからの
後半戦期待できそうです。
でも、チョイ子ども向きでないところがなんとも・・・いいのかな。

|

« 轟轟戦隊ボウケンジャーTHE MOVIE最高のプレシャス | Main | ごんぎつね »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 仮面ライダーカブトGOD SEED LOVE:

« 轟轟戦隊ボウケンジャーTHE MOVIE最高のプレシャス | Main | ごんぎつね »