« 硫黄島からの手紙 | Main | デスノート the Last name »

December 19, 2006

007 カジノ・ロワイヤル

実は初日に見ていたのですが感想が素直にかけなくて悩んでました。
素直に面白い。

と認めたくない自分がいるのです。 でも、面白かった。

 中学時代に「私を愛したスパイ」を劇場で見たのが最初。だから007は
ロジャー・ムーアの印象が強い。ショーン・コネリー、ジョージ・レーゼンビーが
2番目3番目。英国のスパイというかっこいいヒーロー象はこのときにすりこまれた
ので、その後のボンド役者もどこかそういう印象を残しつつ、イメージが固定
されていた。それを崇拝していた。

 ナノに今回のあれは何? 青い目で、荒々しい、ちっともスマートじゃない
のに英国のスパイだって? 違うよこれ。ひどいな。って思っていた。

 でも映画は面白かったのだ。敵が弱いとかあるが純粋にストーリーとアクションが
素晴らしい。タイ映画のアクションを見ているかのような素晴らしい動き。
走って走って追いかけるシーンの素晴らしいこと。最初の爆弾犯、中盤の空港の
シーンが素晴らしかった。
 
 オチのつけ方も面白く007始まって以来最長の2時間20分、退屈することは
ない。

 リセットされた007映画としてみるべきことはわかっているが、どうしても
従来からのファンとしてお決まりのシーン、台詞が無いのは007映画として
認めたくないところだが、あえてそこは今後の作品をみて決めるていきたい。
 
 Qは出てこないし、飲む酒違うし、秘密兵器は出てこないし、決め台詞は
ないし・・・・・・。 どうも私はスティーブ・マックインがジェームズ・ボンドを
やっているような感じがして仕方なかった。


ところで「イノセント」のジャンカルロ・ジャンニーニが出てきたり
クライマックスはベニスで追跡シーンがあったりして
ビスコンティの味わいを感じてしまいました。

|

« 硫黄島からの手紙 | Main | デスノート the Last name »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50812/13118459

Listed below are links to weblogs that reference 007 カジノ・ロワイヤル:

» 「007 カジノ・ロワイヤル」ボンドの心に迫る傑作!肉体駆使のア... [soramove]
「007 カジノ・ロワイヤル」★★★★オススメ ダニエル・クレイグ 、 エヴァ・グリーン 、 マッツ・ミケルセン 、 ジュディ・デンチ出演 マーティン・キャンベル 監督、2006年、アメリカ イギリス プロだって、なりたてのアマちゃんだった時はあるもの、 今回のボ...... [Read More]

Tracked on December 24, 2006 at 07:57 PM

« 硫黄島からの手紙 | Main | デスノート the Last name »