« 01-18-08 D-WAR | Main | ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 »

August 23, 2007

河童のクゥと夏休み

面白かった。

 本当に面白くていい映画だ。
 今年の夏休みで最高にいい映画だと思う。他の作品はほとんど見る気が
 しないがヒットしているそうで、そんなの見る暇があったらクゥを見ろ。
 もっと多くの映画館で上映しろ!

 この映画、後世まで伝えたい、世界で日本のアニメの最良作として公開して
 ほしい映画。

 安易なエコロジー映画より説得力がある。
 「E.T.」のようなあまあまファンタジーではない。

 その面白さを子ども以上に大人が体験すべきだ。

 ■家族の描き方が素敵だ。
妹の瞳ちゃんは演技賞ものだが、それぞれのキャラも
またいい。印象に残るシーンとしては「康一の旅立ち」だ。
 河童がいるかもしれない遠野へクゥと二人で出かけることになる。
 父親と母親が見送るシーン。母親は康一は振り向きもしないことに不満をいう。
 父親は「照れくさいのさ」と返すが、母親の目には涙?急いで家にはいる母。
 3人の性格がとてもよく現れているシーンで感動した。自分が始めてひとりで
東京へ泊りがけで遊びに行くときに駅まで見送ってくれた母親を思い出した。
 こんなに細やかの家族を描いたシーンのある映画は最近お目にかかったことが無い。
 そういえばクレヨンしんちゃんの家族の風景がとても正直でリアルに思えたのを
思い出した。山田洋次監督以上に今の家族の姿が描けているように思えた。
 
■父の死、オッサンの死。
最初のシーンから容赦なく「死」が出てくる。
クゥの父親が殺されるシーンだ。江戸時代、人と河童と共存していたはずの時代、
私腹を肥やすサムライに切られるシーンだ。最近の子どものアニメなら表現を躊躇
するのではと思ったシーンだ。
 オッサンはクゥと友達になる犬。彼は心に傷を持っており、現代に甦ったクゥの
相談役となるが、クゥを助けようとして車にはねられる。
 どちらの「死」もいい加減に描いているのではなく、生きているものはいずれ死ぬ
ことをダイレクトに教えている。それが無残であり、悲しくもありととてもに正直に
見えた。
 コレもこの映画のいいところだ。

■康一のガールフレンド紗代子の靴を捨てるシーン。
 紗代子と靴はセットで出てくるシーンが多い。この組み合わせ実は面白い。
最初康一がクゥを見つけるシーンでは康一の脱げた靴が紗代子に当たっている。
彼女は実はいじめられっこで履こうとしていた靴をクラスメイトにけられたりして
意地悪をされているような子なのだ。
 そしてクゥが去る日、康一は紗代子の家にやってきてクゥと彼女をあわせるのだが、
このとき彼女の転校は決まっており、新しい父親の靴が玄関にあるのがわかる。
紗代子はクゥと出会い自分で歩き始める。その一歩として玄関の新しい父親の靴を
マンションから外に捨てるのである。この彼女の変化を描いているのは見事だ。
何気ないしぐさとして映画の中に溶け込んでいるが、そこまで描きこんでいるのである。


■神様へのお願いと感謝。
 新天地へ着いたクゥの願いは自分が生きていくためだけの魚をとること。
それを神様にお願いする。
 我々は確かにどこにでも神様がいて、我々は願い事をしていた。
 人間も自分が生きていく最小限の生活が出来るだけの資源を使わせてもらう
だけでいいのではないかと思った。
いろいろと環境問題の解決策が出てくるが、コレが一番判りやすい。しかし
人間は戻れないところまで来ているのか・・・・・・。


 この映画を見ていて非常に難しいことに挑戦して、それが見事に勝利をおさめている
と感じた。
 少年と河童のある夏休みの思い出として描けば、「E.T.」のようなファンタジーに
容易になりえた。
 しかしその方向には決して行かなかった。
 河童のことがばれて友達から仲間はずれにされる康一、しかしその解決にクゥは何も
しない。仲間はずれになっていることに解決が無い。残酷なように見えても現実は
そうではないかと思う。それ以上に自分で行動してクゥを新天地へ送り出してやろうと
家族で協力する姿が描かれる。
 そして別れが来ても康一が大人になったような描かれ方はしない。
 そこがまたいい。そんなことぐらいで大人になってたまるか。

 主人公はやっぱりクゥなのだ。だからクゥの仲間を探しに行く決意で締めくくられる。

 マスコミ批判やその場限りの野次馬たちへの批判も込めており、そこもまた
映画として迷走せずにちゃんと着地させていることも素晴らしく思った。

|

« 01-18-08 D-WAR | Main | ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50812/16207540

Listed below are links to weblogs that reference 河童のクゥと夏休み:

» 神羅万象チョコ [神羅万象チョコ]
神羅万象チョコについて調べました。神羅万象チョコのことはおまかせください。 [Read More]

Tracked on August 23, 2007 at 02:42 PM

« 01-18-08 D-WAR | Main | ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 »