« September 2006 | Main | November 2006 »

October 2006

October 29, 2006

待合室

東京へ行く機会があり、東京国際映画祭で上映される1本、「待合室」を見てきた。
作品について語る前に上映について、言いたい。ホントひどいよ。

 最初に上映が遅れた、理由は座席がダブルブッキング、指定席が二重発行されていた
ために席の無い人が出てきた。その誘導に時間がかかった。

 上映が始まり、音が変? どうも背後のスピーカーからしか音が聞こえてこない。
非常に違和感がある。演出か? とも思ったのだがどうもおかしい。

 途中で音が数秒間切れた。市川実加子の台詞がとんでしまった。

 外国の方が多い。なのに日本語映画で英語字幕が無い。

こんなにひどかったかな? 東京国際映画祭! 初めて六本木ヒルズのTOHOシネマズ
でみたのだが・・・・・。

 映画は岩手県の小繋駅の待合室に置かれているノートに書かれた内容に
返事を書き続けるおばちゃんのお話。いつこの返事が読まれるのかわからないのに
延々と返事を書き続ける。そのきれいごとでしかない返事に反抗する女子中学生、
家族を亡くした旅人の話、友人を亡くしたルポライターなどがその駅へやってきて
おばちゃんと普通の会話をもつ。おばちゃんの過去も描かれ、普通のなんの特別でも
無い人にもドラマがることを見せてくれる。

 妙にドラマチックになることなく終わるこの映画は少々物足りなくもあるが
非常に心のある映画を見たという気持ちにさせてくれる。

 時々列車や車で遠出をすると、こんなところに生活をしている人がいるのだなあと
思うときがある。 山の中、田舎、田園地帯、かなり駅から離れたところなど。
どんな生活をしているのだろうと思う。
 この映画をみるとそんな人たちひとりひとりにもドラマがあることがわかる。
決してドラマチックに語られることはないと思うのだが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 28, 2006

UDON

大阪人にとってうどんがテーマの映画はうれしい、がしかしコレは大阪の
うどんではない。あの讃岐うどんの映画である。
 どうしてそばじゃなくうどんだったのか、まあブームがあったからでしょう。
少々豊かになったときから食に対する日本人の考え方が変わってきたように思う。
そしてなんでも流行るようになってしまった。そのひとつだ。
 讃岐うどんは大阪でのうどんとは違う。きつねうどんが本来のうどんと信じている
口で、しょうゆをかけて食うようなものは認めていなかった。
 しかし今大阪もこの讃岐うどんに侵食されている。まあ、きつねが食えなくなる
わけじゃないか、あの大阪独特のうどんの雰囲気が減っているような気がする。

 讃岐うどんとはあの独特のこしのあるうどんの事かと思っていらそうではなく、
製麺所により微妙に違い、そこで副業でうどんを食わしてくれるというのだから
そのなんとも成り立ちが妙だ。営利を求めない、独自の味を極めているところが
讃岐うどんとひとくくりに出来ない。

 3年ほど前に讃岐うどんを食べに行こうと車で瀬戸大橋を越えて行ったが、
あたりをつけて行かなかったのでうどん屋さんが見つからなかった。仕方なく高松駅
まできて、駅のうどん屋さんで食べたのだが、コレが普通のうどんだった。

 会社の元同僚が徳島出身で親戚の家に行くと必ずうどんを出された、といっていた。
食事とは別らしい。とにかく食べていけということになるらしい。映画の中に出てきた
宇高連絡船の中のまずいうどんが挨拶というのを裏付けるエピソードだ。

 フジテレビとして物足りない結果に終わりそうだが、ひとつのものに焦点を当て
徹底的に調査してエピソードをくみ上げていくとひとつのドラマが作れるという
いい例ではある。しかしそれがドラマとしてどこまでヒットするかはまた別問題で
出だしのスピード、夜明けのうどんを描くまでが長く以下のテンポはもう少しよく
して120分以内で収めるぐらいが、ちょうどよかったのではないか。

