« 時をかける少女 | Main | マクダル パイナップルパン王子 »

August 03, 2006

ゲド戦記

これから見る人、楽しみにしている人は読まないでください。

やっちゃいました。
失敗作です。
それもかなりひどいです。
「日本沈没」と同じぐらいひどいです。
予想的中です。
単に息子だからといって、別に特別に映画やアニメの演出を行った
経験がないのだから仕方ありません。
これは鈴木プロデユーサーの策略です。
息子を担ぎ出してなんとかヒットさせようと仕組んだのです。
「宮崎」の血統書がほしかったんです。
だから映画は間違いなくヒットします。
でも映画はダメです。
まあ、ジブリブランドに傷がつくような出来ではないので
それは幸いですかね。

原作は1,2巻と読みました。
映画は3巻目を描いているらしいです。
でまだこれから読むつもりなのですが、
はっきりいって暗い、お話です。

竜同士が戦う時代、世界がなにか変になってきた時代、
魔法使いのハイタカ(ゲド)はアレンと出会う。
アレンは王である父親を殺して逃げてきた。そして以前のハイタカのように
影に追われていた。

コレが基本設定で、物語の始まりなのだが、展開が弱い。
エンタテイメントとして見せる(魅せる)演出がない。皆無。
なにもアクションシーンがすべてではない。日常の細かな動きに
そういったキャラの性格を見せるような動きとかを入れるのが
宮崎駿アニメでそれがないのがまず面白くない。
まあ確かに息子の映画だから無いのは当然としても、
映像として面白く魅せる演出力は必要だろうと思う。

そしてお話、世界が変になってきている原因は?
悪もんキャラのクモの目的は?
ラストのあれで何か解決したの?
もともとアレンは父親である王を殺した。その理由は?それに彼は
苦悩していたか?

ハイタカとアレンの旅は主従、であり擬似の父と子。
それが宮崎親子に見えてくればこの映画は成功したかも知れない。
それが監督ぜんぜんパパの背中見ていないような気がする。
それが作品からにじみ出ていないのだ。
詰め込むお話、テーマ、要因が多く整理が出来ないままに仕上がった
という感じがした。監督というより交通整理に苦労しただけではなかったか。
そんな印象を受けた。
キャラクターデザインだけが宮崎アニメしているのは何故?
多分スタッフが一緒でそれがジブリカラーになっているから?
せっかくの新人監督なのにそんなとこ引き継いでどうするのよ。
もっと個性のあるとこみせてほしかった。

ただ、映像の丁寧さという点では褒めておきたい。
実は色数が少ないらしく、コレは非常に映像として
見やすい感じがした。まあり色数を多くしてディテールを細かくしても
目が疲れるだけ、のようだ。

もうひとつ感心したのは挨拶だ。
「ありがとう」「いただきます」「ごちそうさまでした」などの
何気ない日常のあいさつが細やかに丁寧に、そして聞き取りやすく
映画の中に出てくる。
人と人との付き合いの中での挨拶、感謝の言葉をかなり大切にしていた。
子どもへのメッセージであろうか。

決定的に「ブレイブストーリー」と違い「ゲド戦記」が失敗したのは
子どもに見せるという視線が抜けていることと、子どもに見せるというテーマが
曖昧になってしまったことだ。
例え大人へ向けたものとしても、子どもが楽しめないアニメはよくない。
少々説教臭くなってもいいからコレが言いたかったというテーマを明確に
してほしかった。
まあ、次回作はないだろうな。


■送料無料■スタジオジブリ「ゲド戦記」■寺嶋民哉 CD【ゲド戦記・オリジナルサウンドトラッ...
■送料無料■スタジオジブリ「ゲド戦記」■寺嶋民哉 CD【ゲド戦記・オリジナルサウンドトラッ...

ゲド戦記(6冊)セット
ゲド戦記(6冊)セット
☆予約受付中☆ゲド戦記ウォールアート
☆予約受付中☆ゲド戦記ウォールアート
☆予約受付中☆ゲド戦記イメージモデル 竜
☆予約受付中☆ゲド戦記イメージモデル 竜
スタジオジブリコレクションZIPPOゲド戦記「竜」NZ-15
スタジオジブリコレクションZIPPOゲド戦記「竜」NZ-15

|

« 時をかける少女 | Main | マクダル パイナップルパン王子 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50812/11247749

Listed below are links to weblogs that reference ゲド戦記:

» ゲド戦記 [映画鑑賞★日記・・・]
『TALES FROM EARTHSEA 』公開:2006/07/29監督:宮崎吾朗原作:アーシュラ・K・ル=グウィン『ゲド戦記』シリーズ(岩波書店刊) 原案:宮崎駿声の出演:岡田准一、手嶌葵、田中裕子、小林薫、夏川結衣、香川照之、内藤剛志、倍賞美津子、 風吹ジュン、菅原文太 ☆s...... [Read More]

Tracked on August 07, 2006 at 01:05 PM

» 一応合格点?「ゲド戦記」酷評に負けるな! [bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ]
「ダビンチコード」並みの 不評が話題の? 宮崎吾朗第1回監督作品 「ゲド戦記」 まずは 第1回監督作品としては 合格ではないでしょうか? 父「ハウルの動く城」のレベルと 同じぐらいでは? 「千尋」や「ハウル」に比べたら キャラクター的には落ちますが キャラクター商品を 売ろうとしていない姿勢は 評価しないといけません。 原作がファンタジー巨編なので アメリカのように シリーズ化にしないで 難解なこともあり �... [Read More]

Tracked on August 10, 2006 at 09:37 AM

« 時をかける少女 | Main | マクダル パイナップルパン王子 »