« 墨攻 | Main | ウルトラマンメビウスのお兄さん »

March 12, 2007

Gガール 破壊的な彼女

スーパーマンでは決してSEXは描かれない。だからこの前復活した
スーパーマンはストーカーと化していた。非常に不健康。正義を貫くというのは
本当に不健康で、人間的な生き方ではないのだ。
 そこを最初から崩してしまったのが「Gガール」だ。だから最初からSEXネタが
多く、嫉妬に狂う姿はあまりに人間的すぎてそれが素敵だ。こうでなくっちゃ。
だから男の出番はない。あるにはあるが意味をなさないのだ。ホント男はどうしようも
無いものとして描かれる、情けない。

 この映画の見所はそこだけ。だからアクションシーンは少ない。そこが
なんとも味気ない。嫉妬に狂うシーンで彼氏のベッドにサメを投げつけるシーンは
恐ろしくも笑えるシーンだが、コレぐらいかな。
 ラストの飛行機の墜落を助けに行くシーン、そこで終わっていてなんかスーパーマンの
最初の復活のお仕事に繋がるかのようでその活躍は見れなくて終わってしまうのは
残念だ。

是非とも冒険編としてパート2と完結編まで作ってほしい。娘が生まれてそれも
スーパーパワーを持っているなんて素敵じゃない。

ユマ・サーマンの戦いぶりはキル・ビルほどではない。でもその他のお色気シーンも合わせて
お子様に見せることのできないでも内容はお子様映画って感じでした。

監督が「ゴーストバスターズ」のアイバン・ライトマンっていうことで納得しました。

まあ私はカッコイイ女性が好きなので結構楽しめました。見ても怒っちゃダメだよ
こういう映画は。

|

« 墨攻 | Main | ウルトラマンメビウスのお兄さん »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Gガール 破壊的な彼女:

« 墨攻 | Main | ウルトラマンメビウスのお兄さん »