« October 2007 | Main | December 2007 »

November 2007

November 30, 2007

ボーン・アルテイメイタム

面白かった。素直にそう思った。
前作のロシア、モスクワのシーンから始まりかなりテンションの高いスタートとなる。
そして空白の穴埋めをするかのように話しが進み始める。
最初の見せ場はロンドンのウォータールーステイション。
情報をもっている記者と落ち合うのだが、CIAが追ってきてそこから
逃げるシーン、手に汗握ってしまいます。

 かなり長いシーンを手持ちのカメラで撮影、ステディカムを使用しないので
ドキュメンタリータッチの絵の連続、カットが続く。この緊迫感は凄い。
コレを続けて落ち着いた絵につなぎ緊張と緩和のリズムがある程度感じられるのが
いい感じだ。

新しい情報をつかんでモロッコへ。
ここでも街中の大追跡が始まる。今回のボーンは攻めだから逃げるだけではない
ところがまたいい。細かい演出も面白く、洗濯物を奪って手に巻いてガラスの壁をを
越えるあたりの演出はいいです。説明的なカットは少ないから少々戸惑うことも
あるがよく見ていればわかるといった例だ。

そしてニューヨークへ来るボーン。実はコレが前作のラストなのだ。ココが微妙に重なる。
全く同じ台詞で、前作のボーンの姿をみて彼の行くべき方向を
気になったのが「つづく」だと思っていたが、
コレだけの長いのりしろになっているとは思わなかった。

彼の行き先は記憶を失うきっかけとなった研究所だ。
そうあの前作の顔の意味は今まさにかれは過去を取り戻そうとしている
そこへ向かっている顔だったのだ。

最後は海へ戻るが、つまり1作目の最初に戻る、イメージするカットで終わって
いるのが意味深。

さて後2作契約したとされるボーンシリーズ。ここで終わらしておくべきだと思うが。

 このシリーズ、ヨーロッパの風景の中で撮影されるのがいいのだが、
ココから生まれてくる雰囲気を言葉で表せないなと思っていたら、2作目のメイキングで
監督がヨーロッパにいるアメリが人というのが孤独感を生み出しているとのことで、
なるほどそうだったのかとすっきりした。
とくに名所めぐり的なロケではなく、片田舎などを狙っているのがいい感じです。

今回のつくりは2作目と3作目を大きく重ねて、いわば2.5作目的な作りなっているので
これから見る人は是非2作目を見た後ですぐに3作目を見ることをオススメする。

出来ればこの2作品をあわせて3時間程度に編集しても面白いかも。

2作目の最後のシーンが、3作目で意味が変わってくる演出は映画ならではの
モンタージュ効果というのがよくでている。
ある宿命を背負った一人の人間の逃亡と思わせるシーンが
3作目では同じシーンでも対決に向かうひとりの人間のシーンに変わっているのだ。

ハリウッドのうんざりするような大作とは一線を引いた演出がこの映画にはある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 28, 2007

仮面ライダー THE NEXT

ハードな仮面ライダーを誰が見たいといったか知りませんが
大人に向けた内容になっている仮面ライダーの第2弾です。

公開規模が小さくて本当に限られた映画館しか上映されない
という不親切な不幸な状況で、前作は見逃していたのですが
今回はなんとか見ることが出来ました。

12歳未満は見れない、仮面ライダードレイク(仮面ライダーカブトに出演)が
仮面ライダーV3を演じるというところがそそるのです。

でもねえ、コレじゃね、って出来でした。

なんかね、「リング」の貞子がショッカーに改造された
怪人になって人を襲っているって感じの話で、
ホラー演出や、乳首が出てくるところがお子様には見せることが出来ない
規制対象になったのでしょうが、お話がちっともおもしろくない。

本郷剛もいけてない高校教師役なんて、
一文字隼人もイケメンのホスト?なんてなんかね、
どんなキャラに変えてもいいけどそれがおもしろくない。

みんな改造人間だけど仮面をかぶるのがユニークだけど
それって必要?って感じがして。

それなりにかっこいいけどそれだけの映画でした。

この先アマゾン、X、ストロンガー、ライダーマンとか
ならないだろうな。
でも結構アマゾンなんか単独でリメイクなんてありかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 22, 2007

