« 007 カジノ・ロワイヤル | Main | 鉄コン筋クリート »

December 30, 2006

デスノート the Last name

感想が書きづらい映画でこのメルマガには登場してませんでした。

一言で済みます。 面白かった。

それじゃあんまりなのですが、これ見ないと判らない、説明してもわからない
と思うし、前編見て気に入った人だけにしかわからないと思う。
まあ、大ヒットしたので賛同する人は多かったと思うのですが、
非常に巧みなストーリーでそれをどこまで理解して、映画にのめりこめるかで
感想は違ってくると思う。

あとからかなり追加の設定が都合よく出てくるのがよく思わない人もいるかと
思う。実際そのように感じるところもあるが、それ以上にこのストーリーの
成立させるのが見事だと思った。

まあ蛇足的に見えてしまったのがそれぞれのキャラの感情が薄くなってしまった
ことか。
 
はまってしまった私の感想などは面白くないと思うのでココまでにします。

自分ははまれると思う人は是非ともみてあの世界のあの面白さを感じてください。


この世の悪をなくすために使われたデスノート。それにより理想の世界を作ることは
出来たのか? 出来るのか? それを求めることは正しいことなのか?
悪というだけで死という制裁を与えることははたして正しいこと?人の世に必要な
ことなのか? そのあたりの答えが少しボケてしまったようなところはあります。

でも金子映画としての女の子映画になっていたのはうれしかった。

|

« 007 カジノ・ロワイヤル | Main | 鉄コン筋クリート »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference デスノート the Last name:

« 007 カジノ・ロワイヤル | Main | 鉄コン筋クリート »