« トランスフォーマー | Main | あるスキャンダルの覚書 »

September 05, 2007

キサラギ

最初は乗れない感じがしたのだが、中盤から結構これいけるかもと思い、
まあ無難に着陸したと思っておもしろく見た。

あるアイドルの追悼のOFF会に集まったファンの男たちの
密室劇で結構笑わせてくれる。
そしてその会話が死の真相を突き止めることになる。

よくないのは役者のキャラがかぶっていること。
出ているひとりひとりはいい役者だが、この組み合わせはよくない。
誰もが1本立ち出来そうで実のところ脇を固める人たちで、そのバランスが
妙に感じた。
小出恵介と小栗旬はキャラかぶってるし、ユースケサンタ・マリアと
香川照之というのもなあ、ランクは違うが微妙にいい感じの味が出ていない
気がする。

パーツを組み合わせて一つの真実になっていく仮定は本当におもしろく
複線の張り方もうまい。

だけどなんかもう一ひねりがたいないんだよね。

|

« トランスフォーマー | Main | あるスキャンダルの覚書 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference キサラギ:

« トランスフォーマー | Main | あるスキャンダルの覚書 »