日曜洋画劇場40周年記念淀川長治の名画解説


現在も放送中の日曜洋画劇場ですが、もう40年の歴史のある番組なんですね。
ここで映画の解説をされていたのが淀川長治氏。映画ファンにとっては偉大な
先輩であり師匠となる人です。98年に亡くなって早9年。もう若い映画ファン
にとっては伝説、もしくはその人誰?ってことになるのではないでしょうか。
私にとっては映画を好きになった時に目の前にいて、淀川さんから大変多くの
教えを受けてききました。そして日曜洋画劇場には大変お世話になりました。
その日曜洋画劇場の淀川さんの映画解説部分だけを抜き出してまとめたのが
このDVDです。選ばれた映画は本当に名画といえるものばかりで、今の時代に
はない魅力的な作品です。その映画について淀川さんの解説を聞くと思わず
見たくなってしまいます。そしてその鋭い目は本当にいろんなことに気づかせて
くるので勉強にもなります。映画ファンなら一度は御覧なさいね。

以下が、解説が収録された作品です。私なりの補足、コメント、思い出みたいなもの
をつけてみました。このDVDを見るときの参考になればと思います。

  ○荒野の用心棒:コレを最初に持ってきたのには意味があります。
  ○史上最大の作戦;神の視線が語られます。もう一度見たくなる。
  ○燃えよドラゴン:ブルース・リーの肉体美について語られます。
  ○ローマの休日:オードリーの裏話が聞けます。
  ○旅情
  ○ダーティハリー
  ○サイコ:ヒッチコックが死んだときの追悼放送です。このとき初めて「サイコ」を
  みました。ほんと怖かったです。
  ○激突
  ○ミクロの決死圏
  ○ハリーとトント
  ○オリエント急行殺人事件
  ○暗くなるまで待って
  ○戦争と平和
  ○アラビアのロレンス
  ○王子と踊り子
  ○サタディ・ナイト・フィーバー
  ○ベン・ハー:劇場で見るよりTVで見たほうが先でした。戦車競争シーンがすごい
  と思ったのはもっと後にOS劇場で見たときです。
  ○2001年宇宙の旅:これはTV初放送でした。キューブリックの編集ありと
  されていますが、多分冒頭の真っ暗な画面のシーンだけでしょう。私にとっての
  初体験はこの放送のときです。81年10月25日
  ○シェーン
  ○エデンの東
  ○俺たちに明日はない
  ○ファール・プレイ:結構評価が高いこの作品。何度か放送されていました。面白いとは思いますが、それだっ  たら「ミスター・アーサー」のほうが好き。
  ○がんばれ!ベアーズ
  ゲッタウェイ:私はゴールデン洋画劇場で見たのが最初です。
  ある愛の詩:山口百恵、三浦友和のアテレコが話題になりました。それを先に
  やったのは日テレ「水曜ロードショウ」。日曜洋画劇場ではどうだったんでしょう。
  ○アメリカン・グラフィティ:青春映画でこの方式をとった映画は本当多い。
  すべての青春映画はすべてこの映画の洗礼をうけているといっても過言では
  ないと思いますがいかがですか。
  ○天国から来たチャンピオン
  ○スーパーマン
  ○ゴッドファーザーPART II
  ○ジョーズ:淀川さんがアメリカで試写で見たときのことが語れます。
  ○戦場のメリークリスマス:いまから思えばビートたけしのターニングポイントに
なった作品ですね。
  ○普通の人々
  ○タワーリング・インフェルノ:私にとってもっとも重要な映画です。
  ○アマデウス
  ○めまい
  ○キングコング
  ○プロジェクトA
  ○ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ
  ○ゴースト・バスターズ
  ○007/ネバーセイ・ネバーアゲイン
  ○スターウォーズ ジェダイの復讐
  ○刑事ジョンブック 目撃者
  ○ダイ・ハード
  ○ターミネーター
  ○スティング
  ○バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2
  ○羊たちの沈黙
  ○逃亡者
  ○シザーハンズ
  ○レイダース失われたアーク
  ○大いなる西部
  ○ラストマン・スタンディング:そして最後に立つ男の物語ですが「荒野の用心棒」
 と同じく黒澤明の「用心棒」が原作となっています。コレが本当に淀川さんの最後の
 仕事になってしまったのは非常に意味深いものを感じます。淀川さんが亡くなった
 2ヶ月前に黒澤明監督もなくなっているのです。
 これはどういうことなのでしょうか。
 最後の放送は死後に放映されたので、個人的ビデオで残していたのですが、今回
 このDVDであらためてみてその変わりように愕然とします。他の健康的ないろんな
時代の顔を見た後では非常に痛々しく思えて淀川さんらしくないのです。
 いつもにこにこして周りに笑顔をあたえていた淀川さん。最後の放送でも同じでしたが、
それが本当につらそうで、ごめんなさいという気持ちが伝わってきます。

