« 華麗なる一族 最終回 | Main | 黒い春 »

March 19, 2007

グアンタナモ、僕達が見た真実

日本語サブタイトルをつけるなら「それでもボクはやってない」だ。
 
 9.11テロに参加した、その一味であると疑われた若者たちの生還の記録を
映像化したもの。証言でつづられる映像はドキュメンタリーかと思わせる
説得力がある。 そして感想は一言、よく耐えたと思う。

 パキスタン系イギリス人の若者が結婚式でパキスタンに帰国。
戦争が勃発した隣国アフガニスタンへ入りそこで米軍にとらわれて、
キューバへ送られ尋問をうける。投獄されていたのは5年間。彼らはづっと
絶え続けるのである。

 なんかひどい話で、結局犯人に仕立て上げたかったのが丸見え。
人権なんてまったく無視されている事実がある。

 まあ、米軍としてはあの9.11テロはそこまで追い込まれた事件だったとは
思うがしかしこれでいいのか。

 ところでまだ9.11テロの犯人、首謀者は捕まっていないよね。
時間がたてばこんなもんなんだと思ってしまう。

 この映画に出てくる若者たちはあのテロのとばっちりを受けたといえる。
彼ら以外にもまだまだいるはずでその影響はほんとうに大きいと感じる。

|

« 華麗なる一族 最終回 | Main | 黒い春 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference グアンタナモ、僕達が見た真実:

« 華麗なる一族 最終回 | Main | 黒い春 »