« 大帝の剣 | Main | ハンニバル・ライジング »

April 30, 2007

サンシャイン2057


 「クライシス2050」のリメイク! かと思ったのですが違ってました。
(「クライシス2050」って知ってる?)
でも基本的なストーリー、設定は同じだったと思うのですが・・・覚えていません。
 真田広之が主演、キャプテン役と聞いていたがまともに宣伝された様子がなく
それである程度あたりをつけて見に行ったら大当たりでGWまでの中継ぎ上映が
納得できる作品でした(継続上映中も一部あるみたいです)。

 太陽が衰えるのを阻止しに行く映画なんですが、重い、ヘビー、暗いの三拍子
揃っていて、真田は途中退場しちゃうし、ミシェール・ヨーもいつものカッコイイ
お姉さんじゃなくて殺されちゃうし、最後のほうはゾンビ、怪物映画のようになって、
それで何がいいたかったの? って感じで地球に光がもどってくるという映画でした。

宇宙を舞台に哲学を語るような映画、又は宇宙で神の存在を問うような映画は
そのこと自身が無意味に思えてくる。その先があるはずで「2001年宇宙の旅」は
そこまで行ったと思うが、大抵の映画は物語が破綻して終わっている。
これもそのうちの1本。
もしかしたら「惑星ソラリス」や「サイレントランニング」になれたかもしれない
要素はあったのですが・・・・。


|

« 大帝の剣 | Main | ハンニバル・ライジング »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サンシャイン2057:

« 大帝の剣 | Main | ハンニバル・ライジング »