 ところでうどんといえばきつねだが、最近はこの映画に登場する醤油に凝っている。
卵(半熟または生)とねぎ、天カス(あげ玉)、ゆずで食べるのがうまい。ただし
まだ納得いくものに出会っていない。

 なお、東京のうどんは論外で、冷やしタヌキに至っては大阪人には認められない
ものだ。天カスと白ねぎだけのかかっている冷やしうどんなんて・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 25, 2006

24 第4シーズン

大阪では10月に深夜に連日放送しており、見始めるとやめられない。

今回の「24」もパート2以降の時間と移動を完全無視した内容で

24時間突っ走っていました。

列車爆破テロから、国防長官誘拐、原発メルトダウン危機、大統領専用機エアフォース1撃墜
核ミサイル発射、そして主人公ジャック・バウワーの死までが24時間の出来事で
描かれています。

そんなバカなと突っ込みどころ満載! 

このドラマ、回想シーンが作れないというウィークポイントを
うまく逆手にとってタフな連中が暴れまくるのが面白いところか。

やっぱはまりますね。

今回特にバカなシーンの連続、繰り返しとして出てくるのが、拷問と大統領の恩赦。
24時間で多分10回以上は出てくる拷問シーン。
そんなに簡単に恩赦発行していいんかい!といいたくなるぐらい情報取引に利用する。

パートVはまだ見てませんがテレビで充分、当分続きそうなのでまた見ちゃいます。

24中毒になっていない方は早く24第1シーズンをみてはまって、24ジャンキーになりましょう。


24 TWENTY FOUR シーズンI ハンディBOX
24 TWENTY FOUR シーズンI ハンディBOX


 この商品は送料無料です。 キーファー・サザーランド/24 TWENTY FOUR シーズンII DVDコレ
 この商品は送料無料です。 キーファー・サザーランド/24 TWENTY FOUR シーズンII DVDコレ

24-TWENTY FOUR DVDコレクターズ・ボックス(シーズンIII)
24-TWENTY FOUR DVDコレクターズ・ボックス(シーズンIII)
 この商品は送料無料です。 キーファー・サザーランド/24-TWENTY FOUR-シーズンIV DVDコレ
 この商品は送料無料です。 キーファー・サザーランド/24-TWENTY FOUR-シーズンIV DVDコレ

 この商品は送料無料です。 キーファー・サザーランド/24-TWENTY FOUR-シーズンV DVDコレク
 この商品は送料無料です。 キーファー・サザーランド/24-TWENTY FOUR-シーズンV DVDコレク

こんなDVDも出てます。
1281681819

| | Comments (0) | TrackBack (0)

映画関連グッズ

「映画」をキーワードにしたグッズを集めてました。

VERRImilano(ヴェリーミラノ) 名刺入れ V...

定価:¥4,500 ⇒ 販売価格:¥3,654

イタリアの本物志向のブランドで映画(ゴッドファーザーパート3)の衣装を手掛けるなど世界的に注目を集めるVER...

ニナリッチ レールデュタン 30ml...

定価:¥4,300 ⇒ 販売価格:¥2,499

さりげなく香るフローラルスパイシーな香り。誕生は1948年。以来、ジャスミンやローズの清潔感のある上品な香りは世界中の女性に愛されています。シンボル的...

DVDホームシアターシステム スロットイン...

販売価格:¥16,684

これ1台で映画も音楽も迫力サウンドで楽しめる 検索用キーワード:冬 発売日 2005/02/01‐ 生産国 中国‐ 消費電力 80W アンプ最大出力...

TMY(ティー・エム・ワイ) ポータブルD...

販売価格:¥30,345

メディアスタジアムがバージョンアップして登場しました。従来のテレビ、ゲーム、DVD、各種CD(音楽、写真、他)、MP3に加え、MP4、USB接続での各...

