« アカデミー賞 | Main | ラジー賞発表 »

February 24, 2007

どろろ

予想通りの失敗作です。
予感はあったのですが、当たりました。
持論ですが、手塚原作映画に名作無しです。

なぜか?

あの世界はマンガの世界であり、作品は多くとも駄作、投げ出した作品も多く
イメージとしてマンガのキャラが印象付けられ、そこから逃れられない、

といったところでしょうか。

今回の「どろろ」もあの世界観から抜けるために工夫と努力が見られますが
完全に失敗しています。

 原作は日本の室町時代?ごろとしているのにそれを拒否。なのに出てくる映像は
日本ポイものが多い。しかしいきなりラメのブラジャーにダンスとはなんじゃ?
スター・ウォーズの酒場のようなシーンで立ち回りがあるが、基本ヘタ!アクションが
なっとらん。

冒頭のこのシーンでもうダメでした。

多くの妖怪が出てきて百鬼丸を苦しめ、一匹倒すごとに体の一部が戻る設定は
面白い、それが日本の室町時代だから面白いのに・・・・室町時代のサイボーグ。
原作はその最初の設定がいいが途中で破綻、ラストは父母を許し去っていく。
無理に終わった感じがする。

そこを映画では無理に映画らしく決着をつけた感じ、でもね・・・・。
どうでもいいや。

原作を壊して名作になるものもあるから、今後手塚原作で名作は出てくるかも
知れないが・・・・多分無理。

「瞳の中の訪問者」「火の鳥(市川版)」「火の鳥2772愛のコスモゾーン」
「ガラスの脳」「ジャングル大帝」「ブラックジャック(いろんなバージョン)」
「メトロポリス」などなど

なんかいいのあったけ?

いま1本思い出しました。「ユニコ」はよかった。これは少々手塚テイストが薄いが
名作です。子どもと一緒に見ることをオススメします。

|

« アカデミー賞 | Main | ラジー賞発表 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50812/14025329

Listed below are links to weblogs that reference どろろ:

» イスラミヤ [また]
キリスト教の各信徒が こぼれ話 しかし 画面上へ [Read More]

Tracked on February 25, 2007 at 01:14 AM

« アカデミー賞 | Main | ラジー賞発表 »