« 僕の歩く道 | Main | Dr.コトー診療所2006 »

November 09, 2006

14才の母

ハッピーエンドが約束されたドラマと思ってみている。

赤ちゃん誕生からどのように生きていくのか
その過程が見所だと思っている。

だから毎回毎回が楽しみ。

違和感があったのは第1話の二人が結ばれる
過程が弱かった。おぼこい二人がどう考えたって
まともにSEXしたようには見えないから。
でもそこはさておきでどんどん話がすすんで
今回は生むと決断する。

家族の苦難始まりでもあるのだが・・・。

「生物彗星WOO」の谷村美月ちゃんが暗い影のある
クラスメイトを演じているのが面白い。
あまり主人公の未希と絡んでこないが印象が
強い。美月ちゃんの気づかなかったのだが
映画が始まるときのおなじみの顔なのだ。
「海賊版撲滅キャンペーン」の黒い涙を流す彼女がそう。

目新しい素材ではないこの物語。
だけど飽きずに観れるのは家族の物語で
生まれてくる命を大切にしようとする心が感じられるから。
そして親が思っているよりも子どもは成長している
そんなところに共感できるからではないか。

子ども虐待のニュースが後を絶たないが
このドラマが命について考えるきっかけになればと思う。


|

« 僕の歩く道 | Main | Dr.コトー診療所2006 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 14才の母:

« 僕の歩く道 | Main | Dr.コトー診療所2006 »