« 武士の一分 | Main | 007 カジノ・ロワイヤル »

December 16, 2006

硫黄島からの手紙

どうしてダーティハリーにこんな日本の映画が撮れるのだろう? というのが
率直な感想でした。99%日本語の日本人の映画なのです。
「父親たちの星条旗」で姿を見せなかった日本人の姿を今度はかなり克明に描いて
行きます。
 栗林中将の赴任からその島の風景、駐屯している兵隊たちの姿、その想い。
海軍と陸軍のわだかまり、上官への不振、天皇陛下への忠誠、そして死闘。
 
 どうしても注目してしまうのが何故アメリカ人が日本兵を描くことが
出来たのか? 天皇陛下への忠誠心、靖国の御霊なんてわからんはずが、
ちゃんと描けている。

 赤紙が来たときのエピソード、出征がめでたいことなどが描かれている。
 憲兵隊になり損ねた青年の犬の話などはとてもアメリカ人が描けるものではない
そんなエピソードが次々に出てくる。
 
 同じテーマで日本人が制作、監督したらきっと泣かす映画になるところを
アメリカ人の視点、つまりは戦勝国の視点でうまく収めている。 今まで私が見てきた
日本の戦争映画は敗戦国が作った敗戦国を描いた映画なのだ。そうなってはいない。

生き延びたことが決して悪く感じないのだ。

 「男たちのYAMATO」で生き延びた人たちの姿が痛々しく、悪いことを
したように写る。しかし「硫黄島からの手紙」にそれはない。

これが決定的に違う。

 細部でおかしな日本を感じるシーンは無くはない。でも本当に気にならない。
昨年の「SAYURI」で無茶をしたことを思えば、同じ国の映画とは思えない出来。
同じハリウッドが作った同じ日本の国とは思えない。「SAYURI」に出てくる
兵隊さんはひどかった。

 決して届くことにない手紙を書き心の支えとしている姿は本当に痛々しい。
戦争に意味がないこと、本当に一般の人々が犠牲になっているこの事実。

クリント・イーストウッドは2本の映画でひとつの島を舞台にして、
戦争の無意味さを本当に見事に描いた。戦うそれぞれの立場にたってここまで
きっちり描いた作品は他にはないと思う。映画史に残る作品だと思うし、
アカデミー賞も充分狙えるので是非ともとってほしい。

ところで翻訳戸田奈津子さんの名前出てきたけど、ホントに少ない英語シーンの
ためだけのお仕事だったのかしら。ご苦労さまです。

|

« 武士の一分 | Main | 007 カジノ・ロワイヤル »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50812/13083556

Listed below are links to weblogs that reference 硫黄島からの手紙:

« 武士の一分 | Main | 007 カジノ・ロワイヤル »