« ナイト・ミュージアム | Main | サンシャイン2057 »

April 29, 2007

大帝の剣

面白くないとうわさの「大帝の剣」を見てきました。
 素直に面白かった。といっておくが、ダメな人にはダメの映画であることには
違いない。

 時代劇なのに宇宙船が出てきて、宇宙から来た金属オリハルコンをめぐっての
大冒険活劇。

 妙に強い男と妖術を使うニンジャ軍団、宇宙人、歴史上の人物が入り乱れ
コレが面白くないわけ無いじゃない。

 でもなんか足りないのだ。多分こういう作品を見せるときのアク、毒のような
物がないのだ。
 どこか個性を8分目で抑えているような気がする。だからこの映画は三池崇史から
毒を抜いたような映画といえる。監督は最近三池崇史化している堤幸彦監督。
意識しているかどうかはしらないがそんな気がしてならない。
 でもまあ「どろろ」よりはまともに時代劇として江戸時代を舞台にしているぶん
そんなことは無いだろうと突っ込みながら楽しめる。
 コメディの要素がどっちつかずで、カッコイイ部分とのバランスとがあまり
良くなかった。
 あとひとつ、最近珍しく、必要以上にしゃべるナレーション。コレが本当によく
しゃべる。画面に映っている人物の演技、感情の内容まで語ってくれるのだ。
うるさいぐらいに説明してくれるこのナレーション、後で気づいたがコレは弁士
なのだ。多分冒険活劇としていることから昔ながらの活動写真の雰囲気を出すための
演出だったのだと思う。まあ頭の悪い客にはわかりやすかったと思うんですが。

そんなに説明せなあかん映画ではないんですが・・・・。

|

« ナイト・ミュージアム | Main | サンシャイン2057 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 大帝の剣:

« ナイト・ミュージアム | Main | サンシャイン2057 »