« 虹の女神 | Main | ハタチの恋人 »

December 26, 2007

ガリレオ

なんとか最終回まで見せてくれました。

どこかで失速するかと思ったのですが
ひとまず軟着陸というところでしょうか。

科学者とは何かを問うラスト2話連続は
結構見ごたえありましたがあまり好きでは
ない。爆弾が爆発するはずがなく、
その過程をもっと面白く見せてほしかった。
久米の演技がもうひとつなのは興ざめでしたが
マッドサイエンティストというのはもしかしたら
あんな感じかもしれないという雰囲気は
ありましたね。

湯川先生が推理をして思いついたときの
数式?化学式?を書く表現は本当に
意味があったのか疑問で、儀式としてなら
リアリティを欠いていらなかったのではないでしょうか。


月9の限界を感じる映像表現、死体、血、など
ハード場面が思ったより表現されていましたが
映画版では思う存分やってほしいです。

というわけで2008年秋公開
「容疑者Xの献身」に期待です。

|

« 虹の女神 | Main | ハタチの恋人 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ガリレオ:

« 虹の女神 | Main | ハタチの恋人 »