« 夕凪の街 桜の国 | Main | スキヤキウエスタン ジャンゴ 追加 »

September 26, 2007

スキヤキウエスタン ジャンゴ

ちょっと真剣に遊びすぎでそれが重くなってしまったかな。

すべてをサムライに置き換えて成立する話を無理から
西部劇にしているのがなんともお茶目なのだが、
そこが裏目に出た。展開とかわかりきっているのだから、
適当にキャラ紹介を混ぜてストーリーをすすめればいいのに
丁寧にキャラを説明していくのがだれる。

多分後半の大激流のような展開とのメリハリだとは思うが
そこまでがつらいし、もっと突っ込みどころ満載で
チープに見せたらいいのにゴージャスにするから・・・・・。

大体内容からして全国公開するような映画ではない。

それこそグラインドハウスの1本として観られるようなものに
してほしかった。笑い飛ばしながらスキットした作品にしてもらうほうが
よかったと思う。

とにかくかっこよさのオンパレードで特に桃井かおりの弁天のお姉さんは
かっこよかった。素晴らしい。今年の演技賞もの。本人はこんな演技で
ほしくないかも知れないが。

タランティーと香取慎吾の競演はサプライズだけど、
タランティーの出演シーンで面白かったシーンが多く、
乗っている車椅子に「ラバーダック」(「デス・プルーフ」のアヒルの飾り)が
付いていたのには笑った。
息子の名前が「アキラ」で黒澤と誰もが思うところで「アニメオタクだ」と
いう、そっちの「アキラ」かいと画面に突っ込んでしまった。

西部劇といえば岩、砂、乾燥した大地というイメージがあるが、
スキヤキウエスタンは雨、泥、雪とじめじめした中で銃撃戦が繰り広げられ
コレがひとつの見所になっている。それはそれで面白いのだが・・・・。

んなぁあほな!と連続で突っ込みどころ満載の映画になっていることに
期待したのですがそうではなく、ラストのアクションが妙にカッコイイ、
でもそれだけでもいいかと思う映画でした。

|

« 夕凪の街 桜の国 | Main | スキヤキウエスタン ジャンゴ 追加 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50812/16574995

Listed below are links to weblogs that reference スキヤキウエスタン ジャンゴ:

» SUKIYAKI WESTERN ジャンゴ! [銅版画制作の日々]
 2007年 これがスキヤキ・ウェスタン 9月21日、MOVX京都にて鑑賞。あのタランティーノが崇拝している監督三池崇史が、ちょっと異色な作品を作った。それが「SUKIYAKI WESTERN ジャンゴ」。何と、ハリウッド映画のルーツであるウェスタンと日本映画の源流である時代劇をミックスそしてオール全編英語というのも面白い。そしてタランティーノも俳優として、登場してるわぉ〜〜!凄い・・・。 もちろんキャスト陣も凄い伊藤英明、佐藤浩市、安藤正信、伊勢谷友介、小栗旬、堺雅人に、木村佳... [Read More]

Tracked on October 13, 2007 at 12:04 AM

» スキヤキウエスタンジャンゴ 香取慎吾 [香取慎吾情報ブログ]
「スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ」でエンドロールで香取慎吾と西田敏行の名前を...「スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ」でエンドロールで香取慎吾と西田敏行の名前を見ましたが、どこに出ていたか全くわかりませんでした。上映時間に少し遅れていったので、見逃した最初の5...... [Read More]

Tracked on October 15, 2007 at 05:46 PM

« 夕凪の街 桜の国 | Main | スキヤキウエスタン ジャンゴ 追加 »