« キサラギ | Main | パパと娘の7日間 »

September 06, 2007

あるスキャンダルの覚書

イギリス版「家政婦は見た!」だねこれは。まあ家政婦じゃないから
高校教師が見た!で何をみたかというと「高校教師」みたいな話で・・・。

ハイスクールの女美術教師が教え子と深い関係になる。女教師には家庭もある。
その悩みを打ち明けたのが先輩の女教師。それから彼女たちの関係が
奇妙な関係になっていく。

はっきり言ってそのスキャンダルをネタにこの先輩教師は揺るというか迫るのだが、
それがどうも異常でまるでストーカーみたい。それが少々怖くなってくるのだ。
こんなばあさんにつきまとわれたらちょっとイヤよねの世界から
かなり異常に感じてしまう。

まあそれだけなんだけど、結構おもしろく見れた。ほとんど情報を入れずに
見ると楽しめる。

次のターゲット見つけたところで終わるのだが、ホントどっか病気なんだろう
と思ってしまう。
 
演じるのが我らが007の「M」のジュディ・デンチ。やっぱちょっと怖いよね。

|

« キサラギ | Main | パパと娘の7日間 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50812/16351994

Listed below are links to weblogs that reference あるスキャンダルの覚書:

« キサラギ | Main | パパと娘の7日間 »