« トランスアメリカ | Main | グエムル 漢江(ハンガン)の怪物 »

September 11, 2006

ユナイテッド93

9.11のときに私の友人がまるでパニック映画、無いのはあの飛行機の中の
シーンだけ。ココだけ撮影したら映画が出来る。 といっていたのを思い出した。

 国会議事堂を目指した(?)9.11テロの4機目の飛行機、ユナイテッド93の
状況をあくまでフィクションとして描いている。しかし、この映画は9.11の
発生した経緯すべてを網羅しており、非常に興味深くみた。

 言葉が見つからないのでこう表現するが、面白かった。

 目的がテロに巻き込まれた一般の人たちが立ち上がったあの状況は
多分ほぼそのとおりだろうと思われる。

 電話で地上にいる人々とやり取りをして、その言葉から想像される彼らの行動は
勇気あるアメリカの行動、人としての正しい選択のように見える。

 自殺行為のようにも見え危険一面もあり、あくまでアメリカは被害者という
プロパガンダ映画になる危うい一面もあるが、ここはそういう見方は正しくない。
やはり勇気ある行動をとった彼らに敬意を示すべきだろう。

「I LOVE YOU」と人々が別れを告げ、テロリストに突進していくなんとも
悲しいことよ。本当は愛を囁く言葉なのにコレが別れの言葉なんだよ。

 5年がたちますがまだ心の傷が消えていない人は多いと思います。
そういう中でこのような映画が作られることは大きな反発があったと思う。
出演者の中にas himself が多かったのも驚かされ、どのような気持ちだっただろう。

あらためて何があったのか理解し、再発しない世の中を作っていく気持ちを
持つよいきっかけになればと思う。


|

« トランスアメリカ | Main | グエムル 漢江(ハンガン)の怪物 »

Comments

僕にはあまりに、最大公約数的な、こんな状況だったのだろうと、多くの人が納得する、そんな凡庸なストーリーがなぞられているだけで、映画という作品にはなっていないように思いました。TV番組「ウィークエンダー」の再現フィルムを見たような気持ちです。
映画はフィクションなんだから、ひょっとしたらそんな物語が起こっていないかもしれないと言う、観客である僕たちの想像力を喚起してくれるような映画ではありませんでした。

Posted by: farlongest | September 12, 2006 09:01 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ユナイテッド93:

« トランスアメリカ | Main | グエムル 漢江(ハンガン)の怪物 »