 日曜洋画劇場にはよくB級作品、テレビムービー作品も放送されていました。
 淀川さんにとっては解説が難しいのではと思えるのですが、うまくその作品の周辺を
 語れていました。このあたりもまとめてもいいかも知れません。
 なんともいえない無茶なタイトルの映画の解説までしていましたから。
 例えば「恐怖の超高層ビル真夜中の連続殺人」
「20年目の疑惑女子大生寮に秘められた6人の過去」
「パニック航海‘83豪華客船を襲う連続怪死事件!!」
「シャークジョーズ人食い鮫の逆襲」などなど。
その巧みなところをもう一度聞いてみたいです。
 
 淀川さんは東京12チャンネル(今のテレビ東京)で「淀川長治映画の部屋」という
 15分の映画紹介番組をずっとやっていました。おもに新作映画の解説、紹介でした
 がこれもDVD化してくれないかな。

 ところで今回のラインナップにチャップリン作品が含まれていませんでした。
 「黄金狂時代」は確か日曜洋画劇場で見たはず。残っていなかったのかな。
 「駅馬車」と合わせてその解説をもう一度聞いてみたかったな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01-18-08  続報! Cloverfield クローバーフィールド

やっと予告編が更新されました。

コレは凄いことになっています。
まずはこちらをどうぞ。

http://www.cloverfieldmovie.com/

ね、凄い映画でしょ。

何も判りません。

どうもセントラルパークで回収されたビデオカメラの映像という
設定になっているみたいです。

タイトルは
「Cloverfield」
まず怪獣映画には間違いないです。
ゴジラのような声が聞こえるのですが姿は見えない。
一見ホラーのような演出もありホント期待してしまいます。

アメリカ公開は来年1月18日。
2ヶ月きってこのようなほとんど情報がない状態。

日本はいつ?

早くみたい!!!!!!!!!!!!!


(リンク先が変わっていたので張りなおしました)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 15, 2007

バイオハザードIII

三部作構想がどこまであったかどうだか知りませんが、
 コレで終わりらしいのですが・・・・・・・終わっとらんじゃないか!

 すいません、いきなりネタバレで。

 世界中にゾンビが群れて数年、アリスは一人で旅を続けていた。
 世界を救うにはアリスの血が必要とクローンを作り続けるアンブレラ社は
 やはりオリジナルが必要とアリスを見つけだす。
 荒廃し、砂漠化したアメリカでゾンビとアンブレラ社と人間の死闘が繰り広げられる。

 フジテレビで前作の放送があり、そのときに新作の冒頭7分が放映された。
 そこではアリスのクローンが死に、世界にゾンビがあふれた描写までの映画としての
 プロローグが描かれていた。
 その効果があったのか、初登場1位の興行となった。
同日スタートの「ALWAYS 続・三丁目の夕日」を抜いたとは凄いです。

この冒頭の7分を映画館で見るとやはり凄いです。音と画面の迫力が違います。
怖さも違ってやっぱり映画は大きな画面がええなぁと思います。

アクションもほどほどに面白く、3頭のゾンビドッグ、カラスとの戦いもよかった。

でも最後はやっぱり仮面ライダーに出てきそうな怪人との闘いになって
なんかこれでええんかいというかんじ。

新天地もとめてアラスカへ行った連中はどうなった?

綾波レイのようなクローン・アリスがいっぱい出てくるシーンで終わって・・・・・・・・。

次やっぱりあるのかね。

でもアリスことミラ・ジョヴォヴィッチはまるまるとふとっちゃって
とてもアリスとは思えなかったのですが。

ゲームはあまりにひどい内容でその映画化としてちゃんとホラーしていたのは
1作目だけで2作目以降はスーツアクションの化け物映画に成り下がって、
3作目はパクリアクション映画となってましたね。まあ楽しめるシリーズはあるのですが。


| | Comments (0) | TrackBack (2)

November 14, 2007

自虐の詩

無理なのは最初からわかっていました。
 それでもあの4コマ漫画をどのようにまとめるのか、非常に興味があった。
 で、やっぱり、そつなくまとめて終わってました。
 ストーリーを要約してまとめて映画にしても、その作品を映画化する意味は
 ないと思います。
 
 原作、あの4コマ漫画からにじみ出ているあの感動をどう映画を通じて
 表現するかが重要で、それが観客に伝わってこないと。

 どうすればよかったかなんてのはわかりませんし、原作ファンとしては
 4コマ漫画として奇跡の、感動作品なので比べるのはナンセンスなので、
 いちいち映画については書きません。