CASIO(カシオ) G-SHOCK DW...

定価:¥11,000 ⇒ 販売価格:¥8,379

G-SHOCKといえばコレ!!変わる事の無いシンプルなデザインは傑作の証!!Gの原点!!G-SHOCKの元祖といえばコレ!!人気爆発のキッカケとなった...

SONY(ソニー) HDD&DVDレコーダ...

販売価格:¥151,725

地上・BS・110度CSデジタル放送のハイビジョン番組を、そのままの画質で録画。これからはいつでも好きなときにハイビジョン番組を見られます。またデジタ...

お値段はかなりお手ごろか価格のはず。
よかったら買ってちょ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 11, 2006

スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ

スケバン刑事がスクリーンに帰ってきたのは非常にうれしい。
東映のカラーがちゃんと出ているつくりもいい。
しかし、丸山昇一脚本にしては話しの詰めが少々甘い? というか監督が
雰囲気で変えてしまった? のではないかというところがある。
「バトルロワイヤル2」のときに思ったが、この監督ストーリー無視して
暴走させてしまうところがあり、面白かったらいいジャン式に突っ走って、
ストーリーが崩壊しているような気がする。 
これを三池崇史が撮ったらもっと面白かったかも。

NY帰りのスケバンが特命刑事に任命されて学園に潜入。
その学園での爆弾テロが計画されているのを阻止するのが任務。
NYで拘束されている母親を助けるために、期間限定で麻宮サキを襲名して
潜入する。

お約束どおりでいい出足だが、学園での生活がいまいち中途半端。
最後は孤独なヒロインだったサキが仲間のために戦うようになってしまう
その過程が不足している。

「スケバン刑事~少女鉄仮面伝説」が孤独なヒロインが次第に仲間をつくり
彼らのために組織と戦うことになるのを丁寧に描いていた。
「探偵物語」の工藤俊作もこのパターン。

そこまで行かないのよね、今回のスケバン刑事は。

 あと描き方で不満を言えば、特命刑事が爆弾で死ぬときにあんな街中に
出て行くか? 他人を巻き込むようなことしないと思うが。
 いじめられっこが集まる集会も変。何の集会か不明で、そこの壇上に先生が
いるのは何? 意味不明。
 荒唐無稽なお話は百も承知。だけどその世界を納得できる設定と描き方を
してくれないと醒めてしまう。
 ラストの戦いは見ごたえあった。 竹内力が全くアクションシーンなしとは
もったいないのでパート2は是非とも大暴れしてほしい。

SONY(ソニー) HDD&DVDレコーダー スゴ録 ...

販売価格:¥151,725

地上・BS・110度CSデジタル放送のハイビジョン番組を、そのままの画質で録画。これからはいつでも好きなとき...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 08, 2006

太陽

話題の「太陽」見てきました。
実のところ感想が書きづらい映画です。
興味深い映画ではありますが、面白い映画ではありません。
淡々とつづられる昭和天皇の日常。戦争末期であるにもあるにもかかわらず
研究を行っている姿。要塞のような皇居の中で、人間でありながら神とされた
男の苦悩、孤独をイッセー尾形が実にうまく表現しているとは思います。
「あ、そう」
の台詞の微妙な雰囲気が面白い。皇后との再会シーンでは苦悩するひとりの
男の姿として映し出される。
東京大空襲の幻想的なシーンは面白い。
 そういえば「朕は・・・」って今までの天皇は自分のことを言うとき
 こういうものと表現されてきたと思うが、今回は言わなかったな。

◆相互広告のご依頼は歓迎! ご連絡ください。
◆このメルマガで広告出しませんか? 5行広告・1回100円で約150部発行します。

◆映画のチラシ買ってくれる人いませんか? 詳しくはこちらから↓
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/67171215/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 03, 2006

なんばの映画館

ローカルな話題で申し訳ないが、大阪のミナミの映画館地図が変わった。

私は本来、キタの人間なのでミナミまで足を伸ばすことは少なかったものの、
たまには気分を変えてとか、時間が会うのがここしかないというときには
出かけて行ったものだった。
 
 それで今回新しく「TOHOシネマズ なんば」が出来た!

