« ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟 | Main | 太陽 »

October 03, 2006

なんばの映画館

ローカルな話題で申し訳ないが、大阪のミナミの映画館地図が変わった。

私は本来、キタの人間なのでミナミまで足を伸ばすことは少なかったものの、
たまには気分を変えてとか、時間が会うのがここしかないというときには
出かけて行ったものだった。
 
 それで今回新しく「TOHOシネマズ なんば」が出来た!

なんばのど真ん中にシネコンが出来るとはなんともうれしいことで、
早速でかけた。 天井が高くおしゃれなつくりは、同じ系列の高槻とは
少々イメージが違う。 六本木に近いイメージかな。
丸井の百貨店の上に出来るのと、アルプラザ(平和堂)の上に出来るのとでは
ココまで差が出来るのか? ましてや六本木ヒルズとは・・・・・。

なんばは南街会館という日本一大きなスクリーンを誇る映画館があった場所。
私はここで、「地獄の黙示録」を公開初日に見た。最後に見たのが「ハムナプトラ」
だったと思う。
南街会館は日本で映画の興行が始めて行われた映画館で、その記念イベントにも行った。

 その南街会館と同様に大型映画館として東宝敷島、敷島シネマがあった。通りを
東に1本入ったところで今は小さなシネコン? に変わっているのでがっかりした。
敷島シネマはドラえもんのオールナイトを見に行った。東宝敷島では「スターウォーズ
帝国の逆襲」公開当時に録音をこっそりやった。いまでもこのカセットは残っている。
そういえば先の南街文化で「~帝国の逆襲」の日本語版の上映があった。当時としては
珍しく関西ではココ1館だけだったと思う。

 道具屋筋の中に千日前セントラルという大きな映画館があり、キタの北野劇場と
同じプログラムというのが売りの映画館があった。リバイバルの「エイリアン」を
ココで見た。私はスクリーンで「エイリアン」を見たのはココでだけ。今年の9月
15日に閉館となった。

 千日前OSスバル座も9月24日に閉館。ココでの映画を見た記憶は少ない。
大きく、段差があり、見やすい映画館ではあったが明るいのが好きじゃなかった。
「プリンス・オブ・エジプト」を見たのが最後かな。

 難波キネマ(なんばジョイシネマ?)という通好みの映画館もあった。小さな映画館だったが、
「美しき諍い女」の完全版と短縮版の2本立てを上映という快挙は歴史
に残ると思うのだが。まあ見比べても映画の印象は全く同じというのも
すごい映画ではあるが。「エルム街の悪夢 ザ・ドリームマスター 最後の反撃」
を見た。途中3D仕様の映画でこのめがねがまだ残っている。

 くにめ小劇場という映画館もあり30席のちいさな映画館で主にアート系の
単独上映をしていた。数回しかいったことが無い。
 なんば花月の下にあったのが花月シネマ。スクリーンの後ろから映写する
方式で、画質が悪かった。確か「1984」を見たのがココ。
 千日会館も地下2階の映写室から鏡を利用して地下1回の劇場に映画を写して
いた。今は劇場名をテアトルA&Pと変えており、入り口が変わってピンク映画館
となった。同じ方式で写しているのかな?

 弥生座は旧なんば花月のならびに合った。松竹の路線から変更していろいろ
上映するようになったが、音が悪いのが気に入らなかった。ガンダムの「スター
ダストメモリー」をモノラルで上映するとい快挙は許しがたくこのときは
姫路まで見にいった。

 松竹座も映画館として長くミナミの顔だったが、お芝居小屋に変わって久しい。
もうあそこで映画の上映をしていたなんて誰も覚えていないのではないか。
ラストショーの「風と共に去りぬ」を見にいった。スクリーンで見たのはこれが
最初だったが、もう見たくないという映画ではあった。

 ココ20年ぐらいの出来事。本当にかなり変わったなという印象を受ける。


PRESIDENT
/~\Fujisan.co.jpへ

|

« ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟 | Main | 太陽 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference なんばの映画館:

« ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟 | Main | 太陽 »