« クローズZERO ロケ地写真 | Main | 正月映画が面白くない »

December 18, 2007

椿三十郎

 この秋、黒澤作品のテレビドラマが2本放送されました。
 「天国と地獄」「生きる」です。

 オリジナル版は凄い作品と思いますが、コレを現代の北海道でなんのひねりもなく
展開しているテレビ版「天国と地獄」は負けを最初から認めている悲しくも
つらい作品でした。 やめとけよこんな企画。

 「生きる」もまた現代に置き換えているのですが、細部をよく覚えていないためか
無理がないように見え、脚本が果敢にオリジナルに挑戦し、自分なりの「生きる」を
作り上げたように見えたのが良かったのですが、ラストに出てきた公園があまりに
ちゃっちい、情けない公園で、いかにもドラマのため適当に作った公園にしか
見えなかったのが残念でした。

 とまあこのように盛り上げて(ぜんぜん盛り上がってませんが)いよいよ公開
されたのが「椿三十郎」です。

 こちらも負け戦がわかっているのでそこは無理をせずにもっとオリジナルから
自由に作ればいいのになんとも気持ち悪いぐらい脚本合わせているようで、
前日にオリジナルを見て行ったのですが同じ台詞が多かった。
 なので主役はヘタな物真似にしか見えず、その他の個性的な連中も悪くはないが
時代劇をやろうとして窮屈なドツボにはまり、はっきりいって眠たく面白くなかった。

 オリジナルは時代劇ではあるが基本コメディなのだ。殺陣シーンはかっこよく
やっているがこのコミカルなシーンとのブレンドがなんともいえない味わいをだして
ラストのスプラッタへいって腰を抜かす、という寸法で、この映画が面白いとなる。

 そこをどこかで見たことのある時代劇風に音楽まで荘厳にしてしまったから
なんか疲れる。
 オリジナル版の音楽は佐藤勝でこれは「ゴジラ対メカゴジラ」風の軽い感じがとても
素敵でいい笑いを誘っている。

 さてラスト、スプラッタシーンの再現をカラーでやるのか!と思ったら違ってました。
コレは表現できないがココだけがこの映画オリジナルの味わいを出していた。
 監督なりの解釈とリメイク版としての見せ場はココしかないということで
こうしたのか。
 面白い終わり方ではあるがオリジナルを越えることはあきらめていることが
伝わりながらも最後の抵抗だけはしてみましたということだろう。

 オリジナルを汚したとは思わないが、スタッフ・キャストともになんかかわいそう。
角川春樹の陰謀に巻き込まれたって感じかな。

 これに懲りずに「隠し砦の三悪人」をリメイクするらしい。監督が樋口慎嗣って
なにそれって感じだよね。まったく。


ところで、日経流通新聞で「椿三十郎」に関するアンケートが出ていたが
99%好評とう記事にはびっくり。オリジナルを知らない人には楽しめるのかな。
ちゃんとオリジナル版を見ろよな。

|

« クローズZERO ロケ地写真 | Main | 正月映画が面白くない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50812/17399878

Listed below are links to weblogs that reference 椿三十郎:

« クローズZERO ロケ地写真 | Main | 正月映画が面白くない »