« 正月映画が面白くない | Main | 映画監督になる方法 »

December 19, 2007

ナンバー23

きまぐれでみた「ナンバー23」。
確かに素数である「23」という数字には妙に気になる数字ではありました。
というか素数そのものになんか興味があったのだ。
宝くじや競馬でよく素数が当選、勝ち馬になっていることがある。

自分の誕生日の合計も実は「23」だったのでとても興味深く予告編を
見ていた。

で、本編をみるとこれでもかというぐらいこじつけの嵐で
ええかげんにせいよ画面につっこみたくなる。

2001年9月11日を2+1+9+11としてその合計が23だという。
こんな風に都合のいい計算をして23に結び付けていくのだ。

主人公が読み始めた本は自費出版の本らしく、コレが23にまつわる
不思議な出来事が書かれている。どうも自分の身の回りと奇妙に
符号が一致することに気がついた主人公は狂気の世界へ・・・・。

その主人公がジム・キャリーというのだからこの人こういったスリラーも
出来ることをちゃんと示しておきたいのだろうな。

であのラストはなによって感じで。

とても消化不良のこの感想文。気になったひとはDVDでも見てください。


|

« 正月映画が面白くない | Main | 映画監督になる方法 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ナンバー23:

» エルメス [,ナンバー23]
参考になりました。ブックマークしました! [Read More]

Tracked on December 20, 2007 12:47 AM

« 正月映画が面白くない | Main | 映画監督になる方法 »