なんばのど真ん中にシネコンが出来るとはなんともうれしいことで、
早速でかけた。 天井が高くおしゃれなつくりは、同じ系列の高槻とは
少々イメージが違う。 六本木に近いイメージかな。
丸井の百貨店の上に出来るのと、アルプラザ(平和堂)の上に出来るのとでは
ココまで差が出来るのか? ましてや六本木ヒルズとは・・・・・。

なんばは南街会館という日本一大きなスクリーンを誇る映画館があった場所。
私はここで、「地獄の黙示録」を公開初日に見た。最後に見たのが「ハムナプトラ」
だったと思う。
南街会館は日本で映画の興行が始めて行われた映画館で、その記念イベントにも行った。

 その南街会館と同様に大型映画館として東宝敷島、敷島シネマがあった。通りを
東に1本入ったところで今は小さなシネコン? に変わっているのでがっかりした。
敷島シネマはドラえもんのオールナイトを見に行った。東宝敷島では「スターウォーズ
帝国の逆襲」公開当時に録音をこっそりやった。いまでもこのカセットは残っている。
そういえば先の南街文化で「~帝国の逆襲」の日本語版の上映があった。当時としては
珍しく関西ではココ1館だけだったと思う。

 道具屋筋の中に千日前セントラルという大きな映画館があり、キタの北野劇場と
同じプログラムというのが売りの映画館があった。リバイバルの「エイリアン」を
ココで見た。私はスクリーンで「エイリアン」を見たのはココでだけ。今年の9月
15日に閉館となった。

 千日前OSスバル座も9月24日に閉館。ココでの映画を見た記憶は少ない。
大きく、段差があり、見やすい映画館ではあったが明るいのが好きじゃなかった。
「プリンス・オブ・エジプト」を見たのが最後かな。

 難波キネマ(なんばジョイシネマ?)という通好みの映画館もあった。小さな映画館だったが、
「美しき諍い女」の完全版と短縮版の2本立てを上映という快挙は歴史
に残ると思うのだが。まあ見比べても映画の印象は全く同じというのも
すごい映画ではあるが。「エルム街の悪夢 ザ・ドリームマスター 最後の反撃」
を見た。途中3D仕様の映画でこのめがねがまだ残っている。

 くにめ小劇場という映画館もあり30席のちいさな映画館で主にアート系の
単独上映をしていた。数回しかいったことが無い。
 なんば花月の下にあったのが花月シネマ。スクリーンの後ろから映写する
方式で、画質が悪かった。確か「1984」を見たのがココ。
 千日会館も地下2階の映写室から鏡を利用して地下1回の劇場に映画を写して
いた。今は劇場名をテアトルA&Pと変えており、入り口が変わってピンク映画館
となった。同じ方式で写しているのかな?

 弥生座は旧なんば花月のならびに合った。松竹の路線から変更していろいろ
上映するようになったが、音が悪いのが気に入らなかった。ガンダムの「スター
ダストメモリー」をモノラルで上映するとい快挙は許しがたくこのときは
姫路まで見にいった。

 松竹座も映画館として長くミナミの顔だったが、お芝居小屋に変わって久しい。
もうあそこで映画の上映をしていたなんて誰も覚えていないのではないか。
ラストショーの「風と共に去りぬ」を見にいった。スクリーンで見たのはこれが
最初だったが、もう見たくないという映画ではあった。

 ココ20年ぐらいの出来事。本当にかなり変わったなという印象を受ける。


PRESIDENT
/~\Fujisan.co.jpへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2006 | Main | November 2006 »