 原作についてはちょっと書いておきたいと思います。

 BS「マンガ夜話」でしったのが最初で、この放送は異様でした。
 彼らの熱の入れようがいつもと違うのです。

 それで原作を買って読むとそれが判りました。
 4コマ漫画とは思えない本当の感動作品だったのです。
 
 繰り返されるちゃぶ台をひっくり返すシーンはギャグです。
 かわいそうな幸江の不幸な生活が延々と4コマで語れます。
 笑えます、他人の不幸は笑えるのです。
 どうしようもなく不幸で、どちらかといえば不細工な女幸江の
 不幸な毎日、きっとネタがなくなって赤ちゃん時代、小学生、中学生と
 幅を広げて描いていったのでしょう。
 彼女以上に不幸な女、熊本さんは中学生のときの友達で、
 貧乏な境遇をたくましく生き抜いている様子が滑稽で、笑えます。
 
 さてこんな展開が延々と続くのに後半、幸江に子どもが出来たときから
 人生観が描かれ始めます。生きていくこととはどういうことなのか。
 そこで導きだされる答え、
 
「幸や不幸はもういい、どちらにも等しく価値がある。人生は明らかに意味がある」

 ラストの、本当に最後のページに記されているこの言葉が
 非常に重く心へ響いていく。

 コマは熊本さんとの再会のシーンを過去と現在をカットバックで丁寧に
4コマ漫画で描いる。このラストまでの数ページは本当に素晴らしい。
まるで映画を見ているよう。

(実は映画でもほぼ同じだが、この味は出なかった。細部を変えているから
 というのもあるが無理があるのだ)

というわけで、映画をみて満足している人がいたら原作を読んでほしい。

たとえ映画を気に入ったひとでもそれは彼方へ消え去り、原作の感動のとりこに
なるから。絶対です。それほどの力をもった作品です。


一言、映画はどうして場所の設定を変えたのか? 風景の問題とかいうこと
だったが、言葉が原作の味をそこねているのは事実。

 原作の東池袋を映画は大阪通天閣界隈、九州?を気仙沼になんて・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 12, 2007

ブレイブ・ワン

あまり期待してなかったからか、とても面白く感じた。
評価もあまりいい感じではなかったと思うのだが、聞くところによると
チャールズ・ブロンソンの「狼よさらば」のパクリらしい。
私は未見なのでその分楽しめたのかも知れない。

とても幸せな恋人たちの描写で始まりやがて悲劇へ。
面白半分で人を襲う。なんとも許されない行為。
恋人は死にエリカだけがのこされる。傷を癒すが外出が出来ずに
部屋に閉じこもる日々が続く。そして護身用に銃を手に入れる。
強盗事件に巻き込まれ、自分自身を守るために、銃を撃ったことが
彼女の人生を変えていく。

もっと復讐に生きる女を描くのかと思った。
そんな類型な展開ではなく心に傷を負った者のどうしよもない悲劇の連鎖から
どう立ちあがるかの話しになっている。
彼女は処刑人として闇の仕事をおこなうことになるが
罪意識はあり単純ではない。

ラストの決着の付けかたは意外!

そして犬が生きていた事に救いを感じた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 09, 2007

歌姫

面白いと思うのだが・・・・・ダメですか。

TBSの金曜日夜22時のドラマとしては
時代物として挑戦が失敗のようだけど
面白いけどな。

コレは「じャりんこチエ」の青春編見たいな
感じがするのだが・・・・設定は大きく違うが
下町人情喜劇のようなところが素敵だ。

映画館が舞台というのもいい。
昔の映画館はあんな感じ。
吹田映劇なんてほんとそんな感じがした。

映写機もちゃんと2台あってフィルムの通し方を
見せてくるのはうれしい。
あの映写機はなつかしい。
サンポードアップルシアターで映写技師を
していたころを思い出す。

だんだん映写機は小さく簡単に便利なるのだが
あのころはランプハウスが大きく、光量を安定させるのが
難しかった。タングステンをあの中でスパークさせて
いたのだ。

フィルムの切り替えシーンがないのが残念。

また、長期で上映するときはリールにとって映写にかける
のだが、ここでは直接フィルムをかけていた。
あれは中ぬけするからちょっと怖いのだ。扱いに
慣れていないとえらいことになる。フイルムが解けて
しまうのだ。

そんなことを思い出させてくるので私は「歌姫」を
毎週楽しみにしている。



| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 08, 2007

ジョシデカ

なんで泉ピン子が刑事やねん。
見てられへんな。

と思いながらも続けて鑑賞中。
「アンフェア」の雰囲気も局が変われば
ココまで変わるか!

といった展開。

でもまあ最近少ない刑事もんなんで見ています。

主役の3人にお金がかかって脇がへたればかり
なってしまったように見えます。
TBSの限界か!

というわけで犯人はお金のかかった人で
刑事の2人を除けばおのずと判る。

そういう目で見ればなるほど・・・・・・と思えてきます。

さてこの推理当たっているかな? 

とりあえず連続殺人の解決の過程を楽しませてくれ!

| | Comments (0) | TrackBack (2)

働きマン

働くってことの意味の問いかけを
毎回繰り返す内容に好感がもてて
私は好きです、この番組。

登場人物それそれにスポットをあてて
それぞれの立場から働くって何かを
探っている。
男も女もない描き方がいい。
恋愛のそれほど深く描いていない
(今は)
でも切っても切れない関係にあるのは事実で
コレがどう発展していくか楽しみでもあります。

でもあくまで、最後まで今、働いている人たち
特に主力となっている人たちへのエールとなるような
そんな番組として締めくくってほしいな。

画面から視聴者への問いかけも斬新で
それがドラマと茶の間が地続きである妙な効果を
生み出しているのも興味深い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 07, 2007

SP警視庁警備部警護課第四係

土曜日の夜のお楽しみが増えました。
「ライフ」の後番組「SP」。
面白そうなにおいはありましたが、ホント
いいです。面白いです。

10月に「踊る大捜査線」の総まとめをやっていたのは
実はコレで終わり、けじめのためだったのではないでしょうか。
10年でけじめ、とういうか主人公が長く続けないことが
判って別を当たる必要があり、新たに構築した世界が
この「SP」だった。
というように思えました。

それだけに内容はどこかで見たような内容になっていましたが、
警備という仕事と、ちょっとしたSF仕立てが今後どのように
展開していくか見ものです。

今回は都知事の警護話でしたが、全体を通しての黒い影、
首謀者姿を見せない不気味さ、23時台の放送なので
もっと大人の展開があっていいともいます。

「ライフ」あの挑戦的なつくりがここでも炸裂することを
期待しています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 03, 2007

めがね

映画祭気分で見た8本目、最後の作品が「めがね」です。
 前作の「かもめ食堂」がよかったのでちょっと期待したのですが、
 まあこんなもんでしょう。
 癒しの映画といえばそうでしょう。
 黄昏る映画といえばそうでしょう。

 だから、何もないんですよね。

 何もないことが映画になっている。そこが不思議な映画なんです。

  或る島に来た女性がすごす数日間、季節はずれの海辺の町、
  なにも事件らしいことはなく、みんなが黄昏ている。

  感情らしいものが描かれているようで表に出てこない。

  そして繰り返される台詞。

  まあ人生こんな風に過ごすときもあっていいかなとは思いますが
  現実には出来ませんよね。

  食パンのCMで「かもめ食堂」を利用したものが出ていますよね。
  こちらのほうがなにか事件が起きそうで楽しみではあります。
  今放映中のが2作目かな? 最後のカットの奥にもたいまさこさんが
  写っていてそこになにやら次の展開を期待させるものが
  あるのですが・・・・・・・・。

  わざわざフィンランドまで行ってあのCM撮らなくてもセットで充分のような
  気がするのですが、写っている空気が違うのでしょうね。

 「めがね」もそのようなところは確かにありますね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

パーフェク・トストレンジャー

怒る気にもならない映画でした。
 
 ネタバレで行きますのでご注意ください。

 はっきりいって誰が犯人かわかってみていました。で、予想通りでした。
 簡単に想像つきましたよね。
 ついたでしょ。あのコピーから考えるとバレバレじゃん。
やめてよ全く。犯人謎解きの過程が面白いのかといってもそうじゃないので
それが追いうちをかけてつまらなくしています。

「ラスト7分11秒まで真犯人はわからない」

って言われたら構えてみるし、そこから逆説で考えて主人公が犯人っわかって
しまいました。 実際疑わしい奴らはぜんぜん描かれていないから犯人らしくない。
だから消去法でやっぱりねっ! てなってしまいました。

この手のハッタリか増すのは東宝東和のお家芸だったのですがなんと今回は
ブエナビスタ配給というから驚きました。

やっぱり気持ちよく裏切られて騙されてナンボの面白さがほしいです。

私にとってそういう映画は「フレイルティー 妄執」(02)です。
この映画は少々ホラーっぽいところがありますが気持ちよく騙される傑作です。
期待してみていいです。 ほんと面白いですから。
ビル・パクストン監督のミステリーサスペンスで本当によく出来ていました。
こんな映画には早々出会えるものではありません。

「パーフェク・トストレンジャー」は見なくていいけど
「フレイルティー 妄執」こちらはオススメです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2007 | Main | December 2007 »