« 仮面ライダー電王 最終回クライマックスは続くよどこまでも | Main | ペルセポリス »

January 23, 2008

あしたの、喜多善男

草なぎ君のシリーズを草なぎ君を抜きにして
というか小日向さんに置き換えてドラマにした
という感じですがいかがですが。

11日後に死ぬと決めたら急に人生周りが
騒がしくなってきた。

なんと人格まで分裂して結構危ない展開に。

出てくる人物は皆表と裏があるところが
面白く今後に期待できます。
生瀬さんなんか最近の出演作では一番
押さえが利いていい感じのになっているような
気がするのですが。

監督が下山天、脚本飯田譲治

「ナイトヘッド」「バトルヒーター」が
「SHINOBI」に料理されているとは、
今の日本映画には貴重なエンタティメント才能が
このドラマを作っています。

さてどうなることやら。

|

« 仮面ライダー電王 最終回クライマックスは続くよどこまでも | Main | ペルセポリス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference あしたの、喜多善男:

« 仮面ライダー電王 最終回クライマックスは続くよどこまでも | Main | ペルセポリス »