« ファラフェル | Main | めがね »

November 03, 2007

パーフェク・トストレンジャー

怒る気にもならない映画でした。
 
 ネタバレで行きますのでご注意ください。

 はっきりいって誰が犯人かわかってみていました。で、予想通りでした。
 簡単に想像つきましたよね。
 ついたでしょ。あのコピーから考えるとバレバレじゃん。
やめてよ全く。犯人謎解きの過程が面白いのかといってもそうじゃないので
それが追いうちをかけてつまらなくしています。

「ラスト7分11秒まで真犯人はわからない」

って言われたら構えてみるし、そこから逆説で考えて主人公が犯人っわかって
しまいました。 実際疑わしい奴らはぜんぜん描かれていないから犯人らしくない。
だから消去法でやっぱりねっ! てなってしまいました。

この手のハッタリか増すのは東宝東和のお家芸だったのですがなんと今回は
ブエナビスタ配給というから驚きました。

やっぱり気持ちよく裏切られて騙されてナンボの面白さがほしいです。

私にとってそういう映画は「フレイルティー 妄執」(02)です。
この映画は少々ホラーっぽいところがありますが気持ちよく騙される傑作です。
期待してみていいです。 ほんと面白いですから。
ビル・パクストン監督のミステリーサスペンスで本当によく出来ていました。
こんな映画には早々出会えるものではありません。

「パーフェク・トストレンジャー」は見なくていいけど
「フレイルティー 妄執」こちらはオススメです。


|

« ファラフェル | Main | めがね »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference パーフェク・トストレンジャー:

« ファラフェル | Main | めがね »