« パーフェク・トストレンジャー | Main | SP警視庁警備部警護課第四係 »

November 03, 2007

めがね

映画祭気分で見た8本目、最後の作品が「めがね」です。
 前作の「かもめ食堂」がよかったのでちょっと期待したのですが、
 まあこんなもんでしょう。
 癒しの映画といえばそうでしょう。
 黄昏る映画といえばそうでしょう。

 だから、何もないんですよね。

 何もないことが映画になっている。そこが不思議な映画なんです。

  或る島に来た女性がすごす数日間、季節はずれの海辺の町、
  なにも事件らしいことはなく、みんなが黄昏ている。

  感情らしいものが描かれているようで表に出てこない。

  そして繰り返される台詞。

  まあ人生こんな風に過ごすときもあっていいかなとは思いますが
  現実には出来ませんよね。

  食パンのCMで「かもめ食堂」を利用したものが出ていますよね。
  こちらのほうがなにか事件が起きそうで楽しみではあります。
  今放映中のが2作目かな? 最後のカットの奥にもたいまさこさんが
  写っていてそこになにやら次の展開を期待させるものが
  あるのですが・・・・・・・・。

  わざわざフィンランドまで行ってあのCM撮らなくてもセットで充分のような
  気がするのですが、写っている空気が違うのでしょうね。

 「めがね」もそのようなところは確かにありますね。

|

« パーフェク・トストレンジャー | Main | SP警視庁警備部警護課第四係 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference めがね:

« パーフェク・トストレンジャー | Main | SP警視庁警備部警護課第四係 »