« 14才の母 | Main | セーラー服と機関銃 »

November 10, 2006

Dr.コトー診療所2006

高視聴率が続くこのシリーズ、
フジテレビとしてはまたまた新しい鉱脈を見つけました。

海や山など自然が美しく、
そこへ医療ドラマを盛り込んで
魅力的な人々でドラマを回せば
やっぱりヒットします。

みんな長期契約したのかな。

新シリーズの蒼井優ちゃんがいいです。

この前観た映画「鉄人28号」でも若き天才科学者を
やっていたけど素晴らしかった。

さて、毎回誰か怪我したり、病気になったりしますが、
今回は長期で引っ張るお話をもりこんでいるのが
前作と少し違うところでしょうか。
(前作は1話完結の印象が強かった)

彩佳の癌、タケヒロの学費問題が
づっと最初から引きづっています。
まあ柴崎コウが島でのロケを嫌がったから
うまく死なす策かなと思っているのですが・・・・。

当分、ホントに長く、長く楽しませてくれることを
望みます。
(北の国からみたいになるかな?)


|

« 14才の母 | Main | セーラー服と機関銃 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Dr.コトー診療所2006:

» Dr.コトー診療所2006〜第5話・原親子、島に戻る! [一言居士!スペードのAの放埓手記]
Dr.コトー診療所2006ですが、騙された原さんは警察に相談しますが、「儲けようと思ったんでしょ?民事でやって」と相手にされません。そんな中、剛洋君が帰省するわけですが、娯楽の少ない志木那島ではほとんどお祭り騒ぎで、クス玉まで作って歓迎するわけです。(Dr.コトー診療所2006、第5話感想は、以下に続きます)... [Read More]

Tracked on November 10, 2006 01:51 AM

« 14才の母 | Main | セーラー服と機関銃 »