« December 2006 | Main | February 2007 »

January 2007

January 31, 2007

ゆうばり応援映画祭

上映予定作品は以下の通りです。
話題作ばかりでうらやましいです。


『ロッキー・ザ・ファイナル』
『ハッピー フィート』
『プロジェクトBB』
『ゴーストライダー』
『デジャヴ』
『あかね空』
『オープン・ウォーター2 -アドリフト-(原題)』
『バベル』
『映画ドラえもん のび太の新魔界大冒険~7人の魔法使い~』

Yubari468x60_1

http://www.yubari-ouen.com/index.html

| | Comments (0) | TrackBack (1)

犬神家の一族

 三度目の正直でやっと見れました。
TOHOシネマズ高槻さんありがとうございます。プレミアスクリーンで
しかもご招待で見ました。なんとその日は私ひとり。凄く贅沢な気分で見ることが
出来て満足です。

 さて映画はというとなんと驚いたことにそのまんま。あの過去の作品となんら
違っているところがない。まあ役者が違うのだけど、金田一と等々力署長が一緒
だから印象としては同じ。なんのひねりもないこんな作品見たこと無い。
ふつうならリメイクすると少しなにか味付けするだろ。ある意味コレは凄いこと
かもしれない。「サイコ」をリメイクしたのと近いものがあるね。

 前作が公開された当時、小学生の私として映画を見始めた頃ではありましたが
この手の映画は見ていませんでした。劇場公開された映画を3年はTVで放送
しないというルールがあった時代に角川映画は劇場公開から11ヶ月(だったと
思います)で放送してしまったのです。月曜ロードショー、TBS 荻昌弘の
解説で。 で、それを見た夜、寝る事が出来ませんでした。とても怖かったのです。
あの最後の殺人、斧で頭を割る殺人シーンは本当に怖かった。その印象が
非常に強かった。ストーリーは意味のわからない言葉が多かったのであまり
理解していなかったと思います。そんなトラウマとなった映画です。

今年の1月1日の朝日新聞で監督の市川昆は91歳なのにまだ越えたいものが
あるとのこと。それって一体何なのでしょう?

 台詞と台詞がかぶりかなりインパクトを与えるシーンは見事ですが昔のほうが
シャープに感じました。
タイトルの字幕がエヴァンゲリオンで採用されそのインパクトが強くそのためか
今回はいまいち印象が弱かった。
 
 日本映画専門チャンネルで旧作を放送する予定なので再見したいと思います。


「犬神家の一族」金田一耕助 限定1000体【石坂浩二/リアルアクションヒーローズ/メディコムトイ】


■送料無料■サウンドトラック CD【犬神家の一族】 06/12/13発売


犬神家の一族(DVD) ◆20%OFF!


金田一耕助の事件匣(5枚組)(初回限定生産) ※再プレス(DVD) ◆20%OFF!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 29, 2007

愛の流刑地

再び「犬神家の一族」を見にいったら途中道路が混んでいて間に合わなかったので
今の超話題作「愛の流刑地」をみた。

 こんな映画みんでもいい。
 スカ。

 ピンク映画を見ている人間にはほんとも足りない。
 エッチなシーンがではなく女の情のようなものが全く感じられない。

 男もなんだあれ! 選ばれた殺人者って喜んでる場合か!?
 お前懲役8年だぞ。私はいやだ。理解したくも無い。

 周りの役者もミスキャスト多く見てられない。長谷川京子、陣内はダメです。

 以上 終わり


もう少し追加するなら、女の心が見えてこないのが非常に面白味にかけるのだ。
家庭での姿が見てこない。
舞い上がってしまったら降りることは出来ない、という台詞への到達しない。
あまりに唐突。本人が死でしまったところをトレイスするから仕方がないが
それでももっと描きようがあったと思う。
女ってわからないよね、怖いね、でもどうしようもないんだよね男は・・・・にいきついて
ほしかった。

上に乗せて首をしめて殺すことじたいおかしいのだが、そのこへの説得力がまるで無い。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

January 18, 2007

ハンターコード-愛しき賞金稼ぎ-

「ハンターコード」ってドラマ知っていますか?

大阪ローカルの土曜日深夜のドラマです。

SFハードボイルドな味わいが期待できそうです。

舞台はネオオオサカ。賞金稼ぎの通称=Jが

ある男を追っていく。そこへ謎の女がパートナーを申し出る。

なんとなくブレードランナー。それでいてブラックレインの大阪が

進化したような感じがします。

原作コミック、小説みたいなものがなく、オリジナルらしい。
最近のテレビドラマでは珍しい。
出演者、スタッフも
あまり知らない面々で多分大阪パワーでABCが制作して
いるのだと思う。

データ放送との連携もやっていて結構カルトな話題になるかも・・・。

http://asahi.co.jp/h-code/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 16, 2007

エラゴン

 「犬神家の一族」を見にいったらやってなかった。水曜日は10時の回は上映なし。
ええかげんにせいよ! TOHOシネマズ! 仕方なく見たのがこれ、「エラゴン」。

 あまり悪く書かれていなかったので気にはなっていたが「ロードオブザリング」以降
のファンタジー映画はもういいいって感じで見る気は無かった。

 で見たら、まんま「スター・ウォーズ」じゃん。さすが20世紀FOX。まあ
「スター・ウォーズ」にはドラゴンは出てこないんだけど、似たようないっぱいいるから。

 原作者が若くてベストセラーになっているとこのと。確かに本屋で見かけた。
帯に映画化の文字も見たのでいつだろうと思っていた。

 お話の要素はどこかで見たことのある内容の組み合わせだが、無駄がない分
スピードも速く見ていられる。展開の速さ、あまり苦悩しない主人公、ご都合主義的な
ところもなくは無いが、ご愛嬌として110分を楽しめる。出来ればもう15分長くして
最後の決着をつけてもよかったのではないか。3部作は決まっているからお預けの
ラストは見たかったな。これで終わっちゃってたらそれはそれでよかったかも
しれない。

 「ゲド戦記」「ロードオブザリング」と地続きのような世界が舞台。
「ゲド戦記」は物語の構成がまるでダメ、「オードオブザリング」は長すぎで
付いていけない、などがあったが「エラゴン」ははしょりすぎているものたりない。
「ナルニヤ国物語」もいまいち、「ハリーポッター」も面白いとは思うがのれない、
あまりにネタを小出ししすぎて全体が感じられない、どこへ向かっているのか?

なかなかこの手のファンタジー作品では名作などは生まれないのかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 13, 2007

THE有頂天ホテルTV編集版

これはひどい。ひどすぎます。2006年の大ヒット映画がこれか・・・。

 劇場で見るべきだったのだが、見れなかった。行く気にならなかったのも
あるが(時間が長いと都合がつかない)、気にはなっていた。
 
 年末にTVで放送と聞いて12月30日にオンエアをビデオで撮り、製作者の
意図を汲んで31日に見た。映画が大晦日を描いているから当然そのほうが
雰囲気がでるはずとふんでいた。まあ見たい番組も他に無かったので。

 で、あの放送は何? CMに入る前に次のシーンの説明がいちいち入る
くだらん、うっとしい演出と編集。馬鹿じゃないの。

 映画はさらにひどい、時間を無視している。空間を無視している。言葉では
大晦日といってるがその雰囲気がまるで出ていない。あのホテルは一体どういう
構造になっているのか考えてないだろ。それがなんとも見ていられない。
普通はどんなホテルか、何階建てのどういった設備のあるホテルかを明確に
してその閉ざされた空間での人と人との出会いとわかれとぶつかりあいを
描くはずなのにイメージとして横に広いだらりとした緊張感のない舞台設定に
なってしまっている。お芝居と間違えているね、これは。

 役者はこれでもか!というぐらい個性のある連中を集めているがこれが相乗効果を
生んでいない。まるでばらばらに動いて絡んでこない。絡ませているはずが
ゆるゆるなのだ。だからぜんぜん面白みが生まれてこないのだ。はっきり言って
パーティを成功させるためだけに支配人が右往左往するだけで面白いはずなのに
詰め込みすぎのエピソードがボケてしまっている。

 だいたい時間、カウントダウンパーティをやろうとしているのに時間が全く
描かれていない。正月前らしい雰囲気もないし、あれは日本の大晦日なのか?

 三谷作品は嫌いではない。しかし彼のなにか誤解したような演出が時に無性に
おかしく付いていけなくなることがある。彼の作家性、個性といえばそうかも
しれないが、今回はだめだ。これは受け入れることができない。

テレビドラマ「HR」はよかった。ひとつの舞台でのひとの出入りがおかしく
限定空間を最大限に活かしていたと思う。まあテレビでやる必要はないと思ったが。
同様の手法で「THE有頂天ホテル」をやれば見れるかも知れないが・・・・。 
もっと外へ出て展開する映画を学んでほしいと思う。

 三谷作品で好きなのは「やっぱり猫が好き」「新撰組」。
「やっぱり猫が好き」のなんともいえない微妙な間を持たせた会話の雰囲気が
とても気に入っていた。コレはあの主役3人功績かな。
「新撰組」は大河ドラマでありながら三谷テイストを活かすことに成功していた
のがよかった。大河らしくない批判はあるかもしれないが。
「古畑任三郎」は見たくなかった。あれはダメ。うまくいえないがあの雰囲気は
見たい気にさせなかった。だからシリーズは未見。イチローのときだけ見て
彼の演技がうまいというより上手にこなしていると感じただけに終わった。

 まあそれなりに気になる人なのでこれからも機会が得れば見ますが
このままでは期待できないな。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

January 08, 2007

神様からひと言

WOWOWドラマで年末に放送されました。
ある食品メーカーのお客様相談室を舞台にしたお話。
サービス・小売業で働いていれば誰もが経験しているような内容が展開され結構
面白く見ることができた前半に対して、後半は企業買収、のっとり騒ぎで決着を
つけるといった内容。この後半が面白くない。あくまでお客様相談室のお話で
終わらせてほしかったな。

 信じられないようなクレームの客は本当にいて、現実のほうが面白いのでは
と思わせるようではダメ。 劇中のハエのクレームは、絶対お客様を悪く言う
ことはありえない。そのテクニックはちょっと違うなと思う。

 自分の中で最近信じられないのがギフトの頂き物を変更してほしいと平気で言う客
がいる。 バスマットを内祝いでもらったが、気に入らんから別の商品に代えてほしい
といってくるのだ。もちろん断るが引かない。あまりにじゃけんに扱うとこじれるので
仕方なく応じることになるのだが、一体何かんがえているのか? わがままにもほど
がある。

 正月見る映画が無いから「ニッポン無責任時代」を再見した。植木等の傑作だが
犬塚弘も出ていた。「神様からひと言」にももう引退した元経営者役で出ているが、
ラストには会社建て直しに復帰することになる。結局は今の社会の幼稚さが
あの無責任世代より頼りないということか。コレを団塊世代と団塊ジュニアの対比と
みるのは正しいのだろうか。
 大量の定年者を出すといわれている2007年の年の初めにそんなことを思いながら
鑑賞した。


| | Comments (0) | TrackBack (2)

January 07, 2007

2007年映画の話題

1月2日から働いているのでなんとも正月気分がでない正月でもう7日となりま
した。みておいたほうがいい正月映画も見れずにここまで来てしまっています。

 年賀状のやりとりでうれしいニュースがはいってきました。
「ゆうばり応援映画祭」を2月22~25日にやるとのこと。従来の映画祭とは
違った運営になるようですが生き残りをかけての有志があつまるようです。
元国王としては駆けつけたいのですがお金もなければ時間もなく断念。
大阪から成功を見守っています。NPOをたちあげて夏に映画祭を行う話もあり
まだまだあきらめていない様子。応援よろしくお願いします。
http://yubari.org/


 今年のラインナップで気になる映画をピックアップ。
「転校生」を大林監督自らリメイク!ってなにそれって感じです。非常に気になる
1本です。


「トランスフォーマー」がマイケルベイで映画化もふざけてます。でも予告は
かっこいいよ。しゃべるロボットの実写映画って・・・。成功すればこの手の
映画増えるかも。巨大ロボットものの実写映画化。「無敵鋼人ダイターン3」なんて
いいかもね。トランスフォーマーといえばタカラ。もうけてくださいよ。
http://www.transformers-movie.jp/top.html

「風の谷のナウシカ外伝」未確認情報だけど庵野監督がジブリで映画化するらしい。
今年の夏って聞いているけどホント? 東宝のラインナップには出てこないのだけど。

どろろ」「ゲゲゲの鬼太郎」とマンガの大御所の映画化が2本あり。どちらも
CGにたよって制作されているのがどんな出来になっているのか・・・・・不安です。


ジャンゴ」スキヤキウエスタンと呼ばれる日本風西部劇を三池監督が山形県で
撮影しているらしい。こちらの出来が非常に気になります。うまくいけば東京ファンタ
でお披露目となるのでしょうか・・・・・今年もやっぱり中止かな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2006 | Main | February 2007 »