« スケパン刑事 バージンネーム=諸見栄サキ | Main | 電脳コイル »

June 12, 2007

ブラック・ブック

見たくて見られなかった今年の春の話題作。
 こういう映画こそ見ると誰かに伝えたくなる映画。
 そういう映画でした。  面白かった。

 第二次世界大戦中のオランダ、ドイツの侵攻で隠れ家に住みユダヤ人エリス。
爆撃で隠れ家を失い、国外逃亡しようとしてナチに待ち伏せにあう。そこで
再会した家族を失ってレジスタンスに身を寄せることになる。数ヵ月後、スパイとして
ナチに潜入するもそこでであった将校と恋に落ちる。そこにはナチの中での
陰謀があり・・・・・。
 「ブラック・ブック」というのは彼女か巻き込まれた事件のことが書かれた手帳の
ことで実在したとされるものだが、真偽は不明で失われているらしい。

 それをポール・バーホーベン監督がハリウッドから古巣に戻って映画化した。
その女性の描き方が見事で、かなり芯の強い女性を描いている。
ストーリーの切れも良くて2時間半、どのシーンも見逃せないほど。
小道具の使い方もうまく、上手に複線が張られている。

 少々ネタバレになるが、ラストの棺おけの中身、財宝が詰まっており、彼女の
復讐、恨みもまた詰まっている。それを破壊するのではなく閉じこめることで
終わらせようとするが、ふと静かになったとき、静寂がもどったとき、
「このようなことがずっと続くのかと思った」とはく台詞から彼女の戦いが
終わったことを感じる素敵なシーンだ。だから封印することで終わらせるのではなく
オープンにすることによって彼女の戦いを終わらせたのだ。

 ポール・バーホーベン監督のいつもながらの気性の激しい女性を描いている
ところも面白い。ハリウッドへ来る前にオランダで撮った「危険な愛」「女王陛下の戦士」
のうわさは前から聞いているが未見。見たくなった。

|

« スケパン刑事 バージンネーム=諸見栄サキ | Main | 電脳コイル »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラック・ブック:

« スケパン刑事 バージンネーム=諸見栄サキ | Main | 電脳コイル »