« ウルトラマンメビウス | Main | のだめカンタービレ »

November 05, 2006

父親たちの星条旗

太平洋戦争の硫黄島の戦いをアメリカ側から描いた本作は、星条旗を掲げた
若者たちをメインにこの有名な写真にかかわる話を描いている。
 
 日本軍の抵抗なか、上陸したアメリカ軍はなんとか硫黄島を占領する。
そのときに掲げた星条旗は実は2度上げられ、2度目の写真が全国に広まった。

 その秘話をつうじて、戦争に巻きこまれるのはいつも普通の人々であることを
描いている。決して彼らはヒーローではない。ヒーローは祭り上げられ作られるのだ。
 
 この映画はそれをかなり丁寧に描いている。星条旗を掲げるのに関係した
若者たちのその後を含めて「クラッシュ」で見せた構成力が素晴らしい
ポール・ハギスの脚本で見せていくのが素晴らしい。

 しかし難を言えば、肝心の硫黄島の戦いの全貌が見えない。日本兵を描くことを
完全にそぎ落としているから、戦争そのものが見えてこない。
 さらにもうひとつ言うと、2部作にしているのに、布石が無さ過ぎる。
一部そのように見えるシーンもあるが、せっかく2部作にしているなら、
この謎は次回作を見れば謎は解けるという具合にしてほしかった。

 ラストについている予告編は戦記物のような味わいを感じ取れた。「硫黄島からの
手紙」を楽しみにしたい。

|

« ウルトラマンメビウス | Main | のだめカンタービレ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 父親たちの星条旗:

« ウルトラマンメビウス | Main | のだめカンタービレ »