« 46億年の恋 | Main | なんばの映画館 »

September 28, 2006

ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟

ウルトラシリーズの映画版でいい出来の作品は無い、と思っていました。
時々テレビシリーズにあわせて製作される作品も、まあまあの出来ではありましたが
かってはいませんでした。

 しかし、今回の「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」は傑作です。
今年のベストテンに入るいい出来の映画となりました。

 月面上から地球大気圏でのウルトラ兄弟とU-キラーザウルスとの戦い。
神戸上空での決戦から神戸沖にU-キラーザウルスを沈め、封印することに
なります。それを見守るためにウルトラマンたちは神戸の町に住み着いていました。
そこへ宇宙人連合がやってきてU-キラーザウルスを復活させようとするのですが、
その計画にはまだ裏があったのです。

何がいいって我々の世代のウルトラマンが揃って活躍するのがいい!
私は帰ってきたウルトラマンがリアルタイムで、A、タロウ、とはまってました。
だから、郷と北斗の出演はうれしかった。東光太郎にも出てほしかった。

そのウルトラ兄弟たちが我々の時には見せなかった動きで怪獣と戦う姿には
圧倒される。まあ、ちょっと違う!と思いながらも、今の子どもたちにアピール
するにはコレぐらい必要なのだろう。
そう、子どもたちが飽きないこの映画の作りもうまい!
最初の月面から地球へ移っての戦い。冒頭15分程度だと思うが、つかみOK!
ミライが神戸にやってきて、少年との出会い、ウルトラ戦士との出会いがある。
宇宙人連合を小出しにして、メビウスとの戦いや、回想シーンでの怪獣の登場など
飽きるところが無い。 ニセメビウスとメビウス、次々に出てくる宇宙人、そして
ウルトラ兄弟の復活。しかし、ピンチが!!!! と連続して展開する。そう完全に
ウルトラマンたちの話になっているのだ。 
 過去の作品は人間のドラマがメインで、ラストにウルトラマンが出てきて締める
パターンが普通だった。しかし、今回は違う。ウルトラマンメビスウスという
ルーキーと先輩ヒーローたちの交流、メビウスの成長物語になっており、
そこへ子どもや、犬が絡んで涙を誘う。 
 「ウルトラマンは神ではない、救えない命もある」とはハヤタ=ウルトラマンとして
非常に重みを感じる。
 「最後まであきらめないことが大切」という言葉が子どもに届くことを本当に
願ってしまうのだ。少なくともうちの子には届いていた。映画で言ってたことを
理解していたようだ。

 ウルトラマンたちのお約束、スペシュウム光線をはじめとする、腕や手から
放たれる光線を出すときのフォーム、コレはウルトラマンたちによって違うのだが
それがきっちり再現されていた。 特にAは振りかぶるので、他のウルトラマンたち
よりフリが大きくなるのが目立った。
 同様に、変身シーン。みなアイテムを何か持っているのだが、郷だけが無い!
帰ってきたウルトラマンは手を上げるだけで変身できた。これは他と比べると
ちょっと寂しい。

さて、今回の映画で少々妙に思った点を上げる。
なぜかチームGUYSが活躍しない。コレはウルトラマンの話になっているから
とはいえ、テレビシリーズがあるのでストーリーに絡ませたいところ。
そうしないとおもちゃが売れない。なのに大英断! ほとんど出てこないのだ。
神戸空港がオープンしていない。 何故? 
 ケルビムという怪獣がテレビと同様に登場している。コレがメビウスの第4話で
 少年がトラウマとなってしまう。
 
このあたりから考えて、どうもこの映画公開が遅れたと思われる。
 
公開予定時期は多分ゴールデンウィークだったのではないか?
であればケルビムの登場と神戸空港の開港前ということで時期が合ってくる。
実は昨年末の雑誌「テレビくん」ではウルトラマンの記事に
来年の春に何かが起きる風のコメントがあった。

おもちゃの商戦は年末だから春であれば、兵器やアイテムのおもちゃを積極的に
売るためのストーリー構成は必要ないと判断されて製作できたのではないか。

しかし、何の影響か? ハリポタ、ナルニアの影響? 又は前作でウルトラマンの
信用をなくしていた ために公開がのびて、逆に年末の商戦のスタート時期に
公開となってしまい、急遽映画の始まる前におもちゃのCMが入ることになって
しまったのではないだろうか?

劇中ほとんど登場しないGUYSの戦闘機や秘密アイテムのおもちゃのCMが
映画の始まる前に出てくるのはちょっと変だった。
ふたを開ければこの時期子どもの映画が無かったためか大ヒットとなっている様子。
よかった、よかった。

考えてみればウルトラ兄弟が揃う映画は「ウルトラ6兄弟対怪獣軍団」(タイ映画)
ぐらいで、残念ながら未見! 他に思い当たらない。Aやタロウにはよく兄弟が
出ていた記憶はある。
そう考えるとこの映画、夢の組み合わせ!
子どものころの興奮が思い出されて本当によかった。

困ったな、今年のベストテンは上位に怪獣映画ばかりだ。
「小さき勇者たち ガメラ」「グエムル」「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」

|

« 46億年の恋 | Main | なんばの映画館 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50812/12077909

Listed below are links to weblogs that reference ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟:

« 46億年の恋 | Main | なんばの映画館 »