« めぐみ 引き裂かれた家族の30年 | Main | 硫黄島からの手紙 »

December 08, 2006

武士の一分

悪くは無い、との書き出しを考えていたがやっぱりストレートにいきましょう。
悪いよ、これ。

 殿様の毒見役で貝の中毒にあたり盲目となった武士。その妻が夫のために
殿様へ取り計らってもらうために番頭へ申し出るが、引き換えに手篭めにされて
しまう。その復讐、武士の一分を守るために決闘を申し込む。

 目だって面白い話じゃない。下級武士の生活は「たそがれ清兵衛」で
丁寧に描いていたから今回は目新しいところはない。

だから観るところはキムタクでしかないのだ。

 それが残念ながらテレビのドラマの演技をするから非常に薄っぺらいものに
なってしまった。
 台詞や夫婦関係を見せる描写など山田洋次らしいところはあるが、血が通って
いないような印象を受けた。
もっとストレート言うなら投げています。そんな感じがします。
完成度が非常に低い気がした。決してそんなことは無いと思いたいのだが
編集、展開、シーンの切り替わりなど丁寧さを感じなかった。

たとえばタイトルの出し方だが、文字の大きさやストーリーの展開の中で
表現するがどうも品が無い出し方に見える。エンディングタイトルもそう。
緒形拳の登場に仕方も唐突。普通は訪問するところから始まってどこへ
何をしに来たか、誰に会いに来たかを明確にして道場の訓練シーンになるはずが
いきなり訓練シーン。判るけど、ずさんに見えた。

同じ毒見役の仲間との交流の描き方も不十分だったし、妻への不審を感じ始める
ところから調べさせる下りも桃井かおりを登場させて無理やり話を進める強引さを
感じてしまった。

 多分、キムタクの演技がだめだったところからあきらめムードになり、
2時間1分でまとめただけの映画に成り下がってしまったのでは。

 この映画は近年の山田洋次監督の汚点になるかもしれない。

笹野高史だけはよかった。時代劇として、山田組として充分役目を果たしていたのは
彼だけだったように思う。

|

« めぐみ 引き裂かれた家族の30年 | Main | 硫黄島からの手紙 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50812/12980894

Listed below are links to weblogs that reference 武士の一分:

» 【ディズニー リロ スティッチ】鮮やかなディズニー リロ スティッチ★武士の一分見たよ~♪ [★スティッチ ラブ ブログ★]
鮮やかな色がとってもかわいいです★☆ディズニー リロ スティッチ、カワイイ画像を携帯に保存にしよう~...【今日のオススメ 武士の一分(キムタク主演)】サムライのキムタク [Read More]

Tracked on December 17, 2006 at 09:30 PM

« めぐみ 引き裂かれた家族の30年 | Main | 硫黄島からの手紙 »