« 大日本人 | Main | 由美香 »

June 25, 2007

監督・ばんざい!

カンヌ映画祭の日本にとってのもうひとつの話題が北野武監督作品の
「監督・ばんざい!」だった。
 この映画がまたひどい。「大日本人」とはまた別の意味でひどい。

 知人の言葉をかりると

 松本人志は映画を壊している。
 
 北野武は映画を壊そうとしている。
 
 鈴木清順は壊れている。

 なかなか当たっている。

(誤解のないように言っておくが、鈴木清順はほめ言葉だよ)


つまりはインテリの北野武はしきりに映画を壊そうとして、今までに無いぐらい
ひどい映画を自分で作ろうとしたのだ。
 確かに苦痛を覚えた。この映画を見るのは本当に苦痛だ。
面白くなく、興味が持てるところもない。ストーリーもなく、登場人物の背景も
なにもかもが繋がらないドタバタで終わっている。

 この人は何か撮りたいテーマがあったのだろうか? 無理に作らなくていい。
そう思った。なぜか祭りあげられてしまって悲しい運命にあるような気がする。

 「HANABI」と「あの夏、いちばん静かな海」以外は暴力的でちっとも面白くない。
撮りたくないならとらなくていい。

 フェリーニの「8 1/2」の真似のようだが、それなら森崎東「ロケーション」という
傑作がある。それに比べるとクズだ。「みんな、やってるかい」のほうがまだ見ることが
できた。

 同時上映の「素晴らしき休日」もカンヌでのみ公開された60周年記念の短編という
ことで非常に興味があったのだが、全くオチのないつまらない作品。彼はコメディの
才能までなくしてしまったのか。

 面白くも無い、テーマもない、見るべきところがひとつもなく、無駄に時間が過ぎる
そんな映画は作ってほしくないし、映画自体不幸だ。

 もう映画撮らなくていいよ。誰かが北野武にそういうべきだ。

|

« 大日本人 | Main | 由美香 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 監督・ばんざい!:

« 大日本人 | Main | 